【PS4】北米版ソフトのおすすめ25選〜日本未発売の面白い海外ゲームを厳選〜

PS4で発売されているゲームの中には、海外でしか発売されていない面白いソフトがあります。海外ソフトと言えど、日本語字幕に対応しているものも多く、実は非常に遊びやすい設計になっています。

「海外のゲームを遊びたいけど、どれが面白いんだろう…」「日本では遊べないレアなゲームを知りたい!」そんなユーザー向けに、この記事では北米版ゲームのおすすめタイトルを25作ご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

海外版ゲームを遊ぶには?

海外版のゲームを遊ぶには、amazonや楽天などでディスクを購入するのが一般的です。ディスク版であれば日本のPS4・アカウントでも問題なく遊ぶことができるのでご安心ください。ただし「欧州版」だと、正常に動作しない可能性があるので注意しましょう。

参考 輸入版と北米版の違いなど、海外版ソフトを遊ぶ上で知っておきたい13のこと

海外ソフト25選

それではここから、北米版でしか発売されていないゲームを25作品ご紹介していきます。「メニューや字幕などで日本語対応しているのか」「プレイ人数は何人までか」という情報も記載しているので、是非参考にしてみてください。

1

DayZ

言語日本語対応
プレイ人数1人(オンラインマルチ)
発売日2019/10/15

広大な大自然を舞台にしたオンライン専用のサバイバルゲーム。ゾンビや野生動物が闊歩する世界で、オンラインでマッチングしたプレイヤー同士物資を奪い合いながら、緊張感のあるサバイバルを楽しむことができます。

おそらくPS4で遊べる本格的なサバイバルゲームとしては、この上ない完成度だと思います。特にプレイヤー同士で戦う時の緊迫感がすごいですね。負けたら集めた物資がなくなってしまう、そんな状況をなんとか切り抜けられた時の達成感はたまりません。

口コミ・レビュー

非常に高い質の緊張感が得られます。広大な土地のどこかにスポーンされ、水も食料もまともな衣服もない状態からはじめます。まずは無人の村や街を探索し、食べ物や飲み物、衣類やかばんや医療器具の確保を行います。一つでも欠ければ餓死、凍死、失血死の恐れがあります。死んでしまえば、貴方の持っていた所持物は全てなくなり、広大な土地のどこかからもう一度やり直しです。(Steam

ARKサバイバル エボルブドやコナン アウトキャストみたいにプレイヤーが有利になる設定は一切無し。もちろん難易度の変更も不可能。そのプレイヤーに媚びない高難易度が逆に中毒性があり遊び応えがあると思う。何度も何度も挑戦したくなる作りになってる。(amazon

ゲーム自体は非常に面白いです。のちのゲームへ与えた影響の大きさも頷けます。ですが数々の致命的なバグがそれを台無しにしてしまっています。ドロップしたアイテムが拾えない。アイテムを使用できない。いくら攻撃しても倒れないゾンビ。その結果どうなるか?そうです「死」です。数時間、数日間かけて集めたアイテムも、歩いた道のりも全てパーです。このゲームで一番怖いものはなにか。ゾンビ?プレーヤー?いいえ「バグ」です。(amazon

このゲームは本当に食料が見つからず、運良く見つけても食べれなくなるバグが起きてそのまま餓死、また友好的に近づいてきたプレイヤーにいきなり殺されたり、フレンドと合流しようとしてもマップが広く30分以上かかり会える頃には空腹で瀕死です。場所移動などはゲームに拷問されてる気分、マゾや暇人などにおすすめなゲームです。(amazon

2

OUTLAST Trinity

言語日本語対応(2のみ)
プレイ人数1人
発売日2017/4/25

隔離された精神病院を舞台にしたサバイバルホラーゲーム。プレイヤーの所持品はカメラのみで、襲いくる敵から逃げ延びながら施設内を探索していくこととなります。このTrinityには、『Outlast 1』と1のDLCの『Whistleblower』、『Outlast 2』の3作品が収録されています。

このゲーム、ものすごく怖いです。院内の雰囲気ももちろんですが、恐ろしい敵から隠れながら進めていく探索の緊張感といったら。ホラー好きの方には間違いなくオススメですね。1は日本語字幕に対応していませんが、クリアするのに支障はほとんどないのでぜひプレイしてみてください。

口コミ・レビュー

かなり怖いですよ。デッドスペースより怖い。無印は英語バージョンですが単純なので気にすることはないです。英語わかんなくてもできます。そして2より無印のほうが断然面白い。この手のゲームは言葉わかんなくても大丈夫、だいたいわかります。この恐怖は体感するべきです。(amazon

ゲーム内容は簡潔に表すなら1及びDLCは閉鎖空間での恐怖+比較的わかりやすいストーリー、2は森の中の宗教コミューン(自給自足の生活をする共同体)の中での宗教的メタファーを用いた恐怖+考察のしがいがあるストーリー、という感じでしょうか。ゲームプレイ自体には特別違いがないものの、恐怖の演出や舞台といった点で1と2は大きく違うので好みが分かれるところですが私としては2の方が雰囲気、ストーリー共にとても面白かったです。キリスト教や聖書の黙示録について知識があると更に楽しめるかと思います。(amazon

動画で見てこれは怖すぎると思って避けていましたがプレイしてみて良かったです。1は日本語対応していませんでしたが攻略サイトを参考にクリアしました。2も酷評ではあるみたいですが個人的に極上の恐怖を堪能できました。主人公が攻撃できず逃げがメインで難易度高いなとは思いましたが自分のようなヘタレでもクリアできました。クレイジー難易度は未だに恐ろしくて手が出せません‥‥(amazon

始めてしばらくはとても怖い。しかし、しばらくして敵が出てくると非常につまらないかくれんぼ&鬼ごっこをすることになる一気に怖くなくなる。数発ぐらいなら殴られても死なず、かといって反撃するすることも出来ないため、敵に見つかっても怖いのではなく、ただ所定の場所に逃げるしかないので面倒くさいと感じてしまう。オマケにゲームを進めても敵やこちらの行動に変化が無く、その単調さも怖さを減らしてしまう。(Steam

厳しい評価になりますが、1はおまけで☆3、2は☆0とさせていただきます。終始ゲームプレイやレベルデザインのバリエーションに乏しく、リプレイ性も無いため飽きが早いです。比較的短いキャンペーンにもかかわらず、2作目にも入るとただただ退屈で「早く終わってくれないかな」とばかり思っていました。(amazon

3

Hellblade: Senua’s Sacrifice

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2018/12/4

死者の国へ赴く少女・セヌアの道程を描いたアクションアドベンチャー。幻視や幻聴が登場するサイコロジカルホラーの面もあり、制作には精神科医のアドバイスや精神疾患者の実体験も反映されているそうです。

精神疾患をテーマにしていたり凄惨な描写があったりとかなり人を選びますが、他に類を見ない独特の魅力を持った作品だと思います。特に美しいグラフィックで表現される幻視の映像が素晴らしいですね。規制の強い日本のゲームに飽きてきたという人は、ぜひプレイしてみてください。

口コミ・レビュー

次世代機ならではのクオリティで描かれる辺獄(そして地獄)と現世の境界の恐ろしさ。目を背けたくなるセヌアの苦痛や苦悩。シンプルながらも緊迫感のある戦闘。日本国内の企業では生み出せない、海外の企業でも簡単には生み出せない、挑戦的でハイクオリティな作品。凄惨な描写かつ精神をえぐる表現とストーリーは人を選びますが、その独自性から強くオススメしたい作品です。(amazon

ゲーム内のコンバットは少しダークソウル風、つまり3人称で、避けたり、ブロックしたり、パリしたり、連続攻撃などしたりできます。いいタイミングでブロックすると、それは「パリ」になり、敵が一時的に無防備です。ヘルスのゲージなどありませんが、ダメージ受ければ受けるほど、画面に血が付いていきます。ダメージを受けずに済むと、ヘルスがいずれ回復します。(Steam

Hellbladeが持つ要素には空間パズル(謎解き)といったものがあります。すんなり解ける人もいれば同じ個所で20分30分と路頭に迷う人もいるでしょう。そういった部分で人による向き不向きはあるかもしれません。 これがなかなか解けずに時間を消費していくばかりの状態が続くと自分の手で直接神を殺したくなる程にプレイヤーの精神状態がおかしくなります。(私がそうなりました(Steam

本作はADVに少しアクション要素を加えたゲームで、1周に限って言えば他にはない視覚・音響効果を伴って素晴らしい体験を提供してくれます。ただゲームとして見た場合には色々と問題もあり、遅い移動&旋回速度、狭く地形に引っかかりやすいマップ、ワンパターンなパズルや戦闘の単調さ、スキップできないムービー、消化不良のラストバトルなど唯一の探索要素であるルーン収集で取り逃がしが出て2周目をやる事になれば、上記が際立ち苦行となります。(amazon

大体10時間ぐらいで終わる内容です。絵は確かにきれいですが、肝心要のゲーム部分が・・・・・。「シナリオ&グラフィックを頑張ったので余力が残ってません!」的な、やっつけ仕事と言ってもいいような代物で、DarkSoul的なものを期待すると「ナニコレ?」という感想しかでてきません・・・・・(Steam

4

The Talos Principle

言語英語のみ
プレイ人数1人
発売日2015/10/13

文明が崩壊した世界を舞台に、フィールドに配置された立体パズルを解き進めていく一人称パズルゲーム。プレイヤーは、MAP上に配置されたアイテムを動かしたり、トラップを切り替えたりしながらパズルを解きつつ、世界に隠された謎に迫っていきます。

パズルは立体的で、空間認識脳力や仕掛けの暗記力も試され歯応えあり。ゆえに解けた時の快感もひとしおです。美しいグラフィックで表現された、廃墟の世界にも癒されます。「ゆったりと落ち着いて、リラックスできるゲームを遊びたい」という方にはピッタリの作品です。

口コミ・レビュー

このゲームには3つの謎がある。ひとつは、パズルを解くという、謎解き要素。ひとつは、重厚な世界観があり、世界の謎をを解読していく要素。ひとつは、サムを作った会社が何故このような真面目でマトモなゲームを? パズルを解けたときは、とても気持ち良く、部屋ごとにある一つのパズルはとても短いものなので、サクサクと進められます。Portalに嵌った方に特にお勧めです(Steam

パズルゲーというと”途中までのわかりきった工程を何度もリトライする”とかいうストレスフルな経験が私自身ありますが、talosにはそのようなことは無く、大抵取り返しがつくのでトライアルアンドエラーでも全然ok。 当然ながらリトライせざるを得ない状況も発生しますがその頻度は低く、また移動速度(はやい)や操作性(やりやすい)のおかげでリトライ前の状況再現も手っ取り早くいけます。(Steam

私にとっては2014年でリリースされた中で最高のゲームだった。パズルゲームとしての難易度、ボリューム、ストーリー共にかなり質が高く「フルプライスで買っても損はなかった」と言えるぐらい満足している。音楽もグラフィックも非常に綺麗。この点は流石シリサム作った所だと思わせられる。(Steam

Portalという偉大な壁は超えられなかったという印象。ストーリーのテーマは人間の意識はどこにあるか、何を持って意識といえるかというものだが、それを言葉で直接的に語りすぎ、しかも何度も同じような長い話を聞かされる。Portalでは自然に表現されていたことなのに。(Steam

序盤~中盤は自分的に難度が易しい~やや易しいがほとんど。数はあるけど、まだつづくのか・・・という気分になってきます。難しいと感じたのは数個。面白いと感じたのは一個くらい?全体的に理詰めより気づき・ひらめきが必要なのが多く、解けてもああ~こんなの気付かなかったのかという拍子抜け感が強い。(Steam

5

Titan Quest

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜6人(オンライン)
発売日2018/3/20

ディアブロなどでお馴染みのハクスラ系ゲーム。ギリシャ神話の世界を舞台に、プレイヤーは全8種ある豊富なクラスから2つを選択して、パルテノン神殿やピラミッドなど3つの世界を冒険していきます。

少し古い作品ではありますが、ハクスラゲームとしては完成度は高いと思います。UIもスッキリしていて、内容も非常にシンプル。そんな中にも同ジャンルの魅力がしっかり詰まっています。日本語字幕の翻訳もバッチリなので、初めてハクスラ系ゲームを遊んでみるという方にもオススメです。

口コミ・レビュー

シンプル操作で派手さはないのになんだか爽快。導入部もスムーズです。「世界を救ってくれ」的な過剰な演出もなく、リアルな一介の冒険者感がたまらないです。ハクスラ系ゲームの楽しさの本質に踏み込むような純粋な楽しさはすぐに買ってよかったと思えるはず。日本語もとてもキレイで直訳のような違和感はほぼないので世界観にしっかりハマれます。(amazon

屈指の名作ディアブロ2の進化系にしてGrim Dawnと同じ開発陣によるハクスラの一つの到達点です。同じPS4のディアブロ3に比べると一長一短ですが、マスタリーと呼ばれる職業から二つを選んで自分好みに育成するのが熱いです。スキルに有限のポイントを振っていく(振り直し可)ことで確実に強くなっていくのが実感できます。マップが固定であるのとワンパターンであるのが人によっては1週目内で飽きやすいかもです。文字がかなり小さいので目が疲れるのも残念です。(amazon

ハクスラ好きなので、このゲームを購入させて頂きました。ですが会話に出る文字は小さいし、アイテムは結構ドロップするのだけど、なんか基本地味ですね。ディアブロが出来すぎてたのもありますが、それを期待して購入すると残念な気持ちになるかな。ただギリシャ神話好きな方は出て来る敵がギリシャ神話に出てくる敵なので楽しめるかも。(amazon

全体的に地味すぎる。迫力皆無の戦闘。殴って殴られてのダメージレースで、そこには戦略性はほとんどない。序盤からいつか楽しくなるだろうと我慢していたが、いつまで経っても同じ様子で、もうこういうゲームなんだと諦めた。本当に、あまりに退屈な時間が続いて眠くなる。(amazon

6

Strange Brigade

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2018/8/28

遺跡探索型のアクションTPS。骸骨やミイラといった敵を銃火器で派手に蹴散らしながら、ステージ最深部を目指します。メインストーリーはオンライン協力で進められるCo-opプレイにも対応しており、フレンドと一緒に遊ぶにはもってこいの作品でしょう。

例えるならアンチャーテッドのゾンビゲーム版といった感じ。ステージや世界観はまさにトレジャーハンターもので、そこを銃激戦を繰り広げながら進めていくことができ、非常に面白いです。アンチャーテッド好き&協力型のTPSを遊びたいという方には、この作品は間違いなくピッタリだと思います。

口コミ・レビュー

ゲーム本編はというと、アンチャーテッドや、トゥームレイダーのような遺跡探索アクション的な感じでドンパチ多めです。敵はミイラや骸骨などの遺跡の怪物です。ステージの最後にはボスがいます。4人協力プレイが推奨ですが、ソロでも充分楽しいです、背景が綺麗で観光気分でダラダラ一人で探索楽しいです。TPSシューター、協力プレイ、爽快なドンパチ、遺跡探索ものなどが好きなら是非!(amazon

海外でも日本でも評価が高いので安心して購入しました。ソロでもマルチでも面白いし、キャンペーンの他にとにかく出来る限り生き残るホードモードが収録されてるのが嬉しい。それも、どちらもマルチに対応してる事が素晴らしい。最初グラフィックがカクカクしてたのでPS4なのに微妙だなと感じました。しかしアップデート後に綺麗になったのが分かりました。後日アップデートが行われ、ホードモードのマップ等は無料、キャラクター&キャンペーンのミッションは有料らしいです。(amazon

ゾンビアーミーとかが好きだった人は間違いなく楽しめる。敵はわらわらと出てくるし、hpは自然回復ではなくポーションを使用しなければならないのでダメージを受けることへの緊張感が味わえる。背後から敵が迫っている時画面下に手のマークが表示されるので気がついたら敵が後ろに、という時がわかりやすい。弾は敵から頻繁にドロップするし、サブ武器は弾が無制限。グレネードなどもクールタイムがあるだけで実質無限に使えます。罠や必殺技みたいなのを駆使すれば、戦えなくなるという心配はないでしょう。(Steam

ストーリー1周+一通りのモードをやった手触りとしては、「様々なCoopゲームから基礎部分だけをコピーした廉価タイトル」という感想です。なかでも致命的な部分が ・プレイヤー間のアイテム・金が共有されない→戦闘も謎解きもせず、宝箱の前に張り付いた人間が独占できる ・武器や敵の種類、収集要素等が不足していて、展開も同じ→1周どころか中盤ぐらいでやることが尽きる の2点です。これから買う人は、5時間がピークの1本道TPSと覚悟して買うのをオススメします(Steam

インディ・ジョーンズとかハムナプトラとか、そういう雰囲気を味わいたい人向けのゲーム。間違ってもLeft 4 Dead 2とかKilling FloorみたいなCo-opゲーと思って買ってはいけない。(Steam

7

Earthfall

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2018/7/13

エイリアンに侵略された都市からの脱出を図るFPSアクション。名作『Left 4 Dead』をリスペクトして制作された作品であり、オンラインマルチプレイのほか、シングルプレイにも対応しています。

各ステージでは、障害物を撤去したり、進むための道を確保したりする目標も設定されています。激しい銃撃戦も楽しめながら、しっかりとストーリーを進めている感があるのも高評価ですね。「Left 4 Dead 遊びたいけど、PS4しか持ってないわ」という人は、この作品をぜひ遊んでみてください。

口コミ・レビュー

おそらくFPS上級者には物足りない作りになってると思いますが、操作性は良く、目的地へ行くだけのシンプルなルールなので分かり易くて面白い。これはオンライン協力等したら盛り上がります。ソロ・シングルでも遊び応えが十分で、クリア出来なくても次のミッションを自由に選んで遊ぶ事が出来るので嬉しい。3Dプリンターで武器やグレネードが作れるのは本当に面白いと思いました。北米版のゲームですが、キャラクター同士の会話の字幕やミッション内容も日本語なので良かったです。(amazon

L4Dを彷彿とさせる佳作。上記作品と類似点が多く、何処かの記事でL4Dに強くインスパイアされたと開発が言っていたのも頷ける作品。ハンター、ブーマー、ジョッキー、タンクに似た特殊ドローンも居る。ワラワラと定期的に出てくるエイリアンを駆逐しながら、ポイントで落ちている物資を拾い、活用しながら出口を目指すゲーム。途中色々なミッションをこなす必要がある。(amazon

全体的にボリュームが少なくシンプル2000シリーズで販売されても違和感ない感じでよくも悪くもストーリー系はLeft4deadのパクりでマルチはCODのゾンビモードのパクりに近いのでそれらのゲームにはまった人には面白いと思う。アップデートでマップやキャラクターやパークが追加されるのを期待したいが人が少ないこともあるので購入を考えてる人は一緒にできるフレンドがいるなら買うのもあり。(amazon

悪いところ ・マルチが人少なすぎて誰も入ってこない ・キャラクターが少ない(最初の四人のみ) ・マルチはパークの存在がないのでプレイヤーの腕と立ち回りがすごく重要視されてるから下手な人はノーマルより上の難易度はほぼ無理(ソロ) ・ストーリー(11ステージ)とマルチ(5ステージ)と少ないので最初は面白いが飽きが早い、一緒にプレイするフレンドが居ないなら尚更すぐ飽きる。(amazon

8

Killing Floor 2

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜12人(オンライン)
発売日2016/11/18

大量のゾンビを相手に戦うFPSアクション。各ラウンドで押し寄せるゾンビ達を、銃火器を使って爽快になぎ倒すことができます。オンライン協力のほか、ソロプレイにも対応。プレイヤーレベルやプレステージ機能も存在しており、やり込み要素も充実しています。

CODのゾンビモードが好きな人には間違いなくオススメですね。BOの頃の、「とにかくゾンビを倒してラウンドを伸ばす」というシンプルながらやりごたえのあるゲームシステムになっています。個人的にはフレンドとやるのをオススメしますが、ソロでストレス発散するのにも丁度良いのですよね。

口コミ・レビュー

コールオブデューティーのゾンビモードの用なゲームです!レフト4デッドのように大型の敵からクモ型、透明化できる型など多種類の敵をドンパチとやっつける!そして最後はボスも待ってます!このゲームは爽快感が半端ないです!グロとか言われてますが爽快感が凄すぎて気になりません。それに敵もすごい数で押し寄せてくるので気持ち悪いとか気にしてられないくらい忙しい!(amazon

良いところ ・日本語字幕&日本語吹き替えに対応しておりほぼ全てのキャラクターのセリフやアナウンスと一部ボスキャラのセリフは日本語(キャラクターの中にロボットがいますがこのロボットの声は英語です) ・最大6人まで一緒にできるからハチャメチャ感が凄い ・パークがいろいろあり最大25まで上がりプレステージ機能もありやりこめる ・定期的なアップデートのマップ追加でいまでは20種類以上のマップがありどのマップも癖があって面白い ・キャラクターの数やコスチュームの着せ替えもそれなりに自由にできる(amazon

ゲーム自体は楽しい。協力プレイもよい。ただし、このゲームには他のプレイヤーを投票で追放する機能がついている。これが曲者で、ささいな理由で追放投票を始める愚か者の恰好の玩具となっている。海外のサーバーでは特にその傾向が顕著であり、追放投票が蔓延、横行していてプレイどころではない場合もある。(amazon

バイオとかデッドラなどなど、ゾンビゲー好きなので友だちのススメで購入者したはいいものの、基本的にはCODのゾンビモードそのもので、ストーリーなどもなくこれといった特長がないただゾンビを撃つだけのゲームです。これをやるならちっと古いですがL4Dやってる方が楽しいですね。(amazon

9

Jurassic World Evolution

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2018/6/12

映画『ジュラシックパーク』の世界を体験できるシミュレーションゲーム。多種多様な恐竜達を飼育しながら、自分だけのパークを運営することができます。もちろん脱走や捕食といったトラブルも。島の管理を楽しみながら、自分だけのジュラシックパークを作り上げましょう。

グラフィックはかなり美しく、恐竜を眺めたりパークをいじったりしているだけでも充分楽しめます。よくある俯瞰視点のシミュレーションゲームではないので、迫力ある映像が見られるのも魅力。シミュレーションゲームを遊んだことがない人にも、意外とオススメなのではないかと思います。

口コミ・レビュー

ジュラシックパークシリーズのファンなら買って間違いない作品だと思います。与えられた初期資金を遣り繰りしながら、自分だけのジュッラシックパークを建設していくゲームです。化石の発掘地帯にチームを派遣して、持ち帰られた化石や琥珀から恐竜のDNAを抽出してゲノム情報を完成させていきます。好きな恐竜のゲノムを集めて復活させてパークに放した時は、童心に帰ったかの様なワクワク感を味わえました。(Steam

評価による島解放型(解放後も続ける事が可能)で全6島、最初の島の評価4で解放される島は自分の好きな様にできる箱庭の大きな島、使用できる恐竜の種類は全43種、普通に日本のPS4で日本のアカウントで使用、ディスクを入れた最初の画面から日本語で起動、日本語音声(オープニング画面や場内アナウンスは日本語を含む多言語)、日本語字幕、決定〇戻る×、トロフィー有り、アップデートは普通にダウンロードできました(amazon

経営しながら増やすだけでなく、移動したり薬を打ち込むのに車やヘリで射撃することも。また単に檻で囲むだけではなく、それぞれの好みも知る必要があり(恐竜の説明に書いてありますが)、木や草地の量、仲間の数、多種の群れを好むのか、単独を好むのか等…。最初の方はうるさくないので肉食と草食を分ければ大丈夫。ドラコレックスあたりから注意を。不満をまぁいいやで放置すると、不満から柵を壊し逃げ出します!恐竜情報からメーターが赤ラインのものを改善しましょう。まぁ多少は人死んでも評価は戻るので柵を直し冷静に対処です(原作そっくry)(amazon

基本やることは恐竜を作って資金を稼ぎ、それを元手にパークの拡充、発掘、DNAの抽出、新たな恐竜を作ってを延々繰り返す作業ゲー。T-REXまでは作ったが別に操作できるわけでもなく、ただ監視して逃げたらレンジャーを派遣して柵の修理、眠らせた後にヘリでの移送、たまーに発生するお使い的なミッションや天災…これは単に恐竜版シムシティでしかない生まれてくる恐竜は徐々に育っていく訳でもなくいきなり大人、とうぜん映画のように信頼関係を築けるようなものではない。(amazon

うん、悪くない、悪くない・・・んだけど・・・。箱庭ゲーって基本ボーッと眺めていたいじゃん?だけど快適度?MAXでも頻繁に柵が壊されて恐竜脱走、柵の修理&恐竜の空輸。すごく面倒臭い。手動で餌の保有。すごく面倒臭い。嵐の後の修繕。すごく面倒臭い。この辺の操作ってプレイヤーがいちいち操作する必要あるの?施設作ってるのに。特に餌の補充なんて自動でやってくれてもいいじゃん・・・。箱庭ゲーに『楽しさ<ストレス』になるシステムはいらないんじゃないかなぁ。(Steam

10

Astroneer

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2019/11/15

無人の惑星に降り立った宇宙飛行士となって、惑星探索や採掘を楽しめるサンドボックスタイプのアドベンチャーゲーム。拠点を作ったり、乗り物を作ってあちこち移動したりしながら、未開の惑星を開拓していきましょう。ゲームクリア後も惑星探索を楽しむことができます。

なによりも世界観と雰囲気が最高の一言。サバイバル感満載ではなく、可愛らしいタッチで描かれているので癒されるのですよね。仕事が終わった夜にゆったりしながら楽しみたい、そんなゲームです。オンラインマルチにも対応しているので、友達とワイワイ遊ぶのにも良いかもしれませんね。

口コミ・レビュー

何もないところに着陸したところから始まります。地上や地下の洞窟にある資源を集め様々な機械を駆使し、別の惑星にしかない資源などを集め最終的には遺跡のような所を起動?するみたいな流れです。一人でプレイすると黙々と資源を探したり整地したり時間を忘れて没頭していまうぐらいハマってしまいました。フレンドの方とマルチでプレイするとワイワイしながら一緒に探検したり分担して作業したり、これまた楽しく時間を忘れてしまいがちです。(amazon

ノーマンズスカイはこんなゲームだとしたら、大成功になったのでしょう。(海外の実況者たちは「Yes Man’s Sky」と呼んでいます)ノーマンズスカイと同じでAstroneerはオープンワールドサバイバルゲームですが、いろんな違いがありますね。特に、大違いがあって、それは、このゲームにはマルチプレイヤーがあります!やっぱり、このようなゲームだと、マルチプレイヤーモードがあれば、もっと面白くなりますね。(Steam

終盤はエラー連発でまともに動かず、しかもセーブポイントも守られていないため、記憶の誤差はあるでしょうが毎回3、4回前のセーブ状態からのスタートとなってしまいました。それでも何とかエンディングを見たくてマメにセーブするようにしてましたが一向に変わらずエラーが連発し、エンディング寸前になって一切セーブできなくなってしまいました。セーブ行動をすると必ずエラーで落ちてセーブ前に戻ります。行動や作業を変えてみたり、通るルートを変えたりと30回以上試してみましたがセーブできません。そのため心が折れてしまいました…。(amazon

エンディングまで見ました。PORTAL2に耐えられる人にはオススメです。3D酔いする人には向きません。下手したらPORTAL2以上に耐え難いです。ネタバレにあたるので詳しくは言えませんがカメラワークがあまりにも酷過ぎてある地点から抜け出せずSAN値がゴリゴリ減りました。自分の対策不足も原因の一端ですが、それにしてもあのカメラワークは…。(Steam

11

Battle Chasers: Nightwar

言語日本語対応
プレイ人数1人)
発売日2017/10/3

アメリカンコミックな世界観と、懐かしさのあるターン制バトルが魅力のRPG。クラウドファンディングによって制作されており、多くの支援が集まったことから日本語吹き替えにも対応しています。

ターン制バトル+豊富なスキルが揃っていることから、戦略的な戦闘が楽しめるゲームです。難易度の設定も絶妙で、スキルの使い所や組み合わせを考えないとあっという間に倒されることも。「グラフィックが綺麗な古き良きRPGが遊びたい」そんな方にはピッタリの作品です。

口コミ・レビュー

まさに古き良きクラシカル(完成された)なターン制JRPGです。ザックリと表現するとSAGAシリーズと概ね合致するシステムです。まだまだ序盤なので、今後の展開次第ではあるのですが、序盤の戦闘でも十分戦略的です。攻守選択の面白みに加え、リソース管理、技を使う際の溜め時間管理っと、考える要素が複合的で面白いです。(Steam

ダンジョン、フィールドは斜め上から見た視点で、最近の3DのTSP/FPSに慣れた目には逆に新しく感じる。グラフィクスは何の不満も感じることはない。音楽やバトルで勝ったあとのキャラアクションは昔の和製RPGを彷彿とさせる。薬や装備なども作ることができ、レベルが上がるごとに良いもの作れるようになる。まったく、昔懐かしい和製RPGの再来と言っても良いが、全てが最高ランクで完成しており、変なところが全くないのである。(amazon

とにかく敵とのバトルが楽しいです。中盤以降になるとボスはもちろん、ザコでもゴリ押しでは勝てません。でも仲間の特性を理解してそれを最大限に活かす戦い方をすれば一瞬で勝ててしまったりします。仲間は6人いますが、それぞれハッキリとした個性があるので組み合わせ次第で難易度がまったく変わってくる感じです。敵に対して最適な組み合わせを考える楽しさは他のRPGに比べても群を抜いていると思いました。(amazon

個人的にとても残念だったのは戦闘でのテンポの悪さ。キャラクターのアクションを毎度強制的に見せられる。最初のうちはよく動くなぁとほのぼの見ていられたが、それを毎回繰り返すのでストレスになってくる。無論スキップなんぞできない。そこがとても惜しい。というか、そのせいでマンネリ化して自分は途中で放置して現在に至る。いいゲームだと思います。でもオススメは出来かねます。(Steam

自分には、はっきりいってグラフィックだけのゲームでした。グラフィックの感じの良さに惹かれて買ってみたら、それだけだったという感想です。ゲームのやりすぎで目が肥えてしまったのかもしれませんが、このゲームにグラフィック以外部分を期待して買わない方がいいと思います。戦闘にしろ、ダンジョン探索にしろ、常につきまとうもっさりイライラ感。ハクスラ要素があるのですが、1つのダンジョンが長すぎて繰り返しプレイする気をなくさせます。(Steam

12

Payday 2

言語英語のみ
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2015/6/16

4人1チームとなって、銀行強盗を行うクライムアクションFPS。強固な防御システムや強力なSWAT部隊が登場し、ミッション達成までラウンドを耐え凌がなければなりません。他では味わえない、より戦略的なチームプレイが楽しめます。オンラインマルチのほか、オフラインでのソロプレイにも対応しています。

ソロプレイも楽しいのですが、やはり醍醐味はオンラインマルチでしょう。友達と集まって、ボイスチャットで連携をとりながら遊べば、まるで自分たちがエリートスパイにでもなったかのような気分が味わえるのです。

口コミ・レビュー

オンラインマルチでは みんなと分担して銀行●盗をするので何するか分からなくても、取り合えず仲間が倒れたら応急処置をしたり、突入して来たSWATの相手をしたりすれば良いです。余裕が出て来たら破壊した金庫から金塊や札束を盗むも良し。(amazon

COOP系のFPSがやりたくて購入。日本語版がないので不安でしたが、簡単な英語なのでだいたい理解できました。分からない単語はスマホの辞書で解決できます。ゲームは面白いのですが、オンラインだとステルスクリアを目指してる部屋が多くて、蹴られることもありますが気にしたら負けなので楽しみましょう。出来れば知り合いと一緒にプレイするのがおすすめです。(amazon

値段のわりにかなり遊べる。発売されてからだいぶたつがプレイヤーも多く、また高ランクばかりというわけでもなく、バランスよくランク帯に人がいる。またこのゲームの売りの一つとしてあげられる音楽だが…かっこいい!1ステージ一曲だけでリピート再生になるがトラックス数もかなりある様でなかなか。(amazon

オフライン・ソロでも遊べますが、オフラインのみの目的で購入するのは止めた方が良いです。ソロだと全くと言って良い程 面白く無いです。仲間のCPUが味気無い感じがします。PS4版で日本語版が出たら良いのになぁ・・・。(amazon

英語はまぁ何とかなります。しかし、バグが多い。マルチでやると、誰かがボタンがきかないというバグがおきます。例えば、お金を盗めない、バッグが拾えないとか。これが起こるともう致命的で、傍観者に撤するか敵を殺すだけのゲームになってしまいます。面白い内容と協力プレイが台無しです(amazon

13

Mortal Kombat 11 Aftermath Kollection

言語英語のみ
プレイ人数1〜2人(オフライン)
2人〜8人(オンライン)
発売日2020/5/26

海外で圧倒的人気を誇る対戦格闘ゲーム。アニメ風なCGではなく、アクション映画のようなリアルな格闘が楽しめるのはこの作品ならでは。そしてもう一つこの作品でしか味わえないのが、残虐すぎるグロテスク表現です。日本ではまず味わえない、本当にリアルな格闘ゲームが体験できます。

映画のようなリアルなキャラクターデザインで、リアルなアクションが楽しめるのがこの作品の魅力。個人的に海外の映画が好きなので、格闘ゲームに触ったことがなくてもハマってしまいました。Aftermath Kollection版には、リリースされているすべてのDLCが収録されています。

口コミ・レビュー

とても初心者に優しいゲーム。英語表記さえ我慢できれば、チュートリアルやトレーニングモードが丁寧に作られており、とても分かりやすいです。またストーリーモード以外は、行き詰まってもAIにプレイさせクリアさせることもできるので、難しくても詰むことがありません。(amazon

アクションの挙動が写実より(アニメのようなアクションではなくアクション映画の格闘シーンより)になっており、モデルもリアルなのでまるでアクション映画をそのまま操作しているような体験が出来ます。さらに今回のストーリーモードはまさに映画1本分と言っても過言ではないボリュームと映像の数々です。アクション映画をそのまま体感できるゲーム………面白そうじゃないですか?。(amazon

まず、このゲームとってもグロいので、そういう描写が苦手な人は絶対おススメしません。ただし、普通に格闘ゲームとして楽しむなら秀逸だと思います。しっかり教えてくれるチュートリアルもありますので、出来るまでやれば自然とシステムが身についていくはずです。ゲーム内の説明文はすべて英語ですが、英語が分からなくても格闘ゲームが好きな人なら直感で結構理解できます。(amazon

日本語対応無しなためゲームモード選択で詰まる人は詰まるかもしれません。操作に癖があります、コンボゲーといえどブレイブルー、ギルティギア感覚でやるとコンボが繋がらないため慣れるまでに時間がかかります。コレクション要素が悪い意味で多いです、コレクション要素が悪い意味で多かったのは海外のレビューでも唯一のマイナス点として挙げられていました。(amazon

14

7 DAYS TO DIE

言語英語のみ
プレイ人数1〜2人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2016/6/28

ゾンビが闊歩する世界を舞台にした、サンドボックスタイプのサバイバルホラー。プレイヤーには食糧や素材を集め、建物を建設しながら、ひたすらに生き延びることが求められます。凶暴化したゾンビや建物が破壊されるといった、リアルな緊張感のあるサバイバルが楽しめます。

一言でいえば、「ゾンビ映画の世界を体験できる一番のゲーム」です。ミッションや生存者との協力などなく、ただひたすらに生存するため、コツコツと物資を集めながら身を守っていく。クラフトや素材集めには時間がかかりますが、一度プレイすれば病みつきになる面白さがあります。

口コミ・レビュー

自分だったらこうして生き延びるのにってサバイバル法をリアルに実戦できるのがこのゲームです。本当にゾンビ世界で生き延びているようです。基本的にFPSのアクション操作なのですが、マインクラフトのような生産、建築要素もあるので、サバイバルに必要な物資や拠点、立地などを自分の手で作り出せる喜びが大きいです。(amazon

全て英語でPC版では日本語化も可能ですが、PS4では英語のままやるしかないです…しかしアイテムなどは絵(アイコン)でわかりますし、トレーダーの挨拶ぐらいしか話す人居ないですし、本当に英語が苦手な方でもすぐに苦労しなくなるほど楽しく遊べます。(amazon

この価格でこの面白さ。買って損はないし、アップデートでどんどん新要素が追加されて面白くなっている。どんな方法でもいい。創作・建築・探索・狩り・飲み食いをしながら生き残るゲーム。7日毎に大量のゾンビが襲ってくる日に備えて罠や武器や防衛拠点の準備をする。初めは怯えきって7日目を迎えるが、慣れてくると、次はどんな方法でゾンビたちを壊滅させてやろうかとわくわくする。(amazon

ゲーム内容に関しては、すでに色々出ていますので割愛します。このゲームはPS4版の発売元が既に倒産しているため、アップデートは絶望的です。一応大元の開発がなんとかしようとしているみたいですが、今のところ全く進展は無いようです(2019/6/23現在)。買うならば開発が直接担当しているPC版にしましょう。(amazon

グラフィックは期待してはならない。操作性も期待してはならない。バグはつきもの、全てを失う覚悟を。一人でやってると心が病みそうなくらいただ生きるだけ。大人しくDAYZを待てばよかった。結局全然プレイしてないです。ゾンビ版超低画質ARKという感じ。(amazon

15

The Hunter Call of the Wild

言語英語のみ
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜8人(オンライン)
発売日2017/10/2

自然豊かなフィールドで、鹿や熊といった動物を狩猟できるアクションFPS。動物に気づかれないようそっと近付いたり、寝袋にこもり何時間も息を潜めて待ったりと、サバイバルのような本格的なハンティングが楽しめます。

ゲームスタイルもさることながら、美しいグラフィックで表現された、広大なオープンワールドの世界は、散策しているだけでもウットリしてしまうほど。モンスターハンターなどと比べ、素材集めに追われることがないので、「リラックスしながら、まったりハンティングを楽しみたい」という方には特にオススメです。

口コミ・レビュー

まず広さがハンパありません。狩りの最中の移動は走るのが基本ですが、かなり頑張って走ってもMAPで見たら、ほんのちょっとの移動に過ぎません。獲物を追って大自然の中を探索するのは、けっこう時間がかかりますが、とにかくデカイ器が魅力です。(amazon

このゲーム何がいいかってグラフィックがPS4最高レベルに綺麗なのと、サウンドが気持ちいいってことです。グラフィックはRDR2の次に綺麗だと思ってます。だからとにかく歩くのが楽しいんですよ♪歩くスピードが遅いのは最初はイライラするんですけど慣れれば大した問題じゃなくなってきます。サウンドも最高。雨の音が特に好きです。鳥の声や風の音なんかも超リアル。(amazon

日本語対応となっていないが、基本的な目的は「獲物を猟る」事なのでこんな事を言ってるのかな?程度で不自由無く進行できます。確かにゲームの最初が少々難しいとは思いますが、少し長めのチュートリアルと捉えて構えれば小さな成功体験を繰り返し味わうことで確実に成長を感じられます。(amazon

難易度が高過ぎます、、。まず動物の感?が良過ぎます。大抵やっと見つけたと思った途端に逃げ始めます。一度逃げられると追いつくのは困難です(;_;)。動物も足跡や草をかき分けた跡などを簡単に見つけれる仕様ですが、足跡を追跡し始めて1時間動物が見つからないなんてことはよくあります。(amazon

画質も綺麗。動物の動きもリアル。まるで本当に狩猟してるみたい! でもよ、マップが糞広い割には全然動物いねーんだわ。だから走りたくなるのは自然なのだが、このゲーム音を立てるとすぐ動物に気付かれる。しかも風の方向次第では匂いでバレる。そして逃げられる。じゃあ歩けばいいじゃん。てなるけど主人公の歩行速度がナメクジ並みのスピードでイライラ。また歩いても音がそれなりに出る。そして私が最もムカついたこと。それは糞みたいな熊が鹿とかコヨーテを追いかけ回してるせいで動物が常にアクティブ状態になっているということ! アクティブになってると常に警戒心バリバリ若しくは走り回ってるかで全く狩れない。コヨーテと1時間鬼ごっこした時はキレました。(amazon

16

The Long Dark

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2017/8/1

雪山での遭難をテーマにした、サンドボックスタイプのサバイバルゲーム。プレイヤーは極寒の雪山の中で、食糧や薪を集めたり、動物の皮をはぎ取ったり、本格的なサバイバル体験を楽しむことができます。

ゾンビなどは一切登場せず、動物と自然が脅威となります。乏しい物資をやりくりしながら、吹雪や低体温といった危険にも対処しなければなりません。その、シンプルながら奥が深いところがこのゲームの魅力なのです。「純粋なサバイバルゲームを遊びたい」という方に特にオススメ。

口コミ・レビュー

サバイバルシミュレーションゲーム、と言うんでしょうか。要するに限られた資源の中で生き延びる、という設定をこよなく好む自分としてはこのゲームは大当たりでした。喉の渇き、寒さ、空腹、疲れ、これら全てに注意しつつ、寒さが激しい雪山を一人で生き延びる。水を飲むには→雪山なんだから雪を溶かせばいいじゃないか→では火が必要だ→火口はどこだ、燃料はどこだと探し回る。疲れている→早く寝なければ!→しかしシェルターがなければ寒さを防げないし、何より野生動物が怖い→近場にシェルターが無いか探そう…などと忙しいゲームです(笑)(amazon

SEやBGMがとても聴き心地が良く、雪山の過酷かつ美しい自然と孤立感にマッチしていて素晴らしいです。開発者の音へのこだわりを感じられると思います。ストーリーは人それぞれかもしれません。私は探索や冒険が好きなので堪らないのですが、人によっては作業ゲーと感じてしまうかもしれません。このゲームの面白い所はやはり計画を立て、行動したり、困難を乗り越えるために素早く正しい選択を選ぶことなど自分で試行錯誤する楽しさにあります。(amazon

グラフィックはPS3どころかPS2レベルかもしれません。主人公の男女もホワイトを基調とし過ぎたデザインで癖が強いです。が!がっ!上質の冬山遭難を体験できます。主なゲームモードは期間限定イベント(現在はハロウィン風?)、ストーリーモード、サバイバルモード、チャレンジモード(短時間で完了するミッション形式)の4つ。手始めに死が唯一の終焉のエンドレスのサバイバルモードに手を出してしまいましたが、まずはストーリーモードから着手する事を勧めます。(amazon

ストーリーモードはあくまでおまけです。ストーリーモードで操作を覚えてサバイバルモードで生き延びるゲーム。焚き火に火をつけるのすら一苦労、晴れていたのに急に吹雪いて手近な小屋に避難したり、とにかく死なないように生きるリアリティと、雪山の雰囲気と効果音はとにかく秀逸で、アニメ調のグラフィックにもかかわらず臨場感ではこれを上回るものはないと思う。ただし非常にストイックな内容なので、人によっては辛い作業と感じるかもしれない。そういう意味ではあまり万人におすすめできない。(Steam

17

PROTOTYPE

言語英語のみ
プレイ人数1人
発売日2015/7/14

謎のウイルスに感染した男を操作し、ニューヨーク市内を暴れ回るアクションゲーム。主人公の超人的な力を駆使し、軍隊やほかの感染者といった敵対勢力との爽快な戦闘が楽しめます。本作は1・2・DLCがセットになった、コンプリートパックになります。

グロテスクな表現と爽快なアクションで、コアなゲーマーから人気を博している作品ですね。触手やクリーチャーの爪のような異形の武器を使い、一般人やアメリカ軍すらも殲滅できてしまう、非常に爽快で自由度の高いゲーム。バイオな雰囲気の爽快なゲームがやりたい方には、間違いなくオススメです。

口コミ・レビュー

とにかく主人公が軍や化け物相手に超人的な力で闘っていくんですが、戦闘システムが爽快でメチャ楽しいです。1より難易度下がったみたいですが、ライトユーザーの私にはちょうど良いゲームバランスでした。敵を吸収して、記憶とパワーを奪うのも面白い。正直洋ゲーには苦手意識があったんですが、このゲームは色んな意味で別格でした。本当に日本版が出て欲しかったですが、グロ過ぎる?描写がやはりCEROに引っかかったのかな。(amazon

このゲームをやってると、荒木飛呂彦先生の「バオー来訪者」を思い出させます。とにかくアレックスの性能が無敵状態でやりたい放題ぃぃ!どんだけ高いところから飛び降りても死なず、人間ばなれした身体能力です。HP少なくなったら街の人を取り込んで栄養補給というエグさぁぁぁ!!もう、やりたい放題に暴れる爽快感を味わえることでありましょう。(Steam

破壊は出来て楽しいがもうちょっと処刑みたいな技が欲しいですね。同じような技を連発して倒す無双みたいな感じで飽きやすいです。ビルとか破壊できるだけパワーがありそうなので壊せなかったりで期待外れでした。(amazon

クリア後は、能力を引き継いだままリスタートする事が出来るんですが、正直、2巡目をやる気にはなりませんでした。キャラが強すぎるのも考えものかもしれません。ある時からほとんど苦労しなくなるので、新鮮みがなくなります。一般人と敵の種類のバリエーションが少ないので、見飽きた感も拭えませんし。レベルを上げたり、収集物を集める等、クリア後もやる事はあるのですが、自分の場合は、割と速い段階で熱が冷めてしまいました。(amazon

18

Sniper Elite 4

言語英語のみ
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜12人(オンライン)
発売日2017/2/14

第二次世界大戦を舞台にしたタクティカルシューター。本作はスナイパーに特化したシューティングゲームであり、他作品では味わえない狙撃の快感を体験することができます。シングルプレイのほか、オンラインマルチプレイも実装されています。

4まで発売されている人気シリーズですが、初心者でも入りやすいのがこの作品です。今作からはMAPが広大になった分、各ミッションの攻略ルートにかなり自由度があります。「スナイパーで狙撃もしつつ、近接でガンガン攻めたステルスをやりたい」そんなユーザーにもマッチするゲームになっています。

口コミ・レビュー

『Sniper Elite』今シリーズのプレイフィールは、これまで殆ど変わる事はなかった。が、今作『Sniper Elite4』で一変した。諸手を挙げ、「今作のシングルプレイは最高の面白さだ!少しでも興味があるなら今すぐ遊んで欲しい!」と、オタク特有の早口で捲し立てながらオススメしたい。(Steam

スナイパーエリート3より面白いし、オープンワールドを採用した事によって自由度が増した。色々なルートから攻略出来るし、隠れられる場所が増えたので敵にバレても逃げ切れる率が高くなった。最初なのでイージーで遊んでますが、とにかく敵の数が多い。こんな敵が多くてクリア出来るのかなと思っても、意外とクリア出来ちゃいます。(amazon

スナイパーとして戦場を駆け巡りたい方にはオススメしたい。1ミッション慎重にやると2時間くらいかかり、9ステージくらいあるので充分楽しめそうである反面、後半は同じことの繰り返しになるので飽きるかもしれないが武器チャレンジやマップ上爆発物などで路線を変えるとまた楽しくなる。なんだかんだでやり続けちゃう本作は買ってよかったかと。次回作出たら買いそうです。(amazon

ノーマルでも難しくて何度もリトライするので1ステージに時間が掛かるし、しゃがみ移動が遅いのでテンポよく進めることが出来ない。ステルスで行きたいけど移動の遅さと敵の多さで結局戦闘になってしまう。マップが広くなったことで、今度は移動が面倒という欠点が生じてしまっている。狙撃の待ち時間はあっても良いけど、移動時間の長さはダレる原因になると思う。(Steam

19

Zombie Army Trilogy

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
2人〜4人(オンライン)
発売日2015/3/3

人気FPSシリーズ『Sniper Elite』のスピンオフにあたるゾンビゲーム。大量に登場するゾンビを、スナイパーで狙撃する爽快感が味わえます。この作品は1.2.3のコンプリートパックになっています。

L4DやWorld War Zのような、チャプタークリア型のゾンビゲームです。オンラインマルチにも対応しているので、フレンドとワイワイ盛り上がるのにもオススメ。ちなみに、最新作の4からは日本でも発売されています。

口コミ・レビュー

ゾンビたちはヘッドショットで決めないと復活したり、頭以外は撃ってもなかなか倒れない、物量で攻めてくる。やりごたえのあるゲームです。ソロではコンピュータの仲間はつきません。ゾンビだらけの街に一人でほっぽり出されチェックポイントを辿って淡々とゾンビを狩るゲームなので一人でプレイすると少し寂しくなりますね。友達にも買ってもらって一緒にプレイしたほうが楽しいゲームです。(amazon

ゲーム内容は私のようなゲーム下手くそプレイヤーでもそこそこ進めますが、1人だと中々高い難易度ですね。1つのソフトで2名とかはできないので、マルチプレイになってしまいます。元となっている「Sniper」の派生作品でスナイピング主体(ヘッドショット必須)なので、苦手な方は苦手かもしれません。慣れるととても爽快感があっていいですね。(amazon

ボリュームがすごいです。1.2.3入っているのでストーリーもわかります。なんと起動するだけで日本語になっているので困ることもありません。シリーズを進めるにつれゲーム性も向上していくので飽きることなく最後までプレイできました。(amazon

メイン武器はスナイパーライフルなのですが、この手のゾンビラッシュゲームには合いませんね。爽快感は低く、ストレスばかり溜まります。途中からサブのマシンガンばかり使っていました。難易度は微妙に高いのでシューターに慣れていない人にはちょっと厳しいかもしれませんね。因みにストーリーはあってないようなものなので期待してはいけません。マルチでやれば評価も変わってくるのかもしれませんが、ソロ好きの私にとっては定価の価値は間違いなくありませんね。(Steam

一応難易度ノーマルで最後までクリアしました。しかし内容が単調すぎてソロでやると1~2時間で飽きます。ラスボス以外は1種類しかいないボスが3回も出てきて、それ以外はひたすら雑魚ラッシュの繰り返し。ちょくちょく出てくる特殊ゾンビも手ごわいというよりうざいだけでした。一本道かつ敵の出現パターンが固定なので余計に飽きが来るのが早いです(Steam

20

Red Faction Guerilla

言語日本語対応
プレイ人数1人(オフライン)
最大16人(オンライン)
発売日2018/7/3

人々が移住した火星を舞台に、統治するEDFに対し、抵抗組織『レッドファクション』の一員となって戦うアクションTPS。広大なMAPを自由に移動できるオープンワールドでもあり、プレイヤーはゲーム内のほぼ全てのオブジェクトを、ダイナミックに破壊することができます。

一番の魅力は、なんでも破壊できるという自由度です。建物や乗り物を破壊したり、乗り物に乗って敵兵士を轢くこともできたりと、かなり爽快。ムシャクシャしたり、ストレスが溜まっている時にやると、なお楽しめるゲームでしょう。本作はPS3で発売された同名作品のリマスター版になります。

口コミ・レビュー

現場へ行って破壊してさっさと引き上げる、それだけです。ハンマーでなぐってもよし、爆弾で吹っ飛ばしてもよし、工事現場からダンプをパクって突っ込んでもよし、原子破壊銃で柱を消して倒壊させるもよし、ミサイルタンクを奪って無双するもよし。ライフル1丁で突撃するのもまた自由です。ただ今となっては古いゲームで、けっこうザックリした内容ですのでそこは生暖かい目で見ていただきたい。(amazon

一昔前のゲームですが、良く出来たシューティングゲームだと思います。敵の施設を破壊したり雑魚を倒して敵軍の士気を低くすると次のミッションが発生したりする。サブクエスト的な物もあります。キャラクターがヌルヌル動くので 快適に遊べるのと、追加コンテンツがいきなり遊べるのは大きい。ファンはもちろん、古き良き懐かしいシューティングゲームが好きな人にはオススメ出来ます。破壊も銃撃戦も凄くハマる!!(amazon

リマスターの出来ですが、最高レベルだと感じました。クッキリとボケのないテクスチャ(恐らくほとんど全部張り替えられていると思います)、より深みを増した光の表現、本作のキモである破壊描写の精緻で矛盾の少ない表現、まさに望んでいた通りのリマスターだと感じました。ただし、若干の処理オチというか、カクつく瞬間があることは否めません。PS3版のスムーズさがわずかに損なわれています。(amazon

×キャラクターの操作性が悪い。特に武器の切り替えが厄介で、ボタン1つでホイホイ変更出来たら良かったのに。コントロール設定をしても慣れるまで扱い難い。 ×敵を銃で撃つ感じが軽い。もっとコントローラーのバイブレーションを強くして欲しかった。 ×何処へ行こうと見た目が同じなので飽き易い人は すぐに飽きると思う。 ×ファストトラベルが無い。(自分は無くても問題無かったですが)(amazon

×キャラクターの操作性が悪い。特に武器の切り替えが厄介で、ボタン1つでホイホイ変更出来たら良かったのに。コントロール設定をしても慣れるまで扱い難い。 ×敵を銃で撃つ感じが軽い。もっとコントローラーのバイブレーションを強くして欲しかった。 ×何処へ行こうと見た目が同じなので飽き易い人は すぐに飽きると思う。 ×ファストトラベルが無い。(自分は無くても問題無かったですが)(amazon

21

Shadow Tactics

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2017/8/1

日本の戦国時代を舞台にした、見下ろし型のステルス&ストラテジー作品。狙撃手や罠師など、特性を持った5人のキャラクターに指示を出しながら敵陣を攻略していく、戦略性の高いゲーム内容が楽しめます。

難易度は高めですが、戦略はプレイヤー次第に組み立てることができ、攻略方法にも自由度があります。ステルスというよりはパズルゲームに近い印象です。「頭を使うような、やり応えのあるゲームを楽しみたい」という方にはピッタリの作品です。

口コミ・レビュー

ゲームとしてのジャンルはリアルタイムストラテジーに分類されるようですが、遊んだ印象としてはパズル的な要素が強いと感じました。偶然や運の要素が少なく、将棋のように敵の動きや反応を予測しながら進めていくタイプのゲームです。舞台は江戸初期の日本となっており、クォータービューで描かれた画面は緻密に書き込まれています。海外の映画やゲームにありがちなように若干、違和感のある日本描写ですが、これはこれで面白さがあります。(なお、音声・字幕ともに日本語対応となっています。)(amazon

この作品の特性として自分でキャラを動かす以外に仲間の5人に細かい指示を設定する事ができます。指示を与えた後、作戦決行命令を出すと同時に動作を開始するので、一度に三人葬りさったりおとりと同時に移動するor銃撃と共に突撃など自分だけの様々な戦略を生み出す事ができます。(Steam

見おろし型ステルスゲー。成長要素等なしで用意されたキャラ、ステージ式。ストアの動画で分かると思いますが、なんちゃって江戸時代。どちらかというと武侠物に中世、近世の日本を融合したような感じ。日本語は”それほど”違和感なくボイス&テキスト完備。中国っぽい服や鎧、建物。ヘンテコな将軍の謁見室が許せてステルスゲームが好きな人にお勧めです。(Steam

いわゆる潜入ゲームですが難易度が極めて高いです。敵の索敵範囲が異常に広くほんの短い時間入るだけで発見されます。そして速攻で大挙して襲い掛かってきます。発見されたらほぼ確実に死あるのみで逃げ切っても大量の増援が現れるので体力の意味はほぼない。ノーマルレベルでやってるのに1分に一回はクイックセーブをしなければならないほどシビアです。(Steam

私はこのゲームを投げた。理由はキャラクター操作が余りにストレスの溜まる仕様だったから。移動にはじまり一挙手一投足全てが鈍く、合間合間に開発が意図してプレイヤーの行動を阻害しようとしているとしか思えないディレイが挟まっていたりする。兎に角キャラクターのレスポンスが悪いのだ。恐らくそれで強引な進み方を潰し、パズル的難易度を確保しているのだと思うのだが、行き過ぎてストレスになっている。(Steam

22

A WAY OUT

言語英語のみ
プレイ人数2人(オンライン)
発売日2018/3/23

刑務所からの脱走を図る2人の囚人を、それぞれ2人のプレイヤーで操作する協力プレイ専用タイトル。映画のようなストーリー展開と、ド派手な演出も見どころです。ゲームを持っていない友達でも招待できるフリートライアル機能で、誰とでも最後までゲームを楽しむことができます。

持っていない友達とゲームを進められる、という所が非常に魅力的ですね。2人で協力しながら脱走を図るという展開は、本当に自分たちが囚人にでもなったかのような没入感。「友達と一緒に、何か協力ゲームを遊びたい」という人には、非常にオススメの一作です。

口コミ・レビュー

久しぶりに名作に当たりました。映画さながらのカメラワークに演出、ミニゲームなどもありストーリー以外も中々に楽しめます。終盤の展開は必見! ドンパチ、ステルス、チェイスなどのアクション要素も配分が素晴らしいです!ボリュームは値段相応だとは思いますが、個人的には値段以上の価値がありました!coop専用という意欲作でしたが正に完璧でした。もう一度言います 名 作(amazon

誰かと一緒にできる最高のゲーム。すごく面白い。画面分割でゲームする独特さ。凄くストーリーもしっかりしていた(amazon

購入を考えてる人のためにも注意点をあげます。まず、ネット環境が微妙だとゲームを始められません。Co-opのゲームということで一人でのプレイはできません。一緒にやる友だちがなければオンラインで探してやることは可能ですが、ゲーム自体がマッチングしてくれるということはありませんので、自分で探すしかないです。普通にコントローラーを2つ用意すればオフラインでも2名でプレイは可能なようです。まずはネット環境を一新してまたチャレンジしようと思います、、いろいろ調べてから買うんだったなあ…(amazon

23

Slime Rancher

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2018/8/21

スライムの飼育・管理が楽しめる、スローライフ系のシミュレーションゲーム。プレイヤーは吸引機を使ってスライムを集め、飼育し、スライムから出たマテリアルをお金に換えて、マイハウスをアップグレードしていくことができます。

可愛いスライムと一緒に過ごせる「牧場物語」のようなイメージですね。マイハウスをアップグレードしていくのも達成感があって良いですが、何よりもスライムを眺めているのが一番楽しいゲームです。学校や仕事で疲れている方は、このゲームでぜひ癒されてください。

口コミ・レビュー

現在小3の息子が、幼稚園の頃から欲しがっていました。今年やっとPS4を購入したのを機に買ってみました。子供はもちろん楽しんでやっています! 私もやってみましたが、最初の印象としてはとても楽しいです。キャラが可愛いのもですが、スライムやニワトリ、作物を育てたりするので、収集&所有欲が満たされて意外に大人でもハマりそうな予感です(^-^;)。海外版でも普通に日本語対応なので、そこは安心して購入されても大丈夫ですよ☆(amazon

『Slieme Rancher』はそのゲームデザインというか、設計に成功しているように思う。例えば、最初はスライムを集め、餌を集め、スライムの出すマテリアルをお金に換え、という「ゲームの基礎」を重点的にやっていく。すると、手に入るスライムも種類が限られてくる。何よりも餌が余る。餌が余ったら、道中にいた謎のデブスライムに与えてみる。こいつ、如何にもお供えするキャラクターヅラしてるもんな、ということで余った餌を与えてみる。あるいは依頼をこなしてみる。そうすると、新しい展開がやってくる、みたいに「出来ること」が徐々に広がっていく感じが快適である。(Steam

マイハウス付近には空きスペースがいくつかあり、そのスペースを購入してスライム達の住む柵を建てたり、果物の実がなる木を植えたり、果物などをしまっておける倉庫が買えます。それぞれにアップグレードがあり、柵の高さをアップグレードしてスライムが外に飛び出すのを防止したり、果物の木にスプリンクラーを設置して成長を促したり、倉庫の最大枠を増やしたり、アップグレードで色々と追加できるのも魅力的で、もちろん施設も他に色々あります。(Steam

×拠点と色々なロケーションを一発でワープ出来るファストトラベルが無い。 (一定の場所にワープゾーンあり)いつでも好きな時に拠点へファストトラベルが出来たら良かったと思う。ワープゾーンが見付からないとイチイチ自分の足で拠点まで戻る必要がある。×飛行アクションの使い勝手が悪い。(amazon

×拠点と色々なロケーションを一発でワープ出来るファストトラベルが無い。 (一定の場所にワープゾーンあり)いつでも好きな時に拠点へファストトラベルが出来たら良かったと思う。ワープゾーンが見付からないとイチイチ自分の足で拠点まで戻る必要がある。×飛行アクションの使い勝手が悪い。(amazon

序盤は面白い、しかし後半に様々な要素が出て来ると、ゲームシステムの不備が見えてくる。 特に疑問に感じるのが、アイテムを持てる数が異様なまでに少ない点。四種類のアイテムしか持てないと言うのは幾らなんでも異常に少なすぎないか。能力強化もスタック数が増えるだけで、種類はずっと四種類のままで利便性が改善しない。(Steam

24

Monstrum

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2020/5/22

逃げ場のない貨物船の中から脱出を目指すサバイバルホラー。プレイヤーは、毎回ランダムに生成される貨物船の中で、3種類のモンスターから逃げることとなります。船内を探索しながら、ヘリや救命ボートなど、複数ある脱出方法へと辿り着きましょう。

朽ちた貨物船の中で追いかけっこするという、なんとも雰囲気のあるホラーゲーム。実際にプレイしてみると、思いのほか音が響いたり、暗かったりで、ものすごく怖いのですよね…。ホラーが得意な人はもちろん、苦手な人もぜひプレイしてみて欲しい作品です。

口コミ・レビュー

2匹の化け物から逃げ回りながら、脱出に使うアイテムを集めていきます。主人公は一切の戦闘手段を持ちませんが、化け物は音に敏感な性質をもつので、物を投げたりして音を立て、おびき寄せたりといった方法で逃げることができます。もちろんロッカーなどに逃げ込むこともできます。化け物は耳がいい反面、目は悪いので、机の下に潜む程度でもスルーしてくれたりします。船の内部構造やアイテム配置は毎回ランダム生成されるため、毎回スリルある展開を楽しむことができます。脱出ルートは4種類あるようです。それぞれ必要なアイテムが異なります。(Steam

しばらくプレイして、正直な所、買った事を後悔しました。これは臆病者の私が買うべきゲームでは無かったと。どこかのダクトからガンガン移動している音、ジュルジュルと何かが這いずりまわる音、ダン ダンと、徐々に近づいてくる大きな足音、化け物の咆哮・・・あまりにも怖い。音が怖い。まず一番最初のロッカーを開ける段階で怖い。何が怖いって、主人公は全力でスパアァン!!と開けるんです。音でかすぎだよ・・・勘弁してよ・・・そして廊下に出て少し歩くといきなり耳元でブシャァア!!と爆音。機関エリアの廊下には壊れたパイプがあって、そこから蒸気が噴出すんです。正直、腰抜かしました(Steam

しばらくプレイして、正直な所、買った事を後悔しました。これは臆病者の私が買うべきゲームでは無かったと。どこかのダクトからガンガン移動している音、ジュルジュルと何かが這いずりまわる音、ダン ダンと、徐々に近づいてくる大きな足音、化け物の咆哮・・・あまりにも怖い。音が怖い。まず一番最初のロッカーを開ける段階で怖い。何が怖いって、主人公は全力でスパアァン!!と開けるんです。音でかすぎだよ・・・勘弁してよ・・・そして廊下に出て少し歩くといきなり耳元でブシャァア!!と爆音。機関エリアの廊下には壊れたパイプがあって、そこから蒸気が噴出すんです。正直、腰抜かしました(Steam

マップのランダム生成とアイテムのランダム配置はあまり面白くないかなと思います。リプレイ性の向上と、毎回新鮮なスリルをという狙いはわかりますが、ランダムすぎて攻略のために依って立つとっかかりがないため、とにかく総当たりでアイテム収集しなければならず、個人的には合いませんでした。ランダム性には好き嫌いが出るかもしれませんが、怖さは折り紙つきなホラゲです。とにかく怖いゲームを求める方にはおすすめです。(Steam

マップのランダム生成とアイテムのランダム配置はあまり面白くないかなと思います。リプレイ性の向上と、毎回新鮮なスリルをという狙いはわかりますが、ランダムすぎて攻略のために依って立つとっかかりがないため、とにかく総当たりでアイテム収集しなければならず、個人的には合いませんでした。ランダム性には好き嫌いが出るかもしれませんが、怖さは折り紙つきなホラゲです。とにかく怖いゲームを求める方にはおすすめです。(Steam

25

RiME

言語日本語対応
プレイ人数1人
発売日2017/5/26

謎の島で目覚めた少年が、自らの謎を解き明かしていくアクションアドベンチャー。隠されたアイテムを探したり、島の遺跡のパズルを解いたり、美しい風景に包まれた魅力的な世界を探索しましょう。

絵本のような可愛らしいタッチに加え、ものすごく心地よいBGMもあり、プレイしているだけでリラックスできてしまいます。謎解きも優しいので、まったり楽しむのにちょうど良い作品ですね。雰囲気的に、『ICO』が好きな方にはピッタリなのではないかと思います。

口コミ・レビュー

少しマットなイラスト風グラフィックが物語に非常にマッチしています。どのステージも外の風景、遺跡群などの背景が幻想的で素晴らしいです。また特に良いのが音楽。これは本当に素晴らしい。すべてのシーンにマッチした壮大な音楽は完璧だったと思います。ゲームも面白かったですが、「音楽が良かったな」という印象の方が強く頭に残るぐらいです。(Steam

謎解きの難易度はかなり手加減している印象で、手詰まりになることはなかった。戦闘要素はなく、アクション性も大して問われないので、色彩豊かな世界をのんびりと進めるとよい。プレイ時間は8時間ほど。コンプリート要素があるようなので、実際はもう少しかかるかな。(Steam

広いスカスカのステージ、一本道のパズルステージ、ほぼ移動だけのステージ。イベントだけ見せてくれよと思ってしまうレベル。雨の遺跡ステージは早くこれ終わらないかなとすら思った。が、それぞれの世界観やグラフィック、音楽の融和性は素晴らしい。もう少しゲームを進めさせる動機やゲームとしての気持ちよさを入れてほしかった。雰囲気ゲー大好きな自分にとってはとても惜しい作品(Steam

私が最初に中だるみして止めそうになった部分・・・ステージ1とステージ2のマップの広さです。とにかく広い。何の説明もないので、ひたすらマップを歩き回る事になります。一応ヒントの「キツネ」さんがいて「キツネ」さんがいる場所が目的地だったりするのですが、マップが広すぎてその「キツネ」さんが見つからない。水中まで潜れる作り込みはちょっと感動して素晴らしいと感じましたが、オープンワールドのゲームじゃないんだからそこはストーリーの道しるべが欲しかった。(Steam

ダウンロード版で遊ぶには?

海外ゲームをダウンロード版で購入するには、専用の海外アカウントを作成し、海外のPSStoreへアクセスする必要があります。海外のPSStoreから購入して遊ぶまでの詳しい手順については、以下の記事をご覧ください。

まとめ

海外では、日本で未発売のゲームもたくさんリリースされています。海外映画のような重厚なストーリーを楽しめるもの、日本では味わえないゴア表現やホラー演出が魅力のもの、オンライン協力でゾンビやエイリアンを倒せるものなど、日本のゲームとは一味違った面白さを体験することができるものも多いです。「日本のゲームだけでは物足りない」という人は、ぜひ一度遊んでみてください。