【PS4】フリーズ時などに強制終了し、セーフモードで起動する手順

PS4には、不具合が起きた際に利用できる、特殊な起動モード『セーフモード』があるのをご存知でしょうか。この記事では、セーフモードでの起動方法と、利用できる機能をまとめて解説していきます。

PS4を強制終了する手順

  1. 電源ボタンを7秒以上長押し
  2. 電源コードを引っこ抜く

PS4では緊急時のシャットダウン用として、上記の2つの方法が用意されています。

①電源ボタンを長押し

  1. PS4本体の電源ボタン(disc排出口の上側のボタン)を7秒以上長押し
  2. 「ピッ!!」という電子音が鳴ったら、指を離す

フリーズしてしまった場合でも、この方法で強制シャットダウンが可能です。電源コードをすぐには引き抜かず、まずはこの方法を試してみましょう。

②電源コードを抜く

コンセントに接続している電源コードを引き抜きます。上記の方法でシャットダウンできなかった場合、この方法で電源を落とすしか手はありません。

セーフモードとは?

真っ黒の画面をした、特殊な起動モードのことです。セーフモードでは、データベースの再構築や初期化といった、メンテナンスに関わる処理を行うことができます。

セーフモードの起動方法

  1. PS4の電源を切る
  2. 電源ボタンを長押し
  3. 一度目の電子音が鳴った後、指をはなさず7秒ほど押し続ける
  4. 二度目の電子音が鳴ったら指を離す

その後DUALSHOCKコントローラーの接続が求められるので、付属のUSBケーブルで接続します。

セーフモードの機能

PS4を再起動

セーフモードを終了して、本体を再起動します。「電源ボタンを押しても画面が変わらない」などのケースでは、この操作で起動できる場合があります。

またセーフモードを解除したい場合も、この機能を選択します。

解像度を変更する

新しいモニターやテレビなどにPS4を接続した際、画面が映らないといった問題を解決してくれる機能です。

こちらを選択するとPS4が一旦再起動され、480pで画面が立ち上がります。その後解像度を変更することができます。

  • 自動
  • 480p
  • 720p
  • 1080i
  • 1080p

通常は自動設定にしておけば、モニターやテレビに合わせて出力できる解像度をPS4側が調整してくれます。

システムソフトウェアをアップデートする

PS4の起動がうまく行かない場合、Wi-Fiに接続していないPS4であれば上記2つの方法でアップデートできます。

Wi-Fiに接続しているPS4であれば、一番下の方法でシステムのアップデートができます。

USBストレージ機器からアップデート

最新のアップデートファイルをダウンロードしたUSB機器を接続して、PS4のアップデートを行うことができます。

アップデートファイルはPlayStation公式サイトから自分でダウンロードするか、SONYが提供しているシステムソフトウェアアップデートUSBを購入する2種類の方法があります。

ディスクからアップデート

USBのディスク版です。システムソフトウェアアップデートディスクを購入し、こちらを読み込むことでシステムのアップデートが行えます。

インターネットを使ってアップデートする

Wi-Fiに接続しているPS4であれば、インターネットを介してアップデートファイルのダウンロードが行えます。

PS4やゲームのアップデートファイルは、基本的にインターネットに接続していないとできません。公式サイトからUSBやディスクにダウンロードする場合でも、インターネット環境が必要になります。

友達の家などWi-Fi環境が整った場所にPS4を持って行って、アップデートファイルをダウンロードすることはできます。

設定を初期値に戻す

画質やサウンドといった設定内容を初期の状態に戻します。

データベースを再構築する

PS4のHDD(ハードディスクドライブ)からエラーやデータの破損を削除してくれます。

ダウンロードしたゲームやセーブデータなどは削除されません。PS4の動作が思い場合には、こちらを試してみると効果がある場合があります。

またデータベースの再構築は定期的に行うことで、PS4の動作をよくすることにも繋がります。

PS4を初期化する

内部のHDDのデータをすべて削除し、PS4を工場出荷の状態に戻します。削除したデータはバックアップをとっていない場合、復元することはできません。

エラーや不具合がどうしても治らない場合には、こちらを行うことで改善される場合があります。

PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)

PS4を初期化した上で、最新のシステムソフトウェアをインストールします。内蔵HDDを交換したい際に利用します。

HDCPモードを設定する【PS4 Proのみ】

HDCPとは映像のフィルタリングのようなものです。

HDCPをオンにしている場合とオフにしている場合で、利用できるアプリケーションに制限がかかります。

HDCPをオンにする

DVDやBlu-rayなどで映画やアニメを再生する、またはprimeビデオなどの動画配信サービスを利用する際にオンにしておく必要があります。

HDCPがオフになっている場合は、これらが利用できなくなります。

HDCPをオフにする

キャプチャーボードを用いてゲーム画面を録画したい場合、HDCPはオフにしておく必要があります。

PS4のフリーズを防ぐ安全なシャットダウン

  1. PSボタン長押しでクイックメニューを開く
  2. アプリケーションを終了する
  3. PS4の電源を切る

PS4の処理能力は非常に優秀ですが、ゲームを起動したまま、一気に電源を落とそうとすれば負荷がかかってしまいます。PS4の電源を落とす場合は、上記の手順を踏むことが推奨されています。