PS4の初期化の方法とアカウントについて

この記事ではPS4の初期化の方法について解説しています。

PS4を初期化する

PS4の初期化を行うと、PS4内に保存してあるすべてのデータが消去されます。

そのため基本的には、PS4を手放す際や、中古で購入したPS4にデータが残っていた場合に行う処理になります。

初期化とアカウント

間違いがちですが、購入していたソフトやテーマ、トロフィー情報など、PSNアカウントの情報は削除されません。

ゲームのセーブデータもPSplusなどでバックアップを作っていれば、なくなってしまう事はありません。

PSNのアカウント情報はPSN(PlayStationネットワーク)上に保存されているので、こちら側で削除したりする事はできないのです。

初期化で削除されるデータは、正確に言うとPS4の内蔵HDDに保存されているデータがすべて削除されます。スクリーンショットやビデオクリップ、お支払い情報などなどですね。

注意

もしもアカウントを作成せずに、「ゲストアカウント」で遊んでいた場合は、上記のすべてのデータが削除されてしまいます。

初期化したデータは復元できる?

バックアップをとっていれば復元が可能です。バックアップを取っていない場合は、復元することはできません。

PS4のデータバックアップをとる方法

購入していたソフトは?

購入したアカウントをPS4に登録し、再度サインインすればダウンロードができます。

PS4を初期化する方法

ここからはPS4の初期化の手順について解説していきます。

PS4の初期化には、①PS4に登録しているPSNアカウントから行う方法と、②強制的に初期化する方法の2つがあります。

PSNアカウントから行う

一般的な初期化の方法はこちらになるかと思います。まずはPS4に登録しているPSNアカウントにサインインを行います。

設定初期化]と進みます。

「PS4を初期化する」を選択します。
初期化の方法を選択します。完全に削除する場合は「フル」を選択しましょう。

この2つの違いについては後ほど解説します。

「初期化」を選択します。これを押してしまってもまだ初期化は始まりません。
これが最終確認になります。OKの場合は「はい」を選択しましょう。

この後初期化の処理が始まり、容量にもよりますが2〜3時間ほどで完全に削除されます。

初期化完了後、PS4が再起動されたら工場出荷時の状態に戻っているはずです。

強制的に初期化する

こちらの方法はセーフモードを利用して初期化を行います。

アカウントにサインインできない場合や、何かしらの理由でPS4が起動できない場合に利用します。

まずは以下の手順でセーフモードを起動します。

  1. PS4の電源をオフに
  2. 電源ボタンを長押しする
  3. 1度目の「ピッ!」という電子音が鳴った後も、そのまま長押しを続ける。
  4. 2度目の「ピッ!」という電子音が鳴ったら、指を離す。
セーフモードのメニューから「PS4を初期化する」を選択します。

あとの流れは、PSNアカウントから行う場合と変わりません。

フルフォーマットとクイックフォーマットの違い

フルクイック
時間2〜3時間すぐ
データ復元できない復元の可能性あり

フルフォーマット

こちらは名前の通り、すべてのデータが完全に削除されます。

また変更した設定内容も初期値に戻されます。売却目的で初期化を行ったとすると、PS4が第3者に渡っても、それらの情報を第3者が復元するのはほぼ不可能です。

クイックフォーマット

わかりやすく表現すると、こちらはフルに比べていくらか手抜きをした初期化です。

見かけ上はデータがすべて削除されていますが、実際は完全には削除されていません。そのため第3者によって情報が復元される可能性があります。

とは言っても、そんな簡単に復元できるものでもないようなので、時間がない場合はクイックでも大丈夫だと思います。

終わりに

初期化を行う場合はバックアップを取ってから行うようにしましょう。

また「PS4のデータベースが破損した」「不具合が起きて初期化しないといけない」などの場合に備えて、日頃からバックアップを取るようにしておくと安心です。