PS4でオフライン表示にしてゲームを遊ぶ手順【こっそり遊ぼう】

この記事では、PSNアカウントをオフライン表示にする方法を解説しています。

PS4でオフライン表示にする手順

[プロフィール]を選択する

PS4のホームメニューから[プロフィール]をタップします。

[オンラインステータス]を変更する

オンラインステータスを設定]をタップし、[オフラインとして表示]を選択します。

以上で設定は完了です。これでフレンドにバレずにゲームを遊ぶことができますね。

確認のために、アカウントの横に[]アイコンが出ていなければOKです。
フレンドから見ても、しっかりとオフラインになっています。

クイックメニューからオフライン表示にする

PSボタン長押しで開ける[クイックメニュー]からでも、オフライン表示にすることができます。

メニューから[オンラインステータス]を選択し、[オフラインとして表示]に切り替えます。

フレンドが同じゲームでオンラインになっても、「今日は1人でやりたいな」という時は簡単にオフライン表示にできるわけですね。

PS4にログインせずに変更する

これまではPS4にログインした状態での方法でしたが、これだと一度オンラインになったことがバレてしまいますね。

「絶対に1秒もオンラインになったことがバレたくない!」という人のために、ログイン前に変更するための設定方法を解説します。

[ログイン設定]を変更する

[設定]ログイン設定]と進みます。
その中の[自動でPS4にログインする]のチェックを外します。

起動時にオフライン表示にする

この設定にすると、PS4を起動時にログインするアカウントを選択するようになります。

ここで[OPTIONボタン]を押して、[オフライン表示でログイン]を選択すると、バレずにログインすることができます。

とはいえ設定変更のために一度オンラインになる必要はありますね。また自動ログインをオフにするので、起動時のタップの手間が増えます。

PSアプリからはできる?

残念ながらできません

そのためオフライン表示に切り替えるには、PS4でログインする必要があります。

オフライン表示にしてもバレるケース

PS4でオフライン表示にしても、場合によってはバレることがあります。

同時にPS3を起動している場合

PS3とPS4に同じアカウントでログインしている場合、強制的にオンライン表示になります。

この場合、「ただいまプレイ中」として表示されるのはPS3のコンテンツになります。

同時にPSVitaを起動している場合

PSVitaとPS4に同じアカウントでログインしている場合も、強制的にオンライン表示になります。

この場合も、「ただいまプレイ中」として表示されるのはPSVitaのコンテンツになります。