Audibleアプリの使い方と購入・ダウンロードできない場合の対処法をまとめて解説

amazonのオーディオブックサービスであるAudibleでは、スマホやタブレット向けに専用のアプリがリリースされています。この記事では、Audibleアプリの使い方について解説していきます。

Audibleアプリをダウンロード

PC(Windows 10版)、iPhone、androidの3デバイスでは、専用のアプリをダウンロードしてオーディオブックを視聴することができます。

視聴するのにアプリは必要?

必ずしもアプリが必要というわけではありません。ブラウザからAudible.co.jpにアクセスしても、オーディオブックを視聴することができます。

アプリならオフライン再生が可能

アプリでは購入した作品をダウンロードしておくことができ、外出先や通勤・通学中など、インターネット環境がない場面でも視聴することができます。

スマホアプリの使い方

ここからは、スマホアプリの使い方を解説していきます。タブレットの場合もほとんど変わらないので、タブレットの方も参考にしていただけたらと思います。

①作品を探す

アプリ画面右上に表示されている[]をタップすると、タイトルやジャンル、ナレーターや著者名から配信タイトルを検索することができます。
またアプリ画面下部メニューから[コンテンツ]をタップすると、ビジネス書や小説といったカテゴリー別に作品を探すこともできます。

ホーム画面を下にスクロールすれば、人気作品やオススメ作品も表示されているのでチェックしてみるのも良いでしょう。

②サンプルを試聴する

検索などで見つけた作品をタップして作品ページを開き、ページ中央にある[サンプルを聴く]のボタンをタップすると、5分間のサンプル朗読を視聴することができます。

③ウィッシュリストに追加する

作品ページ中央にある[ウィッシュリストに追加]のボタンをタップすると、ウィッシュリスト(お気に入り)に保存することができます。気になる作品はまとめて保存しておくと良いでしょう。

ただし注意点として、現在のところアプリからはウィッシュリストにアクセスできないようなので、閲覧する際にはブラウザアプリやPCなど公式サイトにアクセスする必要があります。

④購入した作品を視聴する

アプリ画面下部メニューの[ライブラリー]をタップすると、購入した作品が一覧で表示されます。視聴したい作品をタップし、再生を開始しましょう。

⑤購入した作品をダウンロードする

ライブラリー]から作品をタップすると、初めての場合には自動でダウンロードが行われます。ダウンロードした作品はオフラインや機内モードの状態でも利用できるようになるため、外出先での再生で通信制限を気にする必要もありません。

⑥ダウンロードした作品を削除する

ライブラリー]を開き、作品横の[]をタップし[端末から削除]をタップすると、ダウンロードした作品を削除することができます。

ダウンロードした作品を削除しても、購入した作品そのものが削除されるわけではないのでご安心ください。Audibleでダウンロードしたデータはデバイス本体の容量を利用しているので、「読み終わった」「外では使わない」という場合には削除しておくと良いでしょう。

再生画面の見方・使い方

再生画面はこのような感じで、音楽アプリとほとんど変わりません。中央に残り再生時間が表示され、アイコンをタップすることでスキップや巻き戻しを行えます。

もちろんスマホがスリープ状態になっても引き続き再生されるほか、ロック画面からでも各操作を行えます。

①再生開始・一時停止

画面中央にある[]をタップすると作品の再生を、[]をタップすると再生の一時停止を行うことができます。

②巻き戻し

画面中央の再生ボタンの左側にある[]ボタンをタップすると、スキップで30秒間の巻き戻しが行われます。

巻き戻しの時間については、設定から変更することができます。また巻き戻しアイコンの左側にある[]ボタンをタップすると、前の章までジャンプすることができます。

③早送り

画面中央の再生ボタンの右側にある[]ボタンをタップすると、スキップで30秒間の早送りが行われます。

早送りの時間については、設定から変更することができます。また早送りアイコンの右側にある[]ボタンをタップすると、次の章までジャンプすることができます。

④オーディオ機器に接続する

画面中央の再生ボタンの上側にある[デバイスに接続]をタップすると、デスクトップPCやamazon エコーなどの対応機器に接続して再生することができます。

⑤再生速度を変更する

画面左下の[1.0x 再生速度]をタップすると、再生速度の変更を行うことができます。再生速度は、0.5x〜3.5xまで0.1刻みで調整することができます。

⑥目次を表示・ジャンプする

画面下部メニューの[]をタップすると、作品の目次を表示することができます。目次中の各見出しをタップすることで、その章までジャンプすることができます

⑦スリープタイマーを設定する

画面下部メニューの[]をタップすると、5分〜120分までのタイマーを設定することができます。タイマーの時間が来ると、再生は自動で終了します。

タイマーはあらかじめ用意されているプリセットから設定できるほか、カスタマイズで自分の好きな時間を設定したり、章の終わりまで再生という具合に設定したりすることもできます。

⑧ブックマークする

画面右下の[]をタップすると、再生中のシーンをブックマークしておくことができます。ブックマークしたシーンには、画面右上の[ブックマーク]からアクセスできます。

⑨運転中モードに切り替える

画面右上の[]をタップすると、再生画面を運転中モードに切り替えることができます。運転中モードでは各ボタンが大きくなり、信号待ちなどの停車中にも簡単に操作を行うことができるようになります。

その他各種設定の変更など

ホーム画面の下部メニューから[プロフィール右上の[]をタップすると、各種設定を変更することができます。

①テーマをダークモードに変更する

メニューから[テーマ]をタップし、[端末の外観モードを使う]をオフにし、[ダーク]を選択しましょう。

Audibleのテーマですが、iPhoneⅩなど端末側でダークモードに設定している場合は、[端末の外観モードを使う]をオンにすることで自動でダークモードに設定されます。

②巻き戻し・早送りの時間を変更する

メニューから[再生画面]をタップし、一番上の[早送り/巻き戻し]の項目から[]をタップすると、早送り・巻き戻し時の時間を設定することができます。

時間は「10秒」「15秒」「30秒」「60秒」「90秒」の5種類から選択することができます。

③自動ロックを不可にする

メニューから[再生画面]をタップし、[自動ロック不可]をオンにしましょう。

自動ロックを不可にすると、Audibleの再生中はスマホの画面がロックされなくなります。操作しやすい反面、バッテリーの消費量がアップするというデメリットもあるので注意しましょう。

Audibleアプリで購入・ダウンロードできない場合

ここからはAudibleアプリでの購入・ダウンロードができないケースと対処法について解説していきます。

iPhoneアプリからは購入できない

現在のところ、iPhone版のアプリからは作品の購入ができません。iPhoneユーザーの方は、公式サイトで作品を購入してからアプリで再生しましょう。

デバイスのバージョンを確認しよう

機種バージョン
iPhoneiOS 14.0以降
iPadiPadOS 14.0以降
iPod touchiOS 14.0以降
Android6.0 以上

2021年5月時点では、各デバイスでの必要要件は上記のようになっています。作品のダウンロードがうまくできない場合は、本体のバージョンを確認してみてください。

通信環境を確認する

アプリでのダウンロードにはインターネット通信が必要になります。ダウンロードがうまくできない場合は、通信環境を確認してみましょう。

サインインし直す

アプリ画面下部のメニュー右端の[プロフィール]をタップし、右上にある[サインアウト]を選択すると、アプリからサインアウトすることができます。

アプリの動作に問題がある場合は、一度サインインし直してみると解決する可能性もあるでしょう。

まとめ

最後にもう一度、Audibleアプリの再生画面のアイコンと機能について一覧でまとめておきます。

アイコン機能
再生開始
一時停止
巻き戻し
前の章へ
早送り
次の章へ
デバイスに接続オーディオ機器に接続して再生
1.0x 再生速度再生速度の変更
目次を表示
スリープタイマーをセット
シーンをブックマーク
運転中モードに切り替え
各種設定を変更

Audibleアプリを利用すれば、外出先や通勤・通学中でもオフライン環境でオーディオブックを視聴することができます。屋外でも聴く読書を楽しみたいという方は、ぜひダウンロードして利用してみてくださいね。