【PS4】フリーズ時の強制終了やセーフモードなど、知っておきたいメンテナンス術

PS4を遊んでいると、突然不具合やエラーに遭遇してしまうことがあります。慣れない出来事に「PS4がついに壊れてしまったのかな…」と不安に思う方も多いはず。

実はPS4には、不具合やエラーに対処するためのメンテナンス術が用意されています。この記事では、PS4で利用できるメンテナンス術をまとめてご紹介していきます。不具合に遭遇した際には、ぜひご活用ください。

1.PS4を強制終了する手順

  • 電源ボタンを7秒以上長押し
  • 電源コードを引っこ抜く

PS4では緊急時のシャットダウンとして、上記の2方法が用意されています。

1-1.電源ボタンを長押し

  1. PS4本体の電源ボタン(disc排出口の上側のボタン)を7秒以上長押し
  2. 「ピッ!!」という電子音が鳴ったら、指を離す

フリーズしてしまった場合でも、この方法で強制シャットダウンが可能です。電源コードをすぐには引き抜かず、まずはこの方法を試してみましょう。

1-2.電源コードを抜く

コンセントに接続している電源コードを引き抜きます。上記の方法でシャットダウンできなかった場合、この方法で電源を落とすしかありません。

2.フリーズを防ぐ安全なシャットダウン法

  1. PSボタン長押しでクイックメニューを開く
  2. アプリケーションを終了する
  3. PS4の電源を切る

PS4の処理能力は非常に優秀ですが、ゲームを起動したまま、一気に電源を落とそうとすれば負荷がかかってしまいます。PS4の電源を落とす場合は、上記の手順を踏むことが推奨されています。

3.セーフモードを起動する

セーフモードとは真っ黒の画面をした、特殊な起動モードのことです。

セーフモードでは、データベースの再構築や初期化といった、メンテナンスに関わる処理を行うことができます。

3-1.セーフモードの起動方法

  1. PS4の電源を切る
  2. 電源ボタンを長押し
  3. 一度目の電子音が鳴った後、指をはなさず7秒ほど押し続ける
  4. 二度目の電子音が鳴ったら指を離す

PS4に不具合やエラーが発生した場合、まずはセーフモードを起動して対処してみると良いでしょう。

4.ディスクの強制排出

ディスクがうまく排出されない場合、以下の手順を踏むことで強制的に排出することができます。

  1. 電源を切る
  2. 背面のすべてのケーブルを引き抜く
  3. プラスドライバーを使って所定のネジを回す

PS4のモデルによって対処方法が異なるので、詳しい手順については公式サイトをご確認ください。

参考 PlayStation®4に詰まったディスクを取り出す方法PlayStation

まとめ

最後にもう一度、この記事でご紹介したメンテナンス術をリストにしてまとめておきます。

  • PS4を強制終了する方法
  • フリーズを防ぐ安全なシャットダウン法
  • セーフモードの起動方法
  • ディスクの強制排出法

不具合やエラーに遭遇した際に対処できるよう、こういったメンテナンス術があることを頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。