【PS4】ダウンロード版ソフトを購入するメリット・デメリットまとめ

この記事では、PS4のゲームをダウンロード版で購入するメリットとデメリットをまとめています。

ダウンロード版で購入するデメリット

ダウンロード版とは、簡単に言うとPSStoreで購入したゲームのことです。

amazonやお店で購入したものはdiscが手元に届いて、それを読み込ませて遊びますが、ダウンロード版ならデータをダウンロードするだけで遊ぶことができます。

パッケージ版のようにコレクションとして保管できない

ゲームのパッケージにはそれぞれの作品のキービジュアルが使用されていたりして、コレクションとして取っておくのも楽しいもの。コレクションとして飾りたいユーザーにとってはデメリットになりますね。

個人的にダウンロード版とdisc版を半々くらいで利用していますが、disc版を購入する1番の理由がこれです。

遊ばなくなったゲームを売ることができない

ダウンロード版なので当然ですが、遊ばなくなっても売ってしまうことはできません。

ダウンロード版で購入するメリット

それではメリットの方をくわしく見ていきましょう。

1.ダウンロードするだけなのですぐに遊べる

disc版だと「お店で購入しなければならない」「配送が必要」など、実際手元に届くまでに時間がかかります。

しかしダウンロード版であれば、storeで購入後すぐにダウンロードをして遊ぶことができます。

購入後すぐにstore上でダウンロードが行える。
ダウンロード後はPS4のホーム画面からすぐに遊べる。

2.発売日の深夜0時から最速で遊べる

ゲームの予約購入をダウンロード版で行えば、発売前に事前にダウンロードを済ませておくことができます。

そのため発売日の深夜0時を過ぎてすぐにゲームを遊ぶことができるのです。

「自動ダウンロード」の設定を変更しておけば、スタンバイモードにしている間もダウンロードをしておくことができます。

自動ダウンロードの設定

  1. 設定
  2. システム
  3. 自動ダウンロード

の手順で進み、自動ダウンロードの設定を変更します。

「再起動を許可する」はお好みで、それ以外にはチェックを入れておくと便利かと思います。

スタンバイモードの設定

  1. 設定
  2. 省電力設定
  3. スタンバイモード中の機能を設定する
インターネットに接続したままにする」にチェックを入れます。それ以外も何かと便利なので、すべてチェックを入れておいても良いかと思います。

3.購入も非常に簡単

PSStore

PSstoreはスマホやPCからでもアクセスでき、自分のアカウントでログインすればいつでもゲームの購入ができます。

お支払い方法にはクレジットカードのほか、コンビニなどで購入できるPSストアカードも利用することができます。

PSPlusやPSNowといった定額サービスに登録している方であれば、お支払い方法にクレジットカードを登録している場合が多いと思います。それらPS4サービスとお支払い方法をまとめて管理できるのも魅力ですね。

3-2.WEBのPSStoreからリモートダウンロードも可能

PCのPSストアからテーマを購入してみます。
購入を済ませたあとの画面で、ダウンロードリストをクリック。
そうするとダウンロード可能なコンテンツが一覧で表示されるので、先ほど購入したテーマをお使いのPS4にダウンロードします。
PS4側でチェックしてみると、無事テーマがダウンロードされていました。
注意

リモートでダウンロードするには、PS4をスタンバイモードにしておくか電源を入れておく必要があります。

4.限定特典やアーリーアクセス権が付いてくる

「ダウンロード版限定特典」や「追加DLC」など、ダウンロード版ならではの魅力的な特典も見どころ。とくに最近ではオシャレなダイナミックテーマや、ゲームキャラのかわいいアバターが付いてくるものも増えています。

オンラインで遊べるゲームになると、発売前にフライングで遊ぶことができる「アーリーアクセス権」が付いているものもあります。友達よりも一足早いスタートダッシュが切れるのは魅力ですね。

5.ゲームの破損や不具合の心配もない

disc版ではソフト購入後に「ゲームがうまく起動できない」「久しぶりにやってみたら全然遊べない」といった不具合に遭うこともありますよね。

ダウンロード版であれば、一度購入したゲームが破損するということはまずありません。

またゲームの起動がうまく行かない時でも、一度削除して再度ダウンロードすることで解決する場合もあります。

ゲームの削除をしても大丈夫?

「ダウンロードしたゲームを削除したらもう遊べなくなるのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、実はダウンロード版のゲームは削除しても何度でも再ダウンロードすることができます。

またゲームのダウンロードデータとセーブデータは別で管理されているため、ゲームを削除してもセーブデータは消えません。

ホーム画面から削除したいゲームに合わせて「OPTION」ボタンを押せば、削除が選択できます。
ゲームは「ライブラリー」の「購入したコンテンツ」から、何度でもダウンロードが可能です。

6.ゲームの管理が非常にラク

ダウンロード版ではゲームをいちいち入れ替える必要がないのも魅力ですね。

他のゲームをやりたくなってもダウンロードしておけばすぐに起動できますし、何よりdisc版と違って場所を取らないのも良いところ。

購入したゲームはすべて「ライブラリー」の「購入したコンテンツ」に保管されています。

ボタン一つで、「PS4の容量がいっぱいになってきたからとりあえず削除して、遊びたくなったらまたダウンロードする」という管理の仕方ができます。

7.ダウンロード版のゲームも友達と共有できる

disc版のゲームなら友達や兄妹で簡単に貸し借りができます。

実はダウンロード版のゲームも、他の人が購入したものを自分のアカウントで遊べる方法があるのです。詳しい手順については、こちらの記事で解説しています。

【PS4】アカウント共有でダウンロード版ソフトをシェアする方法

まとめ

ダウンロード版のソフトを購入するメリット・デメリットについてまとめてきました。

ダウンロード版にもdisc版にも、それぞれ良いところがありますが、”便利さ”で言えば圧倒的にダウンロード版がお得なのですね。

ダウンロード版はあまり利用しないなという方も、一度試してみると自分に合う良さが見つかるかもしれません。