MacでWindowsを利用する手順:OSや仮想マシンについてもわかりやすく解説

この記事では、デスクトップの仮想化を利用してWindows環境をMAC上で再現する手順について解説しています。

MACでWindowsを利用することはできる?

「MACでWindows」と聞くとかなり違和感を感じるかと思いますが、実はMACのパソコン上でWindows専用のアプリケーションやゲームを利用することはできるのです。

序盤では仕組みについて解説しているので、やり方だけみたいという方はスキップしてもらってOKです。

予備知識をざっくり

デスクトップの仮想化は仮想化ソフトをインストールするだけなのですが、その前にデバイスの仕組みについて簡単に抑えておきましょう。いざ扱う際に何をやってるのか理解しやすくなるはずです。

OSとは?

OSとは「オペレーティング・システム」の略称で、パソコンやスマートフォンやタブレットなど、デバイスにあらかじめ搭載されている基本となるソフトウェアのことです。

人が操作した時に、そのデバイスに命令を与えるのがOSの働きです。スマホならスワイプやタップ、文字入力やアプリ起動など。パソコンならマウスの動きからキーボードの入力まで様々な操作がありますね。

つまりこのOSというソフトウェアがデバイスに入っているから、私たちはいろいろな機能やアプリケーションを自由に使うことができるのです。

OSの種類

パソコンやスマホを扱う上では、一見どれも同じような操作や機能が備わっているように思いますが、同じデバイスでも種類によって異なるOSが搭載されています。

デバイスOS
スマートフォンiOS
android
PCMac OS
windows
Linux

スマホやPCを扱う上で、一度は聞いたことがある名前もあるかと思います。もちろんこれで全てではなく、他にもたくさんの種類があります。

OSとアプリケーション

PCやスマホではたくさんのアプリケーションが開発され、それらをダウンロードすることでデバイスがもっと便利で快適に使えるようになります。

先ほどOSにはたくさんの種類があると言いましたが、実はこれらのアプリケーションの中には、対応しているOSでしか動かないものがあります。

スマートフォンのアプリであればイメージしやすいですね。

例えばAppStoreで公開されているアプリケーションは、全てiOSに対応していますが、中にはandroidには対応していないものがあります。
反対にGooglePlay Storeで公開されているアプリケーションは、全てandroidに対応していますが、中にはiOSには対応していないものがあります。

こういったアプリケーションの対応・非対応は、OSにたくさんの種類があるがゆえにPCやスマホといったどのデバイスでも発生してきます。

OSによって動くゲームも異なる

PCでゲームを遊ぶ際にもそのゲームが遊べるかどうかにこのOSの種類が関わってきます。

「windowsには対応しているけれど、MacOSには対応していないので遊べません。」といった具合ですね。

ダウンロード版のPCゲームを取り扱っているストアサイト「Steam」を見てみると、ゲームによってはのマークしか付いていないものがあります。これらのゲームは、基本的にはMacで遊ぶことができません。

この後ご紹介する「仮想マシン」を利用すれば、MACのパソコンでもWidnowsのゲームやアプリを動かせるようになります。

OSによって対応・非対応が決まっている

ここで理解しておきたいのは、そのアプリやゲームがWindows・MACのパソコンじゃないと使えないわけではないということです。

WindowsやMACというOSが搭載されているパソコンに対応しているというだけであって、OSを用意してあげれば、それらのゲームやアプリを動かすことはできるのです。

MacでWindowsを利用するには?

それでは複数のOSを扱うための方法についてもう少し掘り下げていきましょう。

仮想マシンを利用する

仮想マシンとは、ひとつのデバイス上に作り出した”仮想的なもうひとつのデバイス”のことです。

イメージとしては、Macの中に別のパソコンを用意するような感じですね。仮想マシンを用意すれば、それぞれ別のOSをインストールすることができるようになります。

仮想マシンを利用することで、複数のOSを同時に扱うことができるようになるのです。

余談ですが、間違えやすい言葉に「仮想デスクトップ」というものがあります。こちらはデスクトップの画面を複数作るというもので、仮想的なデスクトップPCというわけではありません。

仮想マシンを作るには?

仮想マシンを作ると言っても、あれこれと複雑なプログラムを組む必要はありません。また専門的な知識も必要ないのでご安心ください。

仮想マシンを作るには、専用のソフトウェアを利用するだけ。

しかもそういったソフトウェアは、現在ではリーズナブルかつ機動性も良いものが増えてきています。

仮想マシンを使ってMacでWindowsを動かそう

それでは実際にMacでWindowsを動かせる環境を作っていきましょう。

Parallels Desktop 15 for Mac
と言っても、やることは専用のソフトウェアをインストールするだけです。今回は「Parallels Desktop」というソフトウェアを利用していきます。
Parallels Desktopを無料トライアル

本来は有料ですが、初めてであれば14日間の無料トライアルが利用できます。トライアルが終了しても、勝手に有料プランへ移行することはないのでご安心下さい。ちなみに料金プランは以下になります。

プランエディション料金
新規ライセンス家庭および学生向け8,345円/年
開発者、パワーユーザー向け9,818円/年
職場環境での使用向け9,818円/年

※買い切りではなく、料金は一年ごとに発生します。

ソフトをインストール

Parallelsのサイトから無償トライアル版をダウンロードをクリックし、次のページでもダウンロードをクリックします。

これでダウンロードは完了です。

つづいて先ほどダウンロードした「.dmg」のファイルをダブルクリックで開きます。

インストール用の画面が表示されるので、真ん中のアプリの画像をクリック。

これでインストールの作業が始まります。

インストール時に「ユーザー名」と「パスワード」の入力が求められます。

「ユーザー名」は自動で入力されているかと思いますが、なければデスクトップ画面左上のシステム環境設定ユーザとグループから確認できます。

パスワードはログイン時に入力するものを打ち込みます。分からなければこちらを参考にしてみてください。

あとは確認やOKを押していくだけなので、とくに問題ないかと思います。全て完了すれば仮想マシンを利用できるようになります。

次はこれにOSをインストールしていきましょう。

Windows10をインストール

Parallels Desktopの無料体験版では、Windows10も無料でインストールすることができます。

しかもでソフトウェアをインストールする際に、Windows10も自動でインストールされます。

こちらの画面が表示されたら、Windows10のダウンロードを行っている状態です。ダウンロードが完了後、インストールの作業を行うのでここは気長に待ちましょう。

さっきからダウンロードとインストールという言葉を使っていますね。何が違うの?と思われるかもしれませんが、ダウンロードではサイトからアプリやソフトをPCに落とし込む作業を行っています。そしてインストールでは、そのアプリやソフトをPCで使えるようにセットアップしています。

ダウンロードが完了したら、次はWindows10のインストールが行われます。

こちらの画面が表示されたらWindows10のインストールは完了です。そのままクリックして先に進みましょう。

仮想マシンを起動してみよう

Windowsをインストールした仮想マシンを起動すると、このような画面になります。Macのデスクトップ画面と並列で、Windowsの画面が表示されていますね。終了したい場合はウィンドウのをクリックすれば閉じることができます。
インストール完了後は、Macのデスクトップ画面下のDockはこんな感じになっているかと思います。左から「Parallels Desktop」「Windows10」「インターネットエクスプローラー」が起動しているという表示になります。

Dockに残っている場合は、今後もそれをクリックすれば起動できます。

そのほかの起動方法

デスクトップに作成されている「Windows10」のアイコンをタップしても起動できます。
またはMacのメニューの「アプリケーション」からも起動することができます。

「ゲームなどで毎日使う」という場合は、一度デスクトップ画面をクリックして上部のメニューの「移動」から「アプリケーション」を開き、「Parallels Desktop.App」を画面下の「Dock」へドラッグ&ドロップしておくと良いと思います。

MacでWindowsのアプリやソフトを使おう

それでは早速Windowsを使ってアプリケーションをダウンロードしていきましょう。

今回はWindowsのみに対応しているAviUtlという動画編集ソフトをダウンロードしていきます。

こちらは個人の方が制作されている無料ソフトになります。まずはWindowsの画面からサイトにアクセスして、最新の日付のものをダウンロードしていきます。
ファイルを「全て展開」してから、中のアプリケーションを起動すると…
このようにMacでは起動できないソフトも、Macの画面で使用することができました!

まとめ

MacでWindowsを利用するのは、実はこんなに簡単にできてしまうのです。

今回は「Parallels Desktop」を利用しましたが、他にもたくさんのソフトウェアがあります。ぜひ自分にあったものを見つけてみて下さい。