【PSvita】アカウントの切り替えはできる?海外DL版ソフトについても解説

この記事では、PSvitaのアカウントの切り替えについてまとめています。

また日本アカウントを登録したvitaで、海外のDL版ソフトを遊べるのかについても解説しています。

PSvitaでアカウントの切り替えはできる?

可能です。

ただしPS4のように、アカウントを簡単に切り替えられるというわけではありません。

  1. データのバックアップをとる
  2. vitaを初期化する
  3. vitaに新しいアカウントを紐付ける

という手順でvitaに新しくアカウントを登録する必要があります。

PSvitaのアカウントについて

PSvitaは個人で遊ぶ用に設計されたデバイスになっています。そのため複数のアカウントを同時に作成して登録しておくようにはできていません。

PSvita一台につき、アカウントは一つまでしか登録できないのです。

そのため頻繁にアカウントを切り替えるようであれば、もう一台vitaを購入した方が便利です。

セーブデータだけ別のアカウントに移せる?

できません。

ゲームのセーブデータはPSNに保存されたアカウントと紐付けされています。

トロフィーの情報を別のアカウントに移せる?

できません。

こちらもPSNのアカウントに紐付けされているので、データの移動はできないようになっています。

保存用のメモリーカードを購入しよう

PSvitaは機種によっては内蔵メモリーカードを搭載しているものもあります。これがあることでメモリーカードを購入していなくても、ゲームを遊ぶことができるのです。

しかしデータのバックアップをとったり、アカウントを切り替えたりする場合には不便なので、保存用のメモリーカードを購入しておきましょう。

amazonで探す

vitaのデータバックアップをとる

PSvitaのデータバックアップをとる方法。

  • PS3にバックアップをとる
  • PCにバックアップをとる
  • PSplusにバックアップをとる(ゲームのセーブデータのみ)

PS3、PCでのバックアップでは、PSvitaのすべてのデータのバックアップをとることができます。

方法についてはPlayStation公式サイトで紹介されていますので、今回は割愛します。

ここではPSplusを利用してゲームのセーブデータのみのバックアップをとる方法を紹介します。

vitaのメニューから「コンテンツ管理」を選択します。
「コンテンツをコピーする」を選択します。
「オンラインストレージ」を選択します。
バックアップをとりたいので「Vita → オンラインストレージ」を選択します。

続いてオンラインストレージにアップしたいゲームデータを選択できるので、全てにチェックを入れて「コピー」をタップします。

データの復元を行う場合は、[オンラインストレージ][Vita]を選択しましょう。

vitaで海外のソフトを遊ぶ

ソフト版であればvitaに差し込むだけで日本アカウントでも問題なく遊ぶことができます。

vitaに海外のアカウントを登録していれば、storeでダウンロード版を購入して遊ぶこともできます。PSNの海外アカウントを取得する手順についてはこちら。

【PS4】北米アカウントの作成方法をわかりやすく解説

日本アカウントで海外DLソフトを遊べる?

残念ながら、今のところ遊べません。

vitaのアカウントについてでも触れた通り、vitaではアカウント間のゲームの共有ができない仕様になっています。

もし今後のアップデートによって複数のアカウントを登録できるようになれば、日本アカウントでも海外のゲームが遊べるようになるかもしれません。