【PSVita】PS3、PS4のリモートプレイのやり方と終了方法(PS3は非実用的)

PSVitaは、PS3やPS4のリモートプレイにも対応しており、インターネット環境さえあればどこでも好きな場所でゲームを遊ぶことができます。レベル上げなどのちょっとした作業や寝転んでゲームをしたい時にも、リモートプレイはピッタリの機能なのです。

この記事ではPSVitaのリモートプレイについて、やり方や解除方法、対応デバイスや操作方法、コントローラーは使えるのかなど遊び方をまとめて解説していきます。この記事を読めば、PSVitaのリモートプレイは完璧にマスターできますよ。

PSVitaはリモートプレイができる

PSVitaはリモートプレイに対応しており、PS4やPS3のゲームをストリーミングして遊ぶことができます。PS4のリモートプレイはスマホやタブレット、PCでも可能ですが、PSVitaなら操作性や画質も良好のままプレイできるという魅力があります。

まるでPS4が携帯ゲーム機になったかのような操作性で遊べるのが、PSVitaを使ったリモートプレイのメリットなのです。

PSVitaのリモートプレイの対応状況

デバイス対応状況
PS3
PS4
PS5

現在のところPSVitaは、PS5以外のデバイスでのリモートプレイに対応しています。ちなみにPS5はPS4へのリモートプレイに対応していますが、「PS4経由でVitaでPS5をリモートプレイする」ということもできません。

対応しているゲームソフトは?

PSStoreの商品ページで、[リモートプレイ対応]と記載があるものは対応しています。

中には記載がないものもありますが、とはいえ実際のところはほぼすべてのPS4タイトルがリモートプレイに対応しています(参考:PlayStation)。

1.リモートプレイのやり方(PS4)

それではここから、PSVitaでPS4のリモートプレイを行う手順を解説していきます。リモートプレイを行う際には、事前にPS4側の設定を変更し、電源を入れておく必要があります。

①PS4のリモートプレイ設定を変更する

設定アカウント管理]と進み、メニューから[いつも使うPS4として登録する]を開き[登録する]を選択します。
続いて、[設定リモートプレイ接続設定]と進み、[リモートプレイを有効にする]と[PSVita/PSTVと直接接続する]にチェックを入れます。
設定省電力設定スタンバイモード中の機能を設定する]と進み、すべての項目にチェックを入れておきましょう。

②PSVitaで[PS4リンク]を起動する

Vitaのホーム画面から[PS4リンク]をタップし、メニューから[リモートプレイ]を選択します。

③リモートプレイを選択する

リモートプレイを選択すると、自動でPS4の検索が始まります。検索がうまくいくと、PS4とリンクしリモートプレイが可能になります。

ネットワーク環境によっては検索が上手くいかず、リモートプレイが始められないということがあるかもしれません。この場合は、PS4側で入力コードを発行して承認する[手動でのリンク]を試してみましょう。

④できない場合は手動でリンクを

画面右下にある[スキップ]をタップすると、コード入力の画面を立ち上がります。画面が切り替わったら、一旦PS4へ移動しましょう。
PS4のホーム画面から[設定リモートプレイ接続設定]と進み、[機器を登録する]を選択します。
画面に8桁のコードが表示されるので、こちらを先ほどのPSVitaの画面に入力していきます。

1-2.リモートプレイ時の操作・設定

PSVitaでのリモートプレイでは、ゲームの操作をPSVitaの各ボタンで行っていきます。PSVitaに無いL2・R3ボタンなどは、背面タッチパッドが割り当てられています。

PS4PSVita
L1L
R1R
L2背面タッチパッド左上(ゲーム画面を正面に見て左手側)
R2背面タッチパッド右上
L3背面タッチパッド左下
R3背面タッチパッド右下
タッチパッドタッチスクリーン
SHARESELECT
OPTIONSSTART
左右スティック左右スティック
十字キー十字キー

操作方法を確認したい場合は、リモートプレイ時に[PSボタン]を押し、メニューから[ボタンガイド]をタップすることで、操作方法を確認することができます。

L2/R2ボタン搭載グリップカバーがオススメ

「PSVitaだとL2とR2ボタンが使いづらい」と感じる人は多いはず。そこでオススメなのが、amazonなどで売っている『L2/R2ボタン搭載グリップカバー』です。

PSVitaをセットすることで、PS4のコントローラーのようにL2・R2を使用でき、快適にリモートプレイを楽しむことができますよ。

ブランド:上越電子工業
¥4,378 (2021/07/29 21:56:55時点 Amazon調べ)

PSVitaのモデルを確認するには?

使用できるグリップカバーは、PSVitaのモデル(1000と2000の2タイプ)によって変わってきます。使っているPSVitaのモデルは、本体裏面下部の注意書き部分に記載されているはずなので確認してみてください。

コントローラーは使える?

残念ながら、コントローラーは使えません。PSVitaでリモートプレイをする際には、PSVitaのボタン操作でゲームをプレイする必要があります。

1-3.リモートプレイの画質を変更する

PSVitaの[PS4リンク]アプリケーションを起動し、右下の[]をタップします。
メニューの中から、[リモートプレイのビデオ品質]をタップします。
ここで[解像度(画面の綺麗さ)]と[フレームレート(滑らかさ)]を調整することができます。

解像度とフレームレートを高く設定するには、高速なネットワーク通信が必要になります。映像が途切れるなどの不調が見られる場合は、設定を低いものに変更しましょう。

1-4.リモートプレイを終了する

電源を切らずに終了する

PSボタン]をタップし、メニュー左端の[LiveArea]をタップします。これでリモートプレイを解除することができます。

もう一度[PS4リンク]を起動すれば、リモートプレイを再開することができます。リモートプレイを完全に終了したい場合は、リモート操作でPS4の電源をオフにしましょう。

電源を切って終了する

画面下のメニューにある[PSボタン]を長押しして[クイックメニュー]を開き、[電源][電源を切る]と選択します。

一度PS4の電源を切ってしまうと、再度リモートプレイを行う際にPS4の電源を入れる必要があります。外出先や出張先からリモートプレイを楽しんでいる場合などは、[スタンバイモード]で電源を落とすようにしておくと良いでしょう。

2.リモートプレイのやり方(PS3)

続いてPS3のリモートプレイを行う手順を解説していきます。リモートプレイを行う際には、PS3とPSVitaの両方を起動し、同じアカウントでサインインし、電源を入れておく必要があります。

①PS3にPSVitaを登録する

PS3のホームメニューから、[設定リモートプレイ設定]と進み、[機器登録]を選択します。
リモート先のデバイスが一覧で表示されるので、[PSVita]を選択します。
デバイスを選択すると、画面に8桁のコードが表示されます。これをPSVitaに打ち込んでいきます。

コードには時間制限がありますが、入力が間に合わなかった場合は新しいコードをすぐに発行できるのでご安心ください。

②PSVitaでコードを入力する

続いてPSVitaで、[PS3リモートプレイ]を起動します。
アプリを起動すると画面に入力欄が表示されるので、先ほどのコードを打ち込み、[登録]をタップします。
「登録しました」の画面が表示されれば、機器のペアリングは完了です。

③リモートでPS3を起動できるように設定する

まずはPS3で一度サインアウトを行います。サインアウトは[PSN]メニューの[アカウント管理]で、[△ボタン]を押すことで行えます。
その後再びサインインを行います。この時、画面にある[次回から自動的にサインインする]にチェックを入れておきましょう。
サインインしたら[設定リモートプレイ設定]から、[リモート起動]を[]にします。

④PS3リモートプレイを起動する

続いてPSVitaから[PS3リモートプレイ]を起動します。
アプリを起動したら、リモートでの接続方法を選択していきます。どちらの接続方法でも、「ルーターのパスワードを改めて入力する」などの手間はありません。
  • 家庭内で接続する →PS3から電波をキャッチして、PSVitaとリモート接続を行う方法です。PS3の近くで遊ぶ必要があります。
  • インターネット経由で接続する →PS4のリモートプレイと同様に、ネットワークを利用して接続を行う方法です。PS3から離れた場所でも遊ぶことができます。

基本的には[インターネット経由で接続する]を選択しておくと良いでしょう。接続が上手くいかない場合は、[家庭内で接続する]に切り替え、なるべくPS3の近くで遊ぶようにしましょう。

⑤リモートプレイを開始する

接続方法を選択すると、自動で接続が開始されます。上手くいかないこともあるようなので、ダメだった場合は何度か再接続してみると良いでしょう。
接続が上手くいくと、PSVitaにPS3の画面が出力されます。

2-2.リモートプレイを終了する

リモートプレイを終了したい場合は、PSVitaの[PSボタン]をタップし、アプリケーションを終了すればOKです。

プレイ中のゲームを終了する

リモートプレイ中のゲームを終了したい場合は、PSVitaの画面をタップし、右側のメニューから[]アイコンを選択します。
PS3同様のメニューが表示されるので、[ゲーム終了]を選択します。

PS3の電源をオフにする

PSVitaの画面をタップし、[]アイコンを選択します。メニューから[本体の電源を切る]を選択します。

PS3のリモートプレイが実用的ではない理由

とはいえPS3のリモートプレイは、実際のところPS4ほど実用的ではありません。ここからは、PS3のリモートプレイが実用的ではない理由を解説していきます。

①対応タイトルが非常に少ない

対応タイトル一覧
ゴッド・オブ・ウォー コレクションゴッド・オブ・ウォー HD
ゴッド・オブ・ウォーII HDICO
ワンダと巨像TOKYO JUNGLE
アイドルマスター アニメ & G4U!パック VOL.9週刊トロ・ステーション
PixelJunk EdenPixelJunk Monsters
PixelJunk Shooter忌火起草
バイオニック コマンドー マスターD復活計画BLAZBLUE
torne(トルネ)うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
ロボティクス・ノーツ暁の護衛 トリニティ
PlayMemories Studio世界最強銀星将棋 風雲龍虎雷伝
世界最強銀星囲碁ハイブリッドモンテカルロルートダブル -Before Crime After Days-
機動戦士ガンダムEXVSFB

まずもって、PS3のリモートプレイは対応タイトルが非常に少ないのです(参考:YAHOO!知恵袋。リモートプレイに対応していないソフトの場合は、「コンテンツをご利用いただけません」の表示が出て、一切遊ぶことができません。

②ゲームアーカイブスはVitaでも遊べる

ゲームアーカイブスの中の、初代PSタイトルのほとんどはリモートプレイに対応しています。とはいえこれらはもともと、PS3で購入したあとPSVitaにもダウンロードして遊ぶことができるので、ほとんどメリットにはなりません。

③操作遅延がある

PS4のリモートプレイはかなり快適な操作性ですが、PS3のリモートプレイは体感できるほどの遅延があります。接続方法によってはいくらか軽減されますが、PS4ほどの操作性を期待しているとストレスを感じてしまうはずです。

とはいえRPGやADVなど激しい操作を必要としないジャンルであれば、それなりに快適にプレイすることができました。

④初代PSのディスクは遊べる

PS3は初代PlayStationのディスクを読み込んで遊ぶことができます。ディスクで読み込んだPSタイトルでも、リモートプレイに対応しているようです。

ただし実際に複数のタイトルをチェックしたり、公式のアナウンスを確認したわけではありません。すべてのPSタイトルのディスク版が、リモートプレイに対応しているかはわかりませんでした。

仮に多くのPSタイトルが対応しているようであれば、PS3のリモートプレイにおける唯一のメリットと言っても良いでしょうね。

まとめ

それでは最後にもう一度、PSVitaでPS4とPS3のリモートプレイを行う手順についてまとめておきます。

PS4のリモートプレイ
  1. [PS4リンク]を起動する
  2. リモートプレイを選択する
  3. PS4に接続する
PS4のリモートプレイ
  1. [PS3リモートプレイを]起動する
  2. 接続方法を選択する
  3. PS3に接続する

PS3のリモートプレイはあまり実用的ではありませんが、PS4ならソファやベッドでくつろぎながらでもゲームを遊べるようになり非常に魅力的。レベル上げや素材集めなどももっと手軽に、よりリラックスしてゲームを楽しむことができるので、ぜひ活用してみてくださいね。