【PS4】リモートプレイの遊び方とメリットを解説

この記事ではPS4のリモートプレイのやり方と、メリットについて解説しています。

PS4をリモートプレイできるデバイスは?

  • スマートフォン
  • iPad
  • PSvita
  • PC
スマホの横持ちだとこのような感じでプレイできます。タップによるボタン操作でも遊べますが、PS4のコントローラーを接続して遊ぶこともできます。
PSvitaだとこのような感じです。vitaだとボタン操作でも違和感なく遊べるので、本当にvitaのソフトを遊んでいる感じになりますね。

PS4のリモートプレイの設定方法

まずはリモートプレイに使うデバイスが最新バージョンのものか確認しておきましょう。

PS4
「設定」「システムソフトウェア」

iPhone
「設定」「一般」「システムソフトウェア」

Android
「メニューアイコン」「設定」「端末情報」

Mac
「画面左上の「システム環境設定」「ソフトウェアアップデート」

Windows
「設定」「システム」「バージョン情報」

PS4の設定

まずはリモートプレイを行うアカウントで、[設定アカウント管理]と進みます。

いつも使うPS4として登録する]を「登録する」に設定しておきます。
そのまま「設定」の中の[リモートプレイ接続設定]を開きます。
そのまま「設定」の中の[リモートプレイを有効にする]にチェックを入れましょう。

PSVitaを持っていて、Vitaでもリモートプレイを利用したい場合は、「PSVita/PSTVと直接接続する」にもチェックを入れておきましょう。

スタンバイモード時の設定

リモートプレイはPS4をスタンバイモードにしていても接続することができます。

これは「PS4をスタンバイモードにしてリモートで遊べる!」というわけではありません。リモートプレイの際にはPS4を必ず起動しておく必要があります。リモートプレイをする際に、他のデバイスからでもスタンバイのPS4を起動できるようになるという設定です。

省電力設定スタンバイモード中の機能を設定する]と進みます。
すべての項目にチェックを入れておきましょう。

スマホでリモートプレイする

スマホを使ってリモートプレイをする場合は、専用のアプリをダウンロードしておく必要があります。

アプリをダウンロードしたら、リモートプレイで利用するPS4のアカウントでサインインをしましょう。

アプリを起動するとこちらの画面が表示されます。[はじめる]をタップしてリモートプレイを開始しましょう。
検索が始まるのでしばし待ちます。ここで上手く見つからない場合は、の[手動で登録する]を試してみてください。
上手くいくとPS4とデバイスの登録が始まります。
上手く登録ができればPS4への接続が始まります。リモートプレイはPS4から離れた部屋でも接続ができますが、途切れそうな場合はアイコンが表示されるのでチェックしておきましょう。

検索でうまく見つからない時は?

検索中の画面の下の方にある[手動で登録する]を選択します。こちらでは、PS4側で発行されたコードを打ち込むことで登録することができます。

PS4でコードを発行する

リモートプレイ接続設定機器を登録する]と進みます。

これでコードが発行されます。コードには時間制限が設けられているので注意を。とはいえ時間内に入力できなくても、別のコードを再発行できるのでご安心ください。

リモートプレイの画質を変更する

アプリ画面右上のをタップすると、設定を変更することができます。

リモートプレイのビデオ品質

解像度は「360p」「540p」「720p」「1080p」の4種類、フレームレートは「標準」「高」の2種類から選べます。1080pは対応しているPS4の場合のみ。

PS4のコントローラーで操作できる?

リモートプレイではPS4のDUALSHOCK4コントローラーを接続して遊ぶことができます。

ただし対応機種に制限があり、どのデバイスでもというわけではありません。

対応デバイス
iPhoneiOS13以降
Android10以降orXperia
iPadOS13以降
MACCatalina
AppleTVtvOS13

接続方法についてはPlayStationの公式サイトで紹介されています。

Appleデバイスとの接続方法
Androidデバイスとの接続方法

PCでリモートプレイする

PCでプレイする場合も手順はスマホの場合とほとんど変わりません。

PlayStation公式サイトからリモートプレイ用のアプリをダウンロードします。

手順も公式サイトの方にくわしく書かれているので、ここでは割愛します。

Vitaでリモートプレイする

PSVitaでリモートプレイを行う場合は、PS4の設定で[PSVita/PSTVと直接接続する]にチェックを入れておきます。

またVitaの方も[設定]からWi-Fiに接続しておきます。

Vitaのホーム画面から[PS4リンク]をタップします。
メニューから[リモートプレイ]を選択します。
PS4の検索が始まり、うまく接続できればリモートプレイが可能になります。

環境にもよりますがVitaでのリモートプレイは割と接続が不安定な印象を持ちました。できるだけアクセスポイント(自宅であればルーター)の近くでプレイする必要がありそうです。

リモートプレイを解除する

スマホ・PC・vitaのいずれも、アプリを終了すればリモートプレイは解除されます。

その場合はゲームは一時停止された状態で起動し続けます。

もしくはリモートプレイでPS4のメニューから電源を切るを選択すれば、PS4とリモートプレイを同時に終了することができます。

リモートプレイのメリット

PS4のゲームがどこでも遊べる

リモートプレイ機能を使えば、スマホさえあればPS4のゲームがどこでもできるようになります。

RPGのレベル上げだったり、素材集めだったり、隙間時間でちょっとした作業をこなすことができるのです。

Wi-Fi接続が必要にはなりますが、外出先のホテルなんかでもゲームが遊べるのは嬉しいですね。

一台のテレビで複数のゲーム機が使える

リモートプレイはPS4が起動していれば、共有しているデバイスに画面が表示されます。

そのためテレビに繋いでPS4を遊んでいるユーザーであれば、リモートの間はチャンネルを変えてしまっても問題ありません。

デバイス的にはよくないですが、PS4のHDMIを抜いてしまってPS3やSwitchに繋いで遊んでもリモートプレイはできるのです。

寝ながらゲームができる

DUALSHOCKを繋ぐのは難しいですが、タッチパネルで遊べるゲームであれば寝ながらゲームができてしまいます。

アドベンチャーゲームなどのボタンで進めて読むだけのゲームなら、むしろリモートプレイの方が没入感があったりします。