【PS4】北米アカウントの作成方法をわかりやすく解説

この記事では、海外アカウント作成の流れを順を追って解説しています。

今回は「北米アカウント」を作成します。画像をたくさん使って解説しているので、ゆっくり確認しながら進めてみてください。

序盤では海外アカウントを取得する意味について触れていますが、必要に応じて目次から読み飛ばしていただいてかまいません。

海外アカウントとは?

PSNで使える海外用のアカウントのことです。

PSNアカウントはアカウント作成時に居住地を海外に設定することで、その国のアカウントを作成できるようになっています。

とはいえ公式に推奨されている方法ではありません。今のところそういった話は聞いたことありませんが、アカウント利用中にもしかしたら何か不都合が出てくるかもしれません。

海外ソフトは日本のPS4でも遊べる?

DL版・ディスク版ともに、日本のPS4/PSNアカウントでも問題なく遊ぶことができます。

海外アカウントを取得する理由は?

日本版PSStore
北米版PSStore

利用できるPSストアは、アカウントの国籍によって変わってきます。

そのためPSストアから海外タイトルを購入して遊ぶためには、国籍が海外のアカウントを作成する必要があるのです。

amazonでdisc版を買うなら海外アカウントは必要ありません。そのままdiscを読み込めば、どのアカウントでも好きなように遊ぶことができます。

すでに作成したアカウントを海外アカウントに変更できる?

PS4のアカウントは作成時の「居住地」によって変化してきます。この「居住地」は作成後に変更することができません。

そのため新しく”海外に居住している体”でアカウントを取得する必要があるのです。

他のアカウントでも遊べる?

PS4には、同じPS4でログインしているアカウント同士で、購入したゲームを共有できる機能が備わっています。

そのため海外アカウントで購入したゲームは、PS4内の他のアカウントでも遊ぶことができます。

もちろんトロフィーもセーブデータも個別に取得することができます。詳しくはの記事でまとめています。

【PS4】北米版ゲームをプレイする方法をわかりやすく解説

要は「メインアカウントで海外のゲームが遊びたいけど、日本アカウントだから購入できない!」「購入用の海外アカウントを作成して、共有機能で日本アカウントで遊ぼう!」という流れなわけですね。

海外アカウントの作成方法

それでは作成していきましょう。

作成にはメールアドレスが必要になり、他のアカウントで使ったものは使用できません。Gmailなどで新しく取得しておきましょう。

【2020年版】Gmailで新しいメールアドレスを作成する手順

アカウントを新規作成

電源ユーザーを切り替える]と進みます

新しいユーザーユーザーを作成する]と進みます。この後使用許諾契約が出てくるので、「同意する」を選択しましょう。
次へ]を押して新規アカウントの作成手続きへと進みます。
新規アカウントを作成する場合は、一番下の[初めてですか?]を選択します。この後画面が切り替わったら、[今すぐ作成する]を選択します。
注意

ここから手続きが英語に切り替わります。とはいっても、特に難しいことはありませんのでゆっくり入力していきましょう。

アカウント情報の入力

ここが海外アカウントを作成する上で一番肝心な部分です。[国/地域]を[United States]に変更します。

言語は自動で入力されるので、一番下の「生年月日」のみ入力しましょう。必ず18歳以上になるように調整しておきます。

続いて郵便番号を入力していきます。今回は例としてサンフランシスコのものを使用しました。番号を打つと「city/State」の欄は自動で入力されます。

郵便番号についてはこちらのページが参考になりました。USPS ZIP CODE(アメリカの郵便番号)ちなみにオレゴン州やモンタナ州などは、日本で言う消費税が掛からないそうです。確認はしていませんが、これらの州で登録すると購入額が安くなるかもしれません。

続いてメールアドレスとパスワードを入力します。下の2つのチェックボックスはどちらも外しておきます。
アバターを適当に選択して、IDと名前を登録します。海外タイトルを購入するためだけのアカウントであれば、IDは適当なものかオススメIDでも良いでしょう。

PSN上ではアカウントIDのみが表示され、ユーザーネームは他のユーザーには公開されません。

ここはスキップでもOK

ここからはPSN上でのプロフィール公開範囲やプライバシー設定を行っていきます。

とはいっても海外タイトル購入用にアカウントを作成しているのであれば、すべて「Next」選択でも大丈夫です。

最後に規約に同意するかどうか聞かれるので、「accept」を選択します。

これでアカウントが作成できました!

メールアドレスの確認

ここからはアカウントにサインインできるよう、メールアドレスの確認などを行っていきます。

こちらの画面が表示されたら、先ほど登録したメールアドレスに届いているメールを確認しにいきましょう。

もしもメールアドレスをすぐに確認できない場合は、Do This Laterを選択しておくと後からでも確認することができます。

PlayStationから届いたメールを開いてVerify Nowをクリックします。ブラウザを開くよう表示が出るので好きなものを選択しましょう。
そうするとこちらの画面が表示されているかと思います。これでメールアドレスの確認ができました。
メールアドレスの確認が完了したらPS4画面に戻り、[Already Verified]を選択します。

ここもスキップでOK

プロフィールの背景画像やパスワードに関する設定ができますが、ここはスキップしても良いでしょう。

PSPlusへ加入するか聞かれるので×ボタンでスキップしましょう。

PS4にサインイン情報が保存されたという表示を確認できれば、アカウントの作成は完了です。お疲れ様でした。