Audibleの使い方を総まとめ:無料利用から解約までも解説

この記事では、AmazonのAudibleというサービスについて、特徴や使い方を分かりやすく解説していきます。

目次から気になる箇所だけ読んでいただければと思います。

Audibleとは?

audible

Audibleとは、本の朗読を聴いて楽しむことができるサービスです。スマートフォンやタブレットなどを利用して、プロの声優さんやナレーターの方の朗読で本を楽しむことができます。

最近では複数のキャストによるドラマ仕立ての作品も出てきており、本格的な朗読劇も楽しめます。

Audibleの料金について

Audibleは月額1500円で会員登録をすれば、様々な特典を得ることができます。

若干高めですが、毎月貰えるコインやAudible Stationといった魅力的な特典が揃っています。これら会員特典については後ほどご紹介します。

また30日間の無料トライアルも利用でき、トライアル中は本を一冊無料で楽しむことができます。

会員登録しないと使えない?

いいえ。会員登録していなくても、好きな本を購入して朗読を楽しむことができますよ。ちなみに会員登録すれば、購入時にも割引が付くようになります。

何で聴けるの?

Audibleはスマートフォン・PC・タブレットに対応しています。

スマホ・タブレット・Windows10がインストールされているPCでは、専用のアプリを使って聴くことができます。

どういったジャンルがあるの?

audible ジャンル

Audibleでは小説やビジネス書からライトノベル、児童書までと幅広く取り扱われています。

ラインナップは約40万冊以上。人気作や話題作も早めに追加されています。

サイトから好きな本の商品ページを開けば、サンプルを試聴することもできます。もちろん無料です。

サンプルも結構長め(5分程度)に聴くことができるので、サンプルを聴いているだけでも楽しめるのですよね。

作品紹介

それでは、Audibleの作品を簡単に紹介します。

随時登録作品が増えているので、この記事の内容とは異なるラインナップもあるということをご承知ください。

audible ビジネス書
【ビジネス書】有名な作品から割と最近の作品まで、ラインナップは充実しています。ビジネスマンの方から学生まで、幅広く楽しめるカテゴリーですね。ホリエモンやメンタリストのDaiGoさんの本、「FACTFULNESS」「嫌われる勇気」などなどあります。
タイトル一覧へ
audible 小説
【小説】映画化された人気作品やミステリー小説、コメディまで幅広く揃っています。小説は朗読との相性抜群ですね。「君の名は」「下町ロケット」「火花」「火車」などなど。
タイトル一覧へ
audible ライトノベル
【ライトノベル】ライトノベルは声優の方の朗読が多いですね。「本好きの下克上」「やはり俺の青春ラブコメは間違っている。」「この素晴らしい世界に祝福を!」などあります。
タイトル一覧へ
audible 洋書
【洋書】ニッチですが洋書もあります。英語のリスニングにもいいかもしれませんね。個人的に寝る前にタイマーをセットして洋書を垂れ流していると、意外とリラックスできたりします。「ハリポタ」「シャーロックホームズ」などなど。
タイトル一覧へ

amazonのプライム会員と関係ある?

全く関係ありません、amazonプライム会員でなくても利用できます。

ただしAudibleに会員登録するには、amazonアカウントが必要になります。

Audibleの会員特典

ここからは月額1500円で登録できる会員特典について紹介します。

毎月貰えるコイン

会員特典として、毎月Audible内で使えるコインが一枚貰えます。このコインは本の購入時に利用することができ、本一冊に対してコイン一枚と交換ができます。

初回の30日の無料期間でもコインが一枚貰えるので、会員登録してすぐに一冊無料で読むことができます。

会員限定で30%オフ

会員限定でどの作品も30%オフで購入することができます。月に何回購入しても30%オフが適用されます。

会員限定で返品対応

会員限定で365日以内の返品対応を受け付けています。

コインで購入した場合はコインを返還、クレジットカードで購入した場合は全額返金されます。

ただし返品した作品は自動でライブラリーから削除されるので、もう一度読みたい場合は再度購入する必要があります。

公式サイト上部の「〇〇さん、こんにちは!」から、「アカウントサービス」をクリックします。左サイドメニューの「購入履歴(返品)」を選択し、「返品する」をクリックして完了です。

「ナレーターの声が馴染まなかった」「イメージと違った」という理由での返品も受け付けているそうです。ただし、過度な返品やあまりにも自己都合なものである場合は、相応の対応をとるようなので、常識の範囲内で行いましょう。(ちなみに返品は無料トライアルでも可能です。)

Audible Station

Audible Station
ビジネスやニュース、お笑いなどの音声コンテンツを無料で楽しむことができる配信サービス。毎日更新や隔週更新で増えているものも多く、コンテンツはなかなか充実しています。

Welcome Pack

Welcome Pack
会員限定で、4作品1セットになったパックも用意されています。ビジネスパーソン向けの「スキルアップ・パック」や「コーチング・パック」、読書好きのための「リーダーズ・パック」などなど。

もちろんこれらのパックも1コインで購入することができます。コスパよく楽しみたいという方にはオススメですね。

まずは無料で会員登録

ここからは会員登録の手順を解説していきます。Audibleでは初回申し込み時に30日間の無料体験を実施しているので、気軽に登録が行えますね。

以下のリンクからAudibleの会員登録ページへジャンプできます。

Audibleを無料体験

1.amazonアカウントの取得

Audibleに会員登録するためには、amazonアカウントが必要になってきます。amazonアカウントがまだという人は、こちらからamazonアカウントを取得しておきましょう。

2.無料体験へ

アカウントを作成したら、amazonのaudibleページから最初の一冊は無料のボタンをタップします。このあと必要事項の入力などを済ませたら、無料体験スタートです。

このままamazonで本を探しても良いのですが、audibleの公式サイトの方が探しやすくてオススメです。

公式サイトへは、amazonの画面の一番下(利用規約やコピーライト表記のところ)から「Audible」をクリックすればアクセスできます。

無料体験だけ利用したい場合

無料体験中に退会手続きを行わなかった場合、自動で有料会員へ更新されてしまいます。そのため、次の更新日までに退会を済ませておきましょう。

ただし、退会の手続きを済ませると「コイン」とその他会員特典が利用できなくなってしまいます。

退会前にコインで本を購入しておけば大丈夫ですが、返品も利用できなくなってしまうので退会は終盤に行うのが良いかと思います。

次の更新日は画面右上の「〇〇さん、こんにちは!」をクリックして、「アカウントサービス」から確認できます。

ちなみに退会をしても、購入した本はずっと聴くことができるのでご安心ください。

3.聴きたい作品を探す

検索は画面上部の検索ボックスから行えます。一番左の「コンテンツ・アプリ」をクリックすれば、小説やビジネス書といったジャンルで探すこともできます。

audibleの公式サイトはスッキリしていて見やすく使いやすいので、直感的に操作していても割とかんたんに検索ができてしまうかもしれません。

検索結果の画面では、本をカートに入れたり、サンプルを聴いたりすることができます。検索結果が多すぎた場合は、左サイドメニューからさらに細かく検索をかけることもできます。

サンプルを聴いてみて「このナレーターの声がいいな」と思った場合は、商品詳細のナレーター名をクリックすると、その人がナレーションを担当している本だけを表示してくれます。

4.商品ページをひらく

検索結果の画面から商品名をクリックすると、商品ページを開くことができます。ここであらすじを確認したり、他のおすすめ商品を確認できたりします。
画面をググッと下にスクロールすると、購入した人のレビューをチェックできます。しっかりとレビューされているものが多いので、作品を選ぶ際に結構参考になります。

5.ウィッシュリストに追加

ウィッシュリストに追加をクリックすると、ウィッシュリストに作品が保存されます。お気に入りのようなものなので、ウィッシュリストに保存して、後でまとめてサンプルを聴くという使い方ができます。

6.作品を購入する

購入したい作品が決まったら、無料体験で入手するをクリックします。複数購入したい場合は一旦「カートに入れる」を選択しておくと、再度検索を続けることができます。
「カートに入れる」を選択した場合は、画面右上の「」をクリックすれば購入手続きへと進めます。購入はクレジットカードか「コイン」を利用することができます。

購入が完了すると画面上部の「ライブラリー」から確認できるので、作品を選んで読書を開始しましょう。

スマホアプリの使い方

ここからは、スマホアプリの使い方を解説していきます。

タブレットの場合もほとんど変わらないので、タブレットの方も参考にしていただけたらと思います。

1.作品を探す

アプリを立ち上げると、この画面が表示されます。画面上の「」で検索することができます。下にスクロールすれば、オススメ作品が並んでいます。

注意点としてアプリでは作品の視聴はできますが、購入はできません。公式サイトで購入してからアプリで再生しましょう。

2.サンプルを試聴する

商品ページを開けば、アプリでも作品のサンプルを試聴することができます。

この画面でウィッシュリストに追加もできますが、アプリからはウィッシュリストにアクセスできないようなので、確認する際には公式サイトからアクセスする必要があります。

3.購入した作品を聴く

購入した作品は「ライブラリー」の中から確認することができます。

3-1.再生画面の見方

再生画面はこのような感じで、音楽アプリとほとんど変わりません。中央に残り再生時間が表示されていて、スキップや巻き戻しもタップ一つで簡単に行えます。

もちろんスマホがスリープになっても引き続き再生されます。またロック画面からも、一時停止・スキップ・巻き戻しが行えます。

3-2.再生画面のアイコン

再生画面には色々なアイコンが表示されていますね。知っていると便利なものもあるので、ここで簡単に紹介しておきます。

」:再生画面を運転中用へ切替ます。
」:再生画面の変更や、ブックマークしたシーンへの移動が行えます。
巻き戻し・停止・早送りがタップで行えます。
「1.0X」:0.5倍速〜3.5倍速まで変更できます。
」:目次を表示し、中の各見出しへジャンプすることができます。
」:終了タイマーを自由に設定できます。
」:再生中のシーンをブックマークします。

個人的によく使うのは、「運転中モード」と「スリープタイマー」ですね。運転中モードは画面のボタンが大きくなるので、車が一時停止している時でもささっと操作ができます。スリープタイマーは寝る前にセットしておくと、眠ってしまった後も自動で再生を終了してくれます。

4.購入した作品をダウンロードする

ライブラリーから購入した作品をダウンロードしておくこともできます。

ダウンロードしておけば、オフラインや機内モードの状態でも利用できるようになり、また外出時の通信制限を気にする必要もなくなります。

Audibleの解約手順

audibleの解約は、PCサイトからしかできません。

そのためPCとスマホで若干手順が異なるのでご注意ください。

PCから解約する

公式サイトから手続きを行います。

アカウントにサインインし、サイト上部の「〇〇さん、こんにちは!」から「アカウントサービス」をクリックします。「アカウント情報」へと進み、「退会手続きへ」から解約ができます。

スマホから解約する

スマホで解約する場合は、ブラウザから公式サイトへアクセスします。アプリからは解約できませんし、アプリを削除しただけでは解約にならないのでご注意ください。

まずはブラウザから公式サイトへアクセスします。ブラウザは一応iPhoneであれば「Safari」、Androidであれば「Chrome」が推奨されています。

公式サイトが表示されたら、画面をグーッと一番下までスクロールします。そうすると「PCサイト」というのがあるのでタップ。

これでPCサイトへアクセスできたので、右上に小さくある「サインイン」からアカウントにサインインします。

あとはPCからの解約と同じ手順です。

購入した本はどうなる?

さきほども触れましたが、購入した本は解約してもライブラリーに残るのでずっと楽しむことができます。もちろんコインで購入した本も残ります。

ただし使っていなかったコインはなくなってしまうので、解約前にコインで購入しておくのをオススメします。

まとめ

ここまでAudibleの使い方を解説してきました。

朗読サービスなら、手が塞がっている場面でも手軽に読書をすることができますね。

初回は30日間お試しで利用でき、一冊無料で読むことができるので、気になっている方はぜひ利用してみて下さい。

Audibleの無料体験をする