PS4のプリペイドカードはどこで買える?買える場所と金額の種類

この記事では、プレイステーションストアカードを「買える場所」と「金額の種類」について解説していきます。

PS4のプリペイドカード

はじめにPS4で使えるプリペイドカードには3種類あることを抑えておきましょう。

1.PSStoreカード

ゲームの購入などに利用できるプリペイドカードは、こちらのPSStoreカードです。

2.PSPlus利用権

黄色のカラーが目印の『PSPlus利用権』は、オンラインを利用するためのサービス『PSPlus』に課金するカードです。

こちらを購入しても、PSStoreでの買い物には利用できないので注意しましょう。

「PSPlusって何?」という方は、の記事でまとめているので参考にしてみてください。

PSPlusってお得なの?特典や利用方法についてまとめて解説

3.PSNow利用権

ストアカードとよく似ていて間違えやすいのが『PSNow利用権』です。こちらは定額でゲーム遊び放題のサービス『PSNow』に課金するためのカードです。

こちらもPSStoreでの購入には利用できないので注意しましょう。PSNow利用権はカードの下に「18歳禁」のマークが記載されています。

PSNowで遊べるゲームや魅力についてはの記事でまとめています。

PSNowはお得なの?トロフィー機能が便利:メリットやデメリットについてまとめて解説

PSStoreカードはどこで買える?

コンビニで購入することができます。ローソンやセブンイレブンなど、ほとんどのコンビニで取り扱われています。

取扱いコンビニ一覧

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • Wonder Goo

エディオンなどの家電量販店でも

また『ヤマダ電機』『GEO』『エディオン』などの家電量販店でも販売されています。

オンラインショップでも購入できる

PSStoreカードはオンラインショップから購入することもできます。この場合はカードが配送されるわけではなく、12桁のコードを発行する仕組みになっています。

購入する場合は『BitCash』というサイトを利用しましょう。公式でサポートされているので安心安全です。

購入後にメールで送られてきたコードを入力するだけなので、コンビニで買うよりも早いですね。

amazonにはある?

PSStoreカードは取り扱っていないようですね。例えあったとしても、恐らくマーケットプレイスの商品のはずなので購入しない方が良いでしょう。

ヤフオクで買うのはアリ?

『ヤフオク』なんかだと、少し安めに出品されているのを見かけますね。確かに安く買えるかもしれませんが、個人的にはオススメしません

使用済みの場合

個人間での取引なので当然ですが、使用済みのカードを買わされてしまう可能性があるからです。

カードが盗品だった場合

またこういったプリペイド型のカードは、購入時にレジで決済を行わないとコードが使えない仕組みになっています。そのため出品されているカードが盗品だった場合は、たとえ新品でも使うことはできません。

こういったリスクを考えると、やはり正規のお店で購入する方が安心ですね。

お店によって安く買えたりする?

「このお店だとちょっと安く買える」ということはありません。どのお店でもカードに記載された金額になります。

PSStoreカードの種類は?

コンビニや家電量販店、オンラインショップ共に購入できるカードは4種類あります。

コンビニ・家電量販店だと

  • 1100円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

amazonギフト券のような金額を指定して購入できるバリアブルカードはないので、金額がオーバーする場合は複数のカードを組み合わせて購入します。

オンラインショップだと

  • 1000円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

オンラインショップで購入する場合は金額に一部変更があり、最低額が1000円になります。

1100円のカードがコンビニにないけど?

確かにコンビニなどではなかなか見かけませんね。しかし取り扱っていないわけではなく、場所によりけりなようです。

1100円のカードは2019年6月6日から販売が開始されました。そのため、それ以降にできたコンビニにしか置いていないのかもしれません。

実際にこの記事を書くに当たって4、5件のコンビニを回ってみましたが、内1件にしか置いてありませんでした。そしてその一件も、今年できたばかりの最新のコンビニでした。

カードの購入にポイントは使える?

コンビニでの支払いは原則現金のみです。ただし家電量販店の場合、中には自社発行のポイントカードを利用できる店舗もあるようです。

また購入時にポイントカードを提示してもポイントは付与されません。

チャージできる上限額

PSNのウォレットへ一度にチャージできるのは、最大2万円分です

ウォレットの残高が2万円を超えてしまう場合、最後のプリペイドカードはチャージすることができません。

大きい金額をチャージする場合は、2万円ピッタリになるよう調整しておくのが良いでしょう。

カードの有効期限

今のところは有効期限はないようです。とはいえ購入後はなるべく早くチャージしてしまうのが良いでしょう。