ローレル

名作ソフト
40

ゲーム好きのライター3名が集まり、それぞれが思うPS4の名作を選出!

RPG、アクション、オープンワールド、FPS、ホラーなど幅広いジャンルの中から、本当にやってよかった40作品をご紹介していきます。

このゲームについて

メタルギアシリーズの生みの親・小島秀夫監督が、企画から監督までを務めた完全新規タイトル。「デス・ストランディング」という現象によって崩壊した世界で、プレイヤーは人々が暮らすコミュニティ間の荷物の運び手となって”配達”を行うことになります。重さの概念がある荷物や足場の悪い地形などが登場し、プレイヤーの移動はかなり困難を伴うものに。バランスを崩した主人公を支えたり、川で流されてしまった場合はうまく回収したりしながら、荷物を無事に届ける必要があります。

この作品独自の「ストランド(繋がり)・システム」によって、他のプレイヤーが建造してくれた梯子やロープを共有することができます。足場の悪い地形や川なども、世界中の誰かと協力しながら歩きやすいものに改善していけるのです。

マーベルズ スパイダーマン
© 2018 MARVEL

このゲームについて

映画「スパイダーマン」の世界を再現したオープンワールドアクション。原作でおなじみのアクションももちろん登場します。ウェブ・スイングで街中を高速移動したり、ポイント・ジップで離れた所へ飛び付いたり。スパイダーマンならではの多彩なアクションが爽快感たっぷりで楽しめます。また戦闘では、ウェブ・シューターで敵の動きを封じられる他、スパイダー・センスで背後からの攻撃を察知して回避することも可能です。

映画『スパイダーマン』は全シリーズ見ているくらい好きな作品ですが、ゲームでもその魅力が見事に再現されていました。スパイダーマンの動きは素早いので、アクションにも全くストレスがないのが良いところ。スピーディーに駆け回れるオープンワールドゲームって、こんなにも快適で楽しいのですね。

このゲームについて

アンチャーテッドなどを手がけるノーティードッグが開発した名作「The Last of Us」のHDリマスター版です。謎の寄生菌により荒廃した世界を舞台に、主人公・ジョエルと少女エリーの危険と隣り合わせの旅路を描くサバイバルアクションゲーム。寄生菌の感染者(インフェクテッド)や略奪者達との危険な戦闘を切り抜けながら、プレイヤーは物資の乏しい世界を探索していくことになります。

アンチャーテッド同様、まさに「プレイする映画」。荒廃した世界での人間ドラマを、まざまざと見せつけられます。ゲームを起動して最初のエピソードですぐに引き込まれ、そこから夢中でクリアまで進めました。心からやって良かったと思えた作品。

このゲームについて

過激な暴力表現で人気を博すアクションゲーム「ゴッド・オブ・ウォーシリーズ」のPS4タイトル。今作からはストーリーと舞台を一新した新しい物語となっています。北欧の地で平和な日々を送っていたクレイトスは、突然謎の男からの襲撃を受けます。自らの過去と向き合うため、そして息子に生き抜くための強さを教えるため、クレイトスとその息子・アトレウスは北欧神話の神々との戦いに挑んでいくことになります。

今作でも神話に出てきそうなかっこいい建造物が盛り沢山で、スクリーンショットを撮りまくってしまいました。神殿とか幻想的な洞窟とか、ゴッドオブウォーでしか見られない美しいダンジョンがあるのもこのシリーズの魅力なのですよね。

Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー
  • Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー
  • PSStoreAmazon
© 2020 Electronic Arts Inc.

このゲームについて

映画「スターウォーズ」の世界をテーマにした3人称視点のアクションアドベンチャー。古代の森や荒れ果てた大地など、広大で美しいMAPを探索していきましょう。ライトセイバーやフォースといったシリーズおなじみの設定も登場。ライトセイバーを使っての近接戦闘はもちろん、トルーパーの光線を跳ね返したりライトセイバーを投擲することも可能です。

シネマティックなアクションに壮大なストーリーとスターウォーズの魅力が満載。通常の敵は手強く戦闘も難易度高めですが、ジェダイとして成長する楽しさを体感でき、映画の主人公になれている気分が味わえるのですよね。とは言え、難しい場合は下げて進めることもできます。フォトモードも楽しい。

このゲームについて

プレイする映画でおなじみ「アンチャーテッド」のシリーズ完結編です。海賊王が隠したお宝を求め、おなじみのネイトとサリーにネイトの兄サムも加えて、ド派手な冒険が繰り広げられます。映画さながらのアクションシーンは興奮度MAX。爆発を命からがら逃げ延びたり、手に汗握るカーアクションにロープアクションなど、美しいグラフィックとも相まって映画を見ている感覚で楽しめます。

今作は本当に映画をプレイしている感覚でした。実写と思えるほどのビジュアルに派手なアクションシーン、トレジャーハンター映画によくある王道ストーリー。アクション映画が好きな方には間違いなくオススメです。好きなシリーズだっただけに、完結してしまったのは寂しい。

このゲームについて

カプコンが送る大人気ハンティングアクションゲームのPS4タイトル。美しいグラフィックで描かれ、シームレスに繋がる新大陸が探索できます。迫力のある巨大なモンスター達とのバトルは本作の醍醐味。大剣や斧、弓などバリエーション豊かな武器を使用しながらオンラインで他プレイヤーと狩りを楽しみましょう。メインストーリーの「任務」や調査やクエストなど、ソロでもプレイが可能です。

モンハンの醍醐味はやはりオンラインマルチですよね。友達とワイワイしながら強力なモンスターを狩る楽しさは、この作品でしか味わえないものがあります。コミュ力が高い人なら、知らないユーザーと一緒に遊ぶのも楽しいでしょう。ただし、素材集めに時間が溶けること間違いなしなので、ハマりすぎにご注意を。

このゲームについて

戦士・リヴィアのゲラルトの活躍を描いたアクションRPG。美しいグラフィックで描かれたファンタジー世界を舞台に、プレイヤーの選択によって変化する壮大なストーリーを体験できます。本作はシリーズ初の日本語ローカライズに対応し、日本語吹き替え版が収録されています。戦闘では剣や魔法、弓や罠に爆弾など、多彩な戦い方が可能。レベルやスキルといったRPG要素も充実しており、長く遊べるタイトルとなっています。

サイドクエストも豊富なのが、この作品ウィッチャーの魅力。クリア後も数百時間は遊べる大ボリュームになっています。結末もプレイヤーの選択によって変わってくるものが多く(時には残酷な決断を迫られることも…)、ゆえに「このクエストやりたいな」と主体的に取り組めるのですよね。

このゲームについて

完成までに6年を費やしたオープンワールド型のアクションRPG。巨大な機械達に支配された地球を舞台に、女性ハンター・アーロイとなって広大なフィールドを探索しましょう。弓やトラップを使って機械を狩ることもできるほか、クエストを受けたり遺産を探したり、ストーリー以外の寄り道要素も充実。レベルやスキルといった成長要素もあるので、メインストーリーを進めなくても楽しめるよう仕上がっています。

自然豊かな風景であったり荒廃した建物であったり、見ているだけでうっとりしてしまうほど、グラフィックは美しいです。また戦闘も非常にやりごたえがありました。弓を使った狩りですがやってみるとなかなか爽快なのですよね。弱点部位を破壊する瞬間はものすごく気持ちいいのです。

このゲームについて

空中都市「ヘキサヴィル」を舞台に、そこで暮らす少女・キトゥンとなって重力を操りながら、街を脅かす怪物・ネヴィと戦うことになります。本作では移動アクションと重力操作を併用しながらフィールドを移動していきます。重力操作モードに切り替えたあと、指定した方向に対して重力をかけることでキトゥンを飛ばすことが可能。重力操作を利用して加速度をつけた攻撃を行ったり、浮遊で回避したり、自由に動き回ることができます。

初めてプレイした時は、システムが新鮮でのめり込んでしまいました。キャラクターをスティックで移動させるのではなく、風で飛ばすように操っていくのが気持ちいいのです。普段トロフィーを取らない自分も、このゲームは自然とトロコンしていました。フレンチコミックのような演出やタッチもいいのですよね。

このゲームについて

13世紀後半、日本を侵攻しようと襲来した元軍(モンゴル帝国)によって、対馬の軍勢は壊滅状態に追い込まれます。プレイヤーは戦いの唯一の生き残り・境井 仁(さかい じん)となって、対馬を取り戻すために再び戦いへ身を投じていきます。多彩な戦い方を選べるのは本作の醍醐味。向かい合っての斬り合いはもちろん、弓やてつはうといった道具を使用した不意打ちも可能です。

まず第一にグラフィックが美しすぎます。そして第二に、ストーリーが上手いです。戦闘スタイルとストーリーを絡めることで、キャラクターとプレイヤーをシンクロさせるのが非常に上手くいっているのですよね。やっていて自然と感情移入してしまいます。マルチも実装されるのでとっても楽しみ。ちなみに、死にゲーではありませんのでご安心ください。

このゲームについて

モンスターが暮らす地底世界を舞台に、そこへ落ちた人間の子供が地上へ帰るまでを描いた作品。この作品の特徴として、モンスターと戦闘になっても和解してやり過ごすことができ、立ち回りによってエンディングが分岐するようになっています。また独特な戦闘システムが採用されているのも本作のポイント。シューティング要素を取り入れた戦闘システムは、コマンドだけの簡単な物ではない分よりハラハラドキドキした戦闘が楽しめます。

戦闘システムや個性豊かなキャラクター、クセになる音楽に感動的なストーリー、まさにプレイする楽しさが詰まったような作品です。特にエンディングの一つである「Pルート」が素晴らしい…。あんなに感動した最終決戦は初めてかもしれません。多くのプレイヤーを虜にするのも納得。

このゲームについて

スクウェア・エニックスの大人気シリーズ「ドラゴンクエスト」のナンバリングタイトル。イシの村で育った主人公はある日、自分がかつて世界を救った勇者の生まれ変わりであると知らされます。勇者とは、勇者の使命とは、答えを知るため大国デルカダールへ向けて旅立つことに。しかし主人公を待っていたのは、「悪魔の子」として追われる勇者の運命でしたー。

時を絡めた壮大なシナリオが、やはりこの作品の一番のポイントでしょう。ゲーム実況で済ますなんてもったいない!ですよ。勇者ものでターン制、必殺技を使えるゾーンシステムも採用されていたりと、シリーズ初めての方でもドラクエの魅力を存分に体験できる作りになっています。

テイルズオブベルセリア
©2016 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

このゲームについて

バンダイナムコが開発を手掛ける人気シリーズ「テイルズオブシリーズ」のPS4タイトル。アクション性のある戦闘システムもバージョンアップしており、コントローラーの全てのボタンに技が割り当てられるようになっています。また控えの味方と交代できるスイッチシステムも導入され、より爽快感のある戦闘が楽しめるように。敵・味方それぞれで抱く思いがあり、勧善懲悪ではないシリーズならではのシナリオも健在です。

個人的に大好きなテイルズオブシリーズ。今作は戦闘システムにかなり爽快感がありました。スイッチを使ってコンボをうまく繋げられた後に、大迫力の協力秘奥義が決まるとものすごく気持ちがいいのですよね。前作「テイルズオブゼスティリア」をやっていなくても充分楽しむことができます。

このゲームについて

日本ファルコム制作の人気シリーズ「イース」の初のPS4タイトル。絶海の孤島を舞台に、主人公アドル・クリスティンの新たな冒険が始まります。開放感のあるフィールドを駆け回りながら、アクション性のある戦闘が楽しめる本作。スピード感のある攻撃やジャスト回避、ボタン一つでの交代など、より快適に戦闘を楽しめるようになりました。また新要素として、漂流者を集めてグレードアップする拠点・漂流村や、凶暴なモンスター達から村を守るための迎撃戦など、寄り道して楽しめる要素も揃っています。

イース8はプレイするのが本当に楽しくて楽しくて、毎晩早く家に帰り、ご飯を済ませ、夢中で遊んでいました。子供の頃のように、ただ純粋にワクワクできるRPGの面白さが詰まっているのですよね。BGMがまた良いんだな…。個人的に遊んだ中ではベストオブPS4です。

このゲームについて

イース8に続きPS4で発売された同シリーズの9作目。監獄都市を舞台にアドル・クリスティンの新たな冒険が始まります。前作の爽快なアクションに加え、今作からは「異能」と呼ばれるキャラクターごとの特殊能力が用意されています。高速で移動したり滑空したり、ガードを叩き割るチャージ攻撃ができたり。スイッチ機能も利用すれば、戦闘をより有利に進められることができます。隠されたアイテムや仕掛けを透視できるキャラクターもいるので、探索もより快適に行うことができます。

前作の好評でかなりハードルが上がっていたイースシリーズでしたが、難なく超えてくれました。監獄都市の秘密が徐々に明らかになっていく展開は、先が気になって気になって仕方なかったです。発売日に徹夜してしまうほど引き込まれました。

このゲームについて

PSで発売された「FFⅦ」のフルリメイク作品。感動的なストーリーと熱い戦闘BGMが、PS4の美麗なグラフィックと重厚なサウンドで蘇ります。素晴らしいグラフィック技術によって再現されたFFⅦの世界は、本作のファンに限らず歩き回っているだけでもワクワクできることでしょう。本作は分作となっており、このソフトだけではエンディングまで収録されていない点に注意。本ソフトには「ミッドガル脱出まで」が描かれています。

リメイク発表からかなり期待されていたFF7。プレイしてみると、その美しさに感動しました。何よりもキャラクターがものすごく綺麗で、彼らをみているだけでも楽しめるのですよね。きっとPSで当時遊んでいたファンであれば、もっと大きな感動があったんだろうなぁ…。

ペルソナ5
©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

このゲームについて

人気作品「ペルソナシリーズ」のナンバリング5作目。昼は学生として授業を受けたりバイトをしたり、デートをしたり、プレイヤー次第で自由な選択をとることができます。夜は怪盗となって街を暗躍。悪い大人の心の世界から「オタカラ」を盗み出しましょう。心の世界は古城や美術館といった様々なフィールドが用意されており、仕掛けられたギミックやシャドウ達を華麗なアクションで切り抜けていく必要があります。

ペルソナと言えばやはりオシャレ。UI周りや戦闘時の演出はペルソナならではの魅力があります。また今作では怪盗となって世界を駆け回れる点から、よりスタイリッシュになりました。やって楽しい、見て楽しい、周回プレイも戦闘も何度も何度も楽しめる、まさにそんな一作です。

キングダムハーツ3
©SQUARE ENIX

このゲームについて

大人気アクションRPG「キングダムハーツシリーズ」の最新作にして完結編。キーブレードの使い手ソラと、お供のグーフィー、ドナルドは再び数々のディズニーワールドを冒険することになります。今作の登場ワールドにはシリーズ初のピクサー作品も採用されました。登場キャラクターはもちろん今作でも仲間となって一緒にハートレスと戦ってくれます。ワールドによって姿が変わるソラ達の外見も見どころ。

バトルシステムが本作ではパワーアップ。敵に攻撃をあててゲージを溜めると発動できるフィニッシュ技や、キーブレードの変形とそれによるソラのフォームチェンジ、ディズニーやピクサーのキャラクターと連携攻撃ができるリンクなど、爽快感はさらにアップしています。

このゲームについて

アクションRPG・ニーアシリーズのPS4タイトルです。突如襲来した宇宙人と彼らの兵器「機械生命体」により、人類が月へ敗走した遠い未来。地球奪還のために投入されたアンドロイドと、宇宙人や機械生命体との熾烈な戦いが描かれます。本作は全てのMAPがシームレスに繋がっており、細かいロードを挟む事はほとんどありません。戦闘はもちろん、クエストや素材集めなど、神秘的なオープンワールドの世界を快適な操作で駆け回りましょう。

ニーアシリーズと言えばやはり幻想的な音楽が魅力ですね。どのダンジョンの曲も美しく、思わず足を止めて聴き惚れてしまうほど。『壊レタ世界ノ歌』が素晴らしすぎて、クリアしてもずっと聴いていました。

このゲームについて

人気FPS「Call of Duty」シリーズから、第二次世界大戦を舞台にした作品が登場。キャンペーンモードではノルマンディー上陸作戦などの歴史上の戦場で、CODらしいリアルな戦闘を楽しむことができます。戦場での仲間との絆や戦争の過酷さ、そういったがものが緊迫感を持って描かれており、キャンペーンだけでもCODの魅力を体験できるはず。当時使われた銃火器が多数登場するのもこの作品の見どころです。

CODシリーズはBOから遊んでいるのですが、キャンペーンでは間違いなくWW2が一番。仲間との絆を描いた感動的なストーリーとなっており、過酷な戦争のなかで活躍した兵士たちの熱い友情には、胸を打たれるのです。

オンラインも面白いのですが、今は過疎が進んでいるかもしれませんね…。ただ原点回帰の地上戦が楽しめるのと、エイムアシストも弱いので、CODを上手くなるためにNPC相手に練習するにはもってこいの作品だと思います。

このゲームについて

ユービーアイソフト製作の「レインボーシックス」シリーズのPS4タイトル。立てこもりへの突入作戦をテーマにしたシューティングゲームです。NPC相手に突入作戦を行うテロハント、突入・立てこもりに分かれて行う5対5のオンラインマルチ、トレーニングの3つのモードが選択可能。テロハントでは挑戦する度に状況や敵の配置が変化するようになっているほか、協力プレイにも対応しています。

発売からかなり時間が経ちますが、今でも人気なのはさすがですね。一度倒されると復活できないのがこの作品のシステム。1vs1になった時の緊張感や、1vs2の劣勢から逆転した時の爽快感はこの作品の醍醐味です。

このゲームについて

PC向けにリリースされていたバトロワゲーム『PUBG』のPS4移植版。総勢100人のプレイヤーの1人となって、熾烈な戦いを生き抜き「ドン勝」を勝ち取りましょう。ゲームシステムは銃や手榴弾を使って戦うサバイバルゲーム。一人称視点(FPS)と三人称視点(TPS)をボタンで一つで切り替えて遊ぶことができます。バトロワ以外にも、トレーニングモードやポイントで交換できるガチャ要素なども実装されています。

バトロワ人気の火付け役とも言える作品ですね。フリプで来ていたので遊びましたが、ものすごくハマりました。まずこのゲーム、操作が難しいです。射撃と立ち回りに初心者と上級者でかなり差が出るのです。初心者の方は、慣れるまでなかなか苦戦するかもしれません。

友達と一緒に「どうやれば勝てるかな」と試行錯誤したり、連携をとりながら楽しむのもバトロワの醍醐味ですね。この作品は建物が多いので、隠れていたら自然と上位にということも多々あります。操作や立ち回りが難しいがゆえに、勝てた時の喜びもひとしお。個人的に、フレンドとワイワイ楽しむバトロワとしてはものすごくオススメです。

このゲームについて

ユービーアイソフト開発の人気シリーズ「ファークライ」の第5作目。アメリカモンタナ州の田舎町ホープカウンティを舞台に、怪しい信仰で支配するカルト教団「エデンズ・ゲート」から街を取り戻すことが本作のミッションになります。敵の拠点をどのように攻めるかはプレイヤー次第。ステルスで静かに侵入するもよし、派手に銃撃戦を楽しむもよし、街を支配する拠点を攻略しながらカルト教団を壊滅させましょう。

舞台がアメリカの田舎町というところが良いですね。一見平和そうなんだけど、恐ろしいカルト教団がいるというところが、映画みたいでワクワクしました。ドライブや釣りといった娯楽が楽しめるのもグッド。田舎に移住したら、きっとこんな生活ができるのだろうなとまた違う意味で楽しめます。

ゴーストリコン ワイルドランズ
© 2017 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

このゲームについて

南米ボリビアを舞台に、巨大麻薬組織の壊滅にあたった特殊部隊「ゴースト」の活躍を描いたTPS作品。拠点の制圧や重要情報を持つ敵幹部の確保など、与えられたミッションを4人1組のチームで遂行していきます。ドローンを使って敵の配置や巡回経路を確認し、排除・侵入を行えるほか、ミッションによっては銃撃戦での正面突破でいくこともできます。本作は最大4人のオンラインプレイにも対応しています。

やはりフレンドと一緒に遊ぶのが、この作品の醍醐味でしょう。どこから突入するかみんなで戦略を練って仕掛けられるところは、まるで特殊部隊の隊員になったよう。腕に自身のあるメンバーなら、正面突破で排除していくのも楽しいです。

このゲームについて

全世界で300万本超えの大ヒットに加え、数々のゲームアワードも受賞した本作。ストーリーではバタフライ効果をテーマに、オレゴン州の田舎街「アルカディア・ベイ」で暮らす高校生マックスの不思議な5日間が描かれます。プレイヤーは、時間を巻き戻す能力を得てしまったマックスとなり、親友やクラスメイト、そして自分自身の運命を変えるために、さまざまな選択を迫られることになります。

タイムトラベルをプレイヤーの操作に落とし込んだ、非常に面白い作品。アドベンチャーゲームでありながら、ただストーリーを追うだけではないのがポイントです。時間の巻き戻しを使ってピンチを事前に回避したり、未来のアイテムを回収して過去に戻ったり。最悪の未来を自分の手で変えていく感覚が味わえるのです。

このゲームについて

タイムリープをテーマに扱うワクワク感と、感動的なストーリーで多くのユーザーを魅了した人気アドベンチャーゲーム「STEINS;GATE」を、フルアニメーションでリメイク。本作ではアニメ版で描かれたシーンをそのままゲームでも採用し、プレイヤーがテキストを送ることでシーンがアニメのように進んでいきます。またアニメ版で描かれなかったエンディングもTVアニメ制作担当の「WHITE FOX」によって新規製作されています。

PS3版プレイ済み&アニメ試聴済みでプレイしました。まさに「プレイするアニメ」という感じで、新鮮な気持ちで遊ぶことができました。アニメシーンになったことでキャラクターの表情がよく分かるようになり、より感情移入しやすくなっているのは魅力ですね。

このゲームについて

名作「STEINS;GATE」の続編。夏に起こったタイムマシン騒動を経て、失意の底にある岡部倫太郎。そんな岡部の前に、脳科学研究所の研究員・比屋定真帆とレスキネン教授が現れる。2人は岡部に、「人工知能と対話するテスターになって欲しい」と依頼するのだった。前作で迎えた一つのエンディングのその後が描かれていきます。タイトルはゼロとなっていますが、前日譚ではなく続編であることに注意。

前作に続きワクワクするような設定が登場。タイムマシンに加え人工知能も登場し、先が気になるストーリーに仕上がっています。前作で深く描かれなかったデストピアについてや新たなキャラクター達にも触れられており、前作で回収されなかった部分もしっかりと回収されていきます。

メモリーズオフ イノサンフィーユ
©MAGES./5pb./GloriaWorks

このゲームについて

恋愛アドベンチャーゲーム「Memories Offシリーズ」の最終作。冬の湘南を舞台に高校生達の暖かくも切ない日々が描かれていきます。ストーリーは、登場人物達の恋や青春を描いた「ライトサイド」と、過去の事件と向き合い克服していく「ヘビィサイド」の2つで構成されています。メモオフらしい恋愛だけではないシリアスな部分も備えた切なさのあるシナリオは必見。この作品からでも安心して楽しむことができますよ。

やはりシリアスなストーリーはシリーズならでは。サスペンスの要素が強くなっている本作では、どのヒロインルートも非常に見応えのあるものとなっています。またどのヒロインも可愛くて個性があって、大満足の内容でした。個人的には瑞羽が一番好き。

このゲームについて

個性的なファンタジー世界を生み出すアトラス×ヴァニラウェアが送るSFアドベンチャー。突如飛来した「怪獣」と、人類の存亡をかけて戦う少年少女達の壮大な物語を描いた作品です。怪獣との戦いをシミュレーションバトルで楽しめる「崩壊編」、物語の謎を探究していくアドベンチャーパート「追想編」、アーカイブや入手したアイテムから考察が楽しめる「究明編」の3つのパートで構成されています。

謎を解き明かしていく過程で、徐々に明らかになっていく真実には、プレイする手が止まりませんでした。遊んでない時間も、「もしかしたらこうなんじゃないか?」「こんな真実だったら…。」など想像してしまうあたり、完全に虜になっていました。ネタバレは一切見ずに、ぜひ遊んでみてください。

デトロイトビカムヒューマン
© 2018 Sony Interactive Entertainment Europe.

このゲームについて

2038年の技術発展したデトロイトで描かれるアンドロイドと人間の物語。プレイヤーは感情を抱いたアンドロイド「変異体」となって、アンドロイドと人間の争いを体験することとなります。プレイヤーの選択で大きく変化するシナリオシステムは本作最大の特徴。3人のアンドロイドの物語を体験しながら、それぞれで数多くの選択を迫られ、それらが互いの物語に大きく干渉していきます。美しいグラフィックと自由に動けるオープンワールドに加え、プレイヤーの選択が大きく関わる物語展開など、。

「これもう映画じゃん」と思うくらい衝撃の美しさでした。アンドロイドも人間も、ものすごくリアルに作り込まれていて、本当にアンドロイド達の人生を体験しているかのような没入感です。派手な操作が不要なので、夜リラックスしながら楽しめるゲームには最高だと思います。実況で見てしまった方も、また違った結末を見られるはずですよ。

このゲームについて

Key制作による不朽の名作恋愛アドベンチャー「CLANNAD」のPS4移植版。主人公・岡崎朋也と彼を取り巻くヒロイン達の、恋愛や成長を描いたビジュアルノベル式のアドベンチャーゲームです。PS4版では全ての映像がフルHDに、全BGMと歌曲をサラウンドにパワーアップ。またシステム面では、前の選択肢に戻ることができる巻き戻し機能も搭載され、違う選択肢を選びたい場合にも簡単にやり直すことができます。

涙なしには見られない名作恋愛アドベンチャーですね。恋愛アドベンチャーでありながら、友情や家族についての悩みにもスポットを当てているところが、この作品の魅力だと思います。どのヒロインのルートもそれぞれ良さがあって、純粋に感動してしまうのですよね。割と文字数が多いので、ストーリーが気になる方はアニメもオススメです。

ダイイングライト
© Techland 2020.

このゲームについて

ゾンビが徘徊するようになった街を舞台にしたサバイバルホラー。この作品ではキャラクターのアクションにパルクールが採用されており、障害物や壁をノンストップで乗り越えることができます。また昼と夜の時間の概念があり、夜には強力なゾンビが出現するほか通常のゾンビも強力に。大量でタフなゾンビ達を相手に、生存者のコミュニティに所属するプレイヤーは、生き残りをかけて任務を遂行していくことになります。

昼/夜の概念があるのが非常に面白いです。夜になるとゾンビの足も早くなるし、強敵「ボラダイル」も出現するしでなかなかにスリリング。探索に熱中しすぎて、拠点に帰る前に日が暮れたときの絶望感は…。協力プレイで最大4人まで遊べるので、友達とワイワイしながら遊ぶのにもうってつけですね。

このゲームについて

フロムソフトウェア開発の人気アクションRPG「ダークソウル」のHDリマスター版。この作品の特徴として、フィールドの各地に用意されている「篝火」に触れると、回復・回復アイテムの補給を行うことができ、次に死亡した際の復活地点となります。また戦闘で獲得したソウルを使用して、レベルアップや装備の修理を行うことが可能。戦闘では盾による弾き「パリィ」で隙を作ったり、ローリングで回避したりしながら攻撃をしていきます。

本シリーズは「通称:死にゲー」であり、プレイヤーは常に高難度の戦闘に挑み、何度も何度も命を落とすことになります。そうした挑戦の先で味わえる達成感はこの作品の醍醐味。「もしも自分がこんな怪物と戦うことになったら?」のもしもを体験しているような気分になってくるのです。

このゲームについて

「デモンズソウル」のJAPANスタジオとフロムソフトウェアが送るゴシックホラーのアクションRPG。呪われた街「古都ヤーナム」に潜む獣憑きを狩る狩人(ハンター)となって、異形の怪物や巨大なボスとの死闘を潜り抜けていくこととなります。ノコギリや銃など今作独自の独特な武器を使用しながら、陰鬱な雰囲気漂うダークファンタジーの世界を探索しましょう。

今作から装備による重さの概念がなくなり、より俊敏な動きが可能となりました。また今作の特殊な武器達も、戦闘中に形状を変化させることができます。強攻撃や広範囲攻撃が可能なものなどさまざまで、軽快に敵の動きを回避しながらより戦術的な戦闘を楽しむことができます。

このゲームについて

PSで発売されたバイオハザード2のフルリメイク作品。大規模なパンデミックが発生しゾンビが闊歩するラクーンシティを舞台に、レオンとクレアを操作しながら事件の謎を解明していきます。グラフィックとサウンドは大幅に向上、またオリジナルの立ち回りの難しさも継承して怖さも倍増しています。体術で大量に倒すということはできず、銃で倒してナイフで地道にとどめを刺す、ゾンビ一体が脅威となるリアルな恐怖が体験できます。

一言でまとめると、「怖いバイオハザード」。4からハマったタイプなので、「昔のバイオってこんなだったのか」といろいろ発見しながら遊べたのも楽しかったですね。銃弾撃ちまくり、体術決めまくり、というスタイルでなくてもこれだけ面白いのは、バイオハザードの本当の魅力が出ているからなのでしょうね。

このゲームについて

PSで発売された「バイオハザード3 LAST ESCAPE」のフルリメイク作品。Re:2でのラクーンシティ事件の裏側で繰り広げられた、ジルとカルロス2人の決死の脱出劇が描かれます。今作からは、緊急回避のアクションが取れるように。ゾンビの攻撃をタイミングよく回避すれば、ゾンビをすり抜けて背後を取ることが可能です。回避の際に銃を構えていれば、回避後にクリティカルショットを見舞うこともできます。

Re:2同様美しいグラフィックも見どころの一つ。ネメシスや下水道のモンスターのビジュアルにはリアルな恐ろしさがありました。ストーリーは10時間程度でクリア可能と短め。それでもRe:2の裏側をしっかり理解することができます。ただストーリーは、原作からはかなり変更が加えられている点に注意。

このゲームについて

人気サバイバルホラー「バイオハザードシリーズ」初のPSVR対応タイトル。3年前に行方不明になった妻・ミアからの手紙を頼りに、主人公・イーサンは廃墟となったベイカー家へと赴くことになります。実写さながらのリアルなグラフィックと、シリーズの雰囲気を一新した恐怖が見どころの本作。同シリーズの他作品と異なり、とにかく上手く隠れ、相手を撒いてやり過ごすというプレイスタイルが求められます。

4,5,6とアクション要素が強めでしたが、7では一転して怖さを前面に出した内容に。探索にずっと緊張感がありました。おじさんに見つかったら、とりあえずセーフハウスに逃げ込みながら進めました。VRの画面酔いには慣れが必要ですが、ぜひVRでプレイしてみて欲しい作品。

このゲームについて

映画「エイリアン」の世界を題材にしたサバイバルホラー。プレイヤーはアマンダ・リプリーとなり、エイリアンに襲撃された宇宙ステーションからの脱出を目指します。探知機で安全を確認したり、物音でおびき寄せたり、時に火炎放射器で怯ませながら、エイリアンをやり過ごしましょう。また本作では、暴徒やアンドロイドといった敵も登場します。

映画「エイリアン」が好きな方にはオススメの一作。宇宙ステーションのエイリアンがいかに恐ろしいか、身をもって体験できます。エイリアンに加え、個人的に恐ろしかったのはアンドロイドですね。感情や意思を持たない無機質さが、時にエイリアンよりも恐ろしかったです。

このゲームについて

Steamで配信された「OUTLAST」のPS4版。OUTLAST1、1のDLC「Whistleblower」、OUTLAST2がまとめて収録されています。隔離された精神病院を舞台に、フリージャーナリストとなって調査をしながら、脱出を目指すサバイバルホラー(OUTLAST1)。本ソフトは1とそのDLCは英語音声・字幕、2のみ英語音声・日本語字幕に対応しています。

探索もなかなか大変なのですよね。プレイヤーの持ち物はカメラのみで戦闘スキルはなく、襲ってくる敵から逃げ隠れしながら探索を進めていきます。病院内にあるファイルや資料といった証拠をカメラで撮影する必要があり、消費アイテムであるバッテリーをうまく管理していかなければなりません。

ホラゲーナンバーワンの呼び声高いアウトラスト。この作品は本当に怖いのですよね…。クリーチャーとか幽霊ではなく、狂った人間が襲ってくるというのがリアルで、それがまた怖さに拍車をかけているのです。日本語字幕に対応していないものもありますが、ゲームを進める上ではそこまで問題ないはず。

おわりに

以上40作品でした。最後にPS4のゲームを安くプレイする方法もご紹介しておきます。

  • PSPlusを利用するPSユーザーが加入できる月額850円(※2020年5月時点)の定額サービスです。加入者は毎月配信されるフリープレイディスカウントなどの特典を利用することができるお得なサービスです。
  • PSNowを利用する 月額1,180円で利用できる定額制のゲームやり放題サービスです。400以上のタイトルを無料で遊ぶことができます。PSnowでは7日間の無料体験も利用できます。
  • PSStoreのセールで購入する定期的に開催されているPSstoreのビッグセールでソフトを安く購入することができます。中には「80%オフ」「1500円以下」といったスーパーセールもあります。ただしダウンロード版の購入しかできません。