【PS4/PS3/PSvita】セーブデータをPSPlusへバックアップする全手順

PS3やPS4でゲームを遊んでいる方の中には、セーブデータの管理に手を抜きがち、という人が意外と多いのではないでしょうか。セーブデータのバックアップを作成していないと、デバイスが故障してしまった場合、今まで遊んだデータがすべて消えてしまうという最悪の事態になってしまいます。

PlayStationの定額サービスの一つ『PSPlus』に加入していれば、簡単にオンラインストレージへ、セーブデータのバックアップを作成しておくことができます。PS4・PS3・PSVitaに同じアカウントを登録していれば、各デバイスのセーブデータをまとめてオンラインストレージに保存することも可能です。

この記事だけで、セーブデータのバックアップ管理は完璧に把握できるようまとめているので、ぜひ参考にしていただければと思います。

【PS4】セーブデータのバックアップ方法

アップロードする手順

[設定][アプリケーションセーブデータ管理][本体ストレージのセーブデータ]と進み、[オンラインストレージにアップロードする]を選択します。
OPTIONボタンを押して、バックアップを取りたいゲームを複数選び、[アップロード]をタップすれば完了です。

ダウンロードする手順

[設定][アプリケーションセーブデータ管理][オンラインストレージのセーブデータ]と進み、[本体ストレージにダウンロードする]を選択します。
OPTIONボタンを押して、バックアップを取りたいゲームを複数選び、[ダウンロード]をタップすれば完了です。

自動アップロードに設定する

[アプリケーションセーブデータ管理]まで進み、一番下の[自動アップロード]を選択します。
自動アップロードを有効にする]にチェックを入れ、セーブデータをアップロードしたいゲームを選択すればOK。

オンラインストレージへのセーブデータのバックアップは、実は自動で行うよう設定することができます。毎回手動で行うのは面倒かつ忘れやすいので、自動アップロードの設定を必ず行っておきましょう。

自動アップロードされるタイミングについて

自動アップロードはいつ行われる?

セーブデータが更新された場合は、スタンバイモードや電源オフに移行するときなどログアウト時に自動でPlayStation™Networkのサーバーに保存されます。 この機能を使うには、PlayStation®Plusへの加入が必要です。

PS4 ユーザーズガイド

ログアウト時に、オンラインストレージへアップロードされているようです。しかし、実際のところ正確にアップロードされているのか気になったので、検証を行ってみました。

検証結果

  • [スタンバイモード]で終了した場合 →次回起動後、すぐにPSPlus側でもセーブデータが更新されているのを確認しました。
  • [電源オフ]で終了した場合 →次回起動後にはPSPlus側のセーブデータは更新されておらず、おおよそ2日後に更新されました。

検証では[アプリケーション終了][電源を切る]という手順を踏んでいます。アプリケーション終了をしないまま電源を切ってしまうと、正しくアップロードされない可能性があるので注意しましょう。

「毎回すぐにバックアップをとって欲しい」という人は、[アプリケーション終了」[スタンバイモード]でPS4を終了するのがオススメ。

【PS3】セーブデータのバックアップ方法

PS4でPSPlusに加入しているアカウントと同じアカウントでPS3にもログインしている場合、PSPlusのセーブデータお預かり機能を利用することができます。

アップロードする手順

ゲーム]メニューの中にある、[セーブデータ管理(PS3)]の項目をタップします。
適当にゲームを選んで[△ボタン]をタップ。メニューが表示されるので、中から[選択コピー]を選びます。
セーブデータのバックアップを取りたいゲームを選択します。まとめてアップロードしたい場合は、[すべて選択]をタップしましょう。ゲームを選んだら[確定]をタップします。
セーブデータのコピー先に[オンラインストレージ]を選択します。これでアップロードは完了です。

ダウンロードする手順

アップロードと同様に[セーブデータ管理(PS3)]を開き、[オンラインストレージ]をタップします。
続いて[△ボタン]をタップし、メニューから[選択コピー]を選びます。
ダウンロードしたいセーブデータを選びます。まとめてダウンロードしたい場合は、[すべて選択]をタップしましょう。最後に[確定]をタップすれば完了です。

自動アップロードに設定する

まずはメニューから[設定本体設定]と進みます。
設定項目の一番上にある[自動アップデート]を[]にしておきます。これで設定をオンにすることができました。
自動アップデートを行いたい場合は、[ゲーム]メニューから対象タイトルで△を押し、[セーブデータ自動アップロード]を[]にすれば完了です。

PS3で自動アップロードを行う場合は、ゲームごとに設定する必要があるので注意しましょう。

【PSVita】セーブデータのバックアップ方法

PS4でPSPlusに加入しているアカウントと同じアカウントでPSVitaにもログインしている場合、PSPlusのセーブデータお預かり機能を利用することができます。

アップロードする手順

vitaのメニューから[コンテンツ管理]を起動し、右下の[コンテンツをコピーする]をタップします。
メニューから[オンラインストレージ]を選択します。
[セーブデータをコピーする]の項目から、[PS Vita → オンラインストレージ]を選択します。
画面下のメニューから[すべて選択]をタップしてゲームを選び、[コピー]をタップすれば完了です。

ダウンロードする手順

[セーブデータをコピーする]の項目で、[オンラインストレージ → PS Vita]を選択します。
画面下のメニューから[すべて選択]をタップしてゲームを選び、[コピー]をタップすれば完了です。

自動アップロードに設定する

アップロード&ダウンロードと同様に、[コンテンツ管理][コンテンツをコピーする][オンラインストレージ]と進みます。

一番下の[セーブデータ自動アップロード]の項目から、[セーブデータを選ぶ]をタップします。
画面下のメニューから[すべて選択]をタップしてOKを選択すれば設定完了です。

セーブデータ容量の上限について

セーブデータ容量の上限
PS4100GB
PS31GB
PSVita1GB

ゲームアーカイブで購入できるPSPや初代PlayStation、PlayStation2のゲームのセーブデータは対象外となっているので注意しましょう。

まとめ

PS4・PS3・PSVitaの、セーブデータのバックアップ方法について解説しました。この記事で解説した内容を抑えておけば、各デバイスにおけるセーブデータの管理はバッチリと言えるでしょう。

自動アップロードの設定をしておけば、特に何もしなくてもセーブデータを保存することはできますが、万が一に備え、定期的にまとめて手動アップロードを行うのもオススメします。