【PS4】アカウント共有を利用して、ダウンロード版を2台のPS4で共有する手順

PS4でゲームを遊ぶうえで、ダウンロード版だとゲームの貸し借りができないと思っていませんか? 実はダウンロード版でも、友人や家族で共有することができるのです。

このように、自分が購入していないゲームであっても共有さえすれば自分のアカウントで遊ぶことができます。各アカウントでセーブデータを作ることもできるうえ、トロフィーも取得することができ、もちろんそれぞれのアカウントでゲームを購入する必要もありません

手順はものすごく簡単です。アカウントを登録できる環境があればすぐに実践できるので、ぜひお試しください。

ダウンロード版を共有する3つの手順

  1. 同じPS4に共有するアカウントを登録する
  2. いつも使うPS4に設定する
  3. ゲームをダウンロードする

PS4のアカウントは、PSNに保存されているものに手持ちのPS4からサインインしている仕組みです。そのため、すでに1台のPS4に登録しているアカウントでも別のPS4に登録することができます。

①PS4にアカウントを登録する

PS4のホーム画面から[電源ユーザーを切り替える新しいユーザー]と進み、[ユーザーを作成する]と選択します。
次へ]を選択し、メールアドレスとパスワードを入力してアカウントへのサインインを行います。

アカウントを登録する際には、必ず自分の手で行ってください。メールアドレスやパスワードを教えて登録するということは行わないように。パスワードを教えてしまうと、個人情報が見られてしまうほか、PSStoreで勝手に買い物される危険性があります。

②いつも使うPS4に登録する

ホーム画面から[設定アカウント管理]と進み、[いつも使うPS4として登録する]をタップします。
[いつも使うPS4として登録する]のページが表示されたら、[登録する]を選択します。

いつも使うPS4として登録することで、そのPS4に登録しているすべてのアカウント間でゲームやコンテンツの共有ができるようになります。

③ゲームをダウンロードする

まずはゲームを購入してあるアカウントでログインし、[ライブラリー]からダウンロードを行います。
つづいてゲームを遊びたいアカウントでログインします。すると、ダウンロードしたゲームが起動できるようになっているはずです。

これでアカウント間でゲームを共有して遊ぶことができました。ダウンロードしたゲームを削除したい場合は、どのアカウントから行っても正常に削除されます。

鍵がかかっている場合は?

購入したアカウントで一度もそのゲームを起動していないと、他のアカウントでも起動できないようです。この場合は、購入したアカウントで一度ゲームを起動してください。

共有できるコンテンツ

ダウンロード版ソフトだけではなく、その他さまざまなコンテンツを共有することができます。ここからは、共有可能なコンテンツをご紹介していきます。

DLC

ゲームの追加要素として購入するDLC(ダウンロードコンテンツ)に関しては、そのゲームを共有することでDLCも各アカウントで利用することができます。

PSPlusのフリープレイ

PSPlusの特典の一つに、加入者限定で毎月無料配布されるフリープレイがあります。ライブラリーに追加してあるフリープレイタイトルも、アカウント共有で遊ぶことができます。

PS4用テーマ

有料・無料のテーマはもちろん、ゲーム購入時に付属する特典テーマも共有することができます。

共有できないコンテンツ

一方で中には共有できないコンテンツも存在します。ここからは、共有不可のコンテンツをご紹介していきます。

ゲーム内通貨

ストアから購入したゲーム内通貨は、アカウント本体に情報が保存されるので共有することはできません。

セーブデータ

ゲームのセーブデータもアカウントに紐づけられているため、アカウント共有をしたとしても他のアカウントへの移行はできません。

PSN用のアバター

ストアから購入した有料・無料アバターともに共有はできません。自分のPS4から共有している相手のアカウントへログインし、有料アバターに変更するということもできません。

共有の際の注意点

ダウンロード版ソフトを共有できるのは非常に便利です。とはいえいつでも誰とでもできるわけではなく、共有するうえで2つ注意点があります。

複数のPS4でのサインインはできない

複数のPS4で、同じアカウントで同時にサインインすることはできません。一方でログインすれば、もう一方では自動的にログアウトされます。遊ぶ際には、共有している相手と確認しながら行いましょう。

同時に3台以上での共有はできない

「いつも使うPS4に登録する」設定は、同時に複数のPS4で行うことができません。そのため例えば、「『PUBG』を持っているアカウントを3人で共有して、3人パーティーでオンラインプレイをする」ということは不可能です。

アカウント共有の安全性について

アカウント共有を行うえで心配になるのが安全性についてですね。ここからは個人情報を勝手に見られたり、ストアで勝手に買い物されたりということがないように、プライバシー設定について解説します。

個人情報は見られない?

PS4でアカウント情報(個人情報やお支払い情報など)を確認する場合には、毎回パスワードの入力が求められます。そのため、簡単に個人情報を盗み見ることはできません。

勝手に買い物されない?

PSStoreでゲームやアイテムを購入する際、毎回パスワードの入力を行うよう設定することができます。アカウント共有を行う場合は、ストアでの買い物時にパスワード入力を行うよう変更しておきましょう。

購入時のパスワード入力をオンにする

設定アカウント管理アカウント情報ウォレット]と進み、[購入設定]を選択します。

購入時にパスワードを確認する]の項目を「はい」にしておきます。これで支払いの際にパスワード入力が必要になります。

信頼のおけるメンバーで行おう

PS4ではパスワード入力が必要になるため、基本的には安全です。とはいえアカウントを共有する以上、複数の人間でそのアカウントを利用できるということになり、危険性もあります。なるべく信頼のおけるメンバーで行うのが良いでしょう。

まとめ

最後にもう一度、ダウンロード版ソフトを共有する手順についてまとめておきます。

  1. 同じPS4に共有するアカウントを登録する
  2. いつも使うPS4に設定する
  3. ゲームをダウンロードする

アカウントを共有すれば、他のアカウントで購入したダウンロード版ソフトも自分のアカウントで遊ぶことができます。友達や家族など身近なPS4ユーザー同士で、ぜひ利用してみて下さいね。