PS4のデータバックアップをとる方法

この記事では、PS4でデータバックアップをとる方法について解説しています。

データのバックアップをとる方法

PS4にはデータバックアップをとる方法が2つあります。

  • PSPlusのオンラインストレージへ保存する(セーブデータのみ)
  • USBメモリーにバックアップをとる

PSPlusではセーブデータのバックアップのみとることができます。

PCにバックアップをとることはできる?

USBでとったバックアップデータをPCにコピーしておくことは可能ですが、PS4とPCを直接つないでデータのバックアップをとることはできません。

PSPlusにアップロードする

  1. ホーム画面から「設定」に進む
  2. 「アプリケーションセーブデータ管理」
メニューから「本体ストレージのセーブデータ」を選びます。
「オンラインストレージにアップロードする」を選びます。
「OPTION」ボタンを押して、バックアップを取りたいゲームを選択していきます。

今回はすべてのセーブデータのバックアップを取りたいので、右上の「すべて選ぶ」を選択しました。

セーブデータの選択が終わったら、「アップロード」を押します。

セーブデータの上書きは、「すべてに適用する」に設定しておきます。

これでセーブデータのバックアップをとることができました。

自動アップロード

PSPlusへのセーブデータのバックアップですが、自動で行うように設定することもできます。

メニュー一番下の「自動アップロード」を選択します。
「自動アップロードを有効にする」にチェックを入れ、セーブデータをアップロードしたいゲームを選択します。

PlayStation公式サイトによると、セーブデータに更新があった場合、スタンバイモードや電源オフに移行するときなどログアウト時に、自動でPlayStationNetworkのサーバーに保存されるようです。

こちらで確認してみたところ、セーブデータ更新後に「アプリケーション終了」→「スタンバイモード」でPS4からログアウトした場合、すぐにPSPlus側でもセーブデータが更新されていました。

反対に「アプリケーション終了」→「電源OFF」もしくはアプリケーション終了をせずに「電源OFF」でログアウトした場合、PSPlus側のセーブデータはおおよそ2日後に更新されていました。

USBメモリーで外部保存する

PS4にUSBストレージ機器を差し込んで、外部にバックアップをとる方法です。

こちらの方法では「アプリケーション」「セーブデータ」「設定情報」「テーマ」「スクリーンショット」など、すべてのデータのバックアップをとることができます。

PS4にUSB機器を差し込んでおきます。差込口はコントローラーの有線ケーブルを繋ぐところです。

設定システムバックアップ/復元]と進みます。

メニューから「PS4をバックアップする」を選択します。

「トロフィーを〜」の表示が出る場合、該当のアカウントの「トロフィー」で「OPTION」ボタンを押し、「PlayStation Networkと同期する」を選択しておきます。

トロフィーを気にしていない方や、メインで利用しているアカウントでない場合は、同期せずに進めてしまっても問題ないかと思います。

バックアップをとるデータが表示されるのでOKであれば「次へ」を押します。

アプリケーションのバックアップですが、チェックを外してしまっても問題ありません。

ダウンロード版のアプリケーションはPSNアカウントで管理されているので、アカウントさえあれば何度でもダウンロードが可能です。

またdisc版でもPS4で読み込めば問題なく復元できます。

USBへのバックアップがうまく済めば、PS4が自動で再起動されます。

これでバックアップをとることができました。

バックアップからデータを復元する方法

PSPlusのバックアップをダウンロードする

「オンラインストレージのセーブデータ」を選択します。
「本体ストレージにダウンロードする」を選択します。
「OPTION」ボタンを押してダウンロードしたいアプリケーションを選択し、「ダウンロード」を押します。

これでPS4側のセーブデータに対して、PSPlusのセーブデータが上書きの状態でダウンロードされます。

USBメモリーからデータを復元する

注意

この方法はPS4の初期化時や移行時に行う復元方法になっています。日常的に使う復元方法はPSPlusからのダウンロードになります。

PS4にUSB機器が差し込んであるかチェックしておきましょう。

USBメモリーの場合はすべてのデータのバックアップをとっているので、PS4をいったん初期化し、その上でバックアップデータを上書きしていくという処理が行われます。

[設定][システム][バックアップ/復元]と進みます。

メニューから「PS4を復元する」を選択します。
USB機器内のバックアップデータが表示されるので、最新のものを選択します。
「復元する」を選択します。

「復元する」を選択した時点では、まだ初期化は始まりません。

しかしこの時点で「いつも使うPS4として登録する」の設定が解除されてしまいます。

キャンセルする場合は、キャンセル後にすべてのアカウントで「いつも使うPS4として登録する」をオンにしておきましょう。
最終確認が表示され、「はい」を選ぶと初期化→復元の処理が実行されます。