【PS4】「設定を初期値に戻す」の方法とリセットされる項目まとめ

この記事ではPS4で行う「設定を初期値に戻す」の処理についてまとめています。

設定を初期値に戻すとは?

PS4のシステムから変更したデータ(アクセシビリティやネットワーク接続など)が、すべてリセットされるというものです。

このリセットは、「設定を初期値に戻す」を実行したユーザーでのみ行われます。

初期化との違いは?

初期化では、PS4内のすべてのデータが削除され工場出荷時の状態に戻りますが、「設定を初期値に戻す」ではデータが削除されることはありません。

アクセシビリティや音声設定といった、PS4に関わる様々な設定だけをリセットすることができます。

セーブデータは消える?

セーブデータや購入したゲームは削除されません。

またスクリーンショットやビデオクリップも削除されることはありません。

設定を初期値に戻すの手順

注意

「設定を初期値に戻す」を行ったユーザーは、PS4から一度サインアウトさせられます。そのため行う際にはメールアドレスとパスワードを必ず控えておいて下さい。

設定初期化設定を初期値に戻す]と進みます。

リセットされる情報が一覧で表示されます。OKであれば「初期値に戻す」を選択しましょう。
確認画面が表示され、「はい」を選択するとリセットされます。

設定をいろいろと変更してしまってもうゴチャゴチャ!という場合に使うと、すべての変更をリセットしてくれて便利です。

「設定を初期値に戻す」でリセットされるデータまとめ

以下、「設定を初期値に戻す」でリセットされるデータをまとめてみました。

アクセシビリティ

「ズーム機能」や「文字サイズ」、「ボタンの割り当て」などがすべてリセットされます。

アクセシビリティの項目には便利なものも多いので、変更を加えている人も多いかと思います。

特に「ボタン配置」は、PS4のボタンを自由に割り当てられるので変更している方も多いはず。

リセット前にスクリーンショット(SHAREボタン長押し)などで残しておくと、再設定がしやすいです。

PSNのサインイン情報

「設定を初期値に戻す」を行ったアカウントは一度サインアウトさせられるので、再起動後にサインインが求められます。

ネットワーク接続

「インターネット接続設定」をカスタムにしていた場合、すべての変更がリセットされます。

お知らせ

お知らせの通知設定もすべてリセットされます。

ポップアップ表示では、様々な通知のポップアップ表示の設定が変更できます。

リセット後はすべての通知がポップアップ表示されるようになるので、必要であれば再度変更しておきましょう。

ログイン設定

「自動ログイン」「パスコード」などの設定がリセットされます。

自動ログインにチェックを入れておくと、PS4を起動した時にログインするアカウントに指定できます。

複数のアカウントでチェックを入れた場合は、一番最後にチェックを入れたアカウントが選ばれます。

リセット後いつもと違うアカウントでログインするようになった場合は、こちらを変更しましょう。

ペアレンタルコントロール

変更した設定が初期値に戻ります。

設定したペアレンタルコントロールが解除されるわけではありません。

サウンドとスクリーン

「解像度」「RGBレンジ」などの映像出力設定、音声出力設定がリセットされます。

アプリケーションセーブデータ管理

「自動アップロード設定」がリセットされます。

「自動アップロード設定」の設定方法やアップロードされるまでの時間については、こちらで解説しています。

PS4のデータバックアップをとる方法

テーマ

テーマの設定が初期値にリセットされます。

購入・ダウンロードしたテーマが削除されるわけではありません。

PSApp接続設定

これらPlayStationアプリとの接続がリセットされます。

それぞれ再び起動した際に、サインインやデバイスとPS4の接続が求められるようになります。

リモートプレイ接続設定

登録していた機器がリセットされます。

PS4リモートプレイAppを使ってPCやスマホ・タブレットでリモートプレイを行う際、もう一度機器の登録が行われます。

リモートプレイで遊ぶ方法についてはこちら。

【PS4】リモートプレイの遊び方とメリットを解説

ビデオ再生設定

ビデオ再生時のメニューの言語や、出力設定がリセットされます。

周辺機器設定

接続しているコントローラーやヘッドセット、マウスなどの設定がリセットされます。

だいたい「オーディオ機器」「コントローラー」「マウス」の3つに影響してくるのではないかと思います。

コントローラーの振動のオン/オフ、ヘッドセットの音量、マウスのポインターの速さなどがリセットされてしまうので、必要な場合はスクリーンショットなどに控えておきましょう。

日付と時刻

日付やタイムゾーンなどがリセットされます。

再起動後に新しく設定し直すよう求められますが、すべて自動で最新の情報を表示してくれるので、とくに覚えておく必要もないかと思います。

言語

言語の情報がリセットされます。

こちらも再起動後に新しく設定し直すよう求められます。ここも特に覚えておく必要もないかと思います。

省電力設定

スタンバイモードの設定や、PS4を自動で切るまでの時間設定がリセットされます。

スタンバイモードの設定は、リモートプレイやWEB版のPSstoreからのリモートダウンロードにも関係してくるので、再起動後にもう一度設定しておくのが良いでしょう。

オススメの設定については、こちらで解説しています。

【PS4】リモートプレイの遊び方とメリットを解説 【PS4】ダウンロード版ソフトを購入するメリット・デメリットまとめ

システム

「自動ダウンロード」とチェックを付けられる項目がリセットされます。

「自動ダウンロード」は、システムソフトウェアやアプリケーションのアップデートファイルを、自動でダウンロードしてくれるように設定できる機能です。

リセット後は「再起動を許可する」以外の項目にチェックが入っている状態になります。

シェア機能

「スクリーンショット」「ブロードキャスト設定」「シェアする音声の設定」などがリセットされます。

「ブロードキャスト設定」はYoutubeなどで行う動画配信の際の設定になります。

パーティー機能

PS4のホーム画面から作成できるパーティーの設定がリセットされます。

パーティー設定は、新規作成もしくは誰かのパーティーに参加後、右側メニューに「パーティー設定」から変更できます。

「あなたの声がシェアされることを許可する」は、許可しないにしておくと良いと思います。こうすることで、フレンドがSNSやYoutubeにゲーム画面をシェアする際、自分の声が載らないように設定できます。

ディスク再生

DVDやBlu-rayを再生する際の設定がリセットされます。

ディスク再生では、コンテンツによって異なりますが、映像のノイズや音声、クローズドキャプションなどを設定することができます。

インターネットブラウザー

PS4のインターネットブラウザを利用する際の設定がリセットされます。

ライブラリーのアプリケーションからインターネットブラウザを起動して、「OPTION」ボタンを押すと「設定」が表示されます。

クイックメニュー

PSボタンを長押しして表示する「クイックメニュー」がリセットされます。

リセット後はクイックメニューの一番下の「カスタマイズ」から表示する機能を変更できます。

まとめ

設定を初期値に戻すでは、ゲーム自体やセーブデータなどは削除されません。リセットされるのは、PS4に対して変更した設定が主になります。

そのため設定がよくわからないことになってしまった場合や、映像や音声に変更が入ってしまっている場合は、こちらを利用してみるのが良いでしょう。