名作プレミアゲーム10選!ゲーム好きなら一度は遊びたいプレミアソフトをご紹介

現在は様々なハードでたくさんゲームが発売されていますが、その中には「プレミアソフト」と呼ばれる希少性の高い作品が存在しています。中古でありながら、定価の倍以上、高いものになると5万円以上の値が付いているものも。

そこでこの記事では、そんなプレミアソフトの中から、一度は遊んでみたい名作ソフトをご紹介していきます。ゲームシステムやシナリオ、世界観などで高い評価を受けているプレミアソフトを厳選してみたので、ぜひご覧ください。

プレミアゲーム10選

それではここから名作プレミアゲームを10作ご紹介していきます。すでに遊んだことがある作品があれば素晴らしい、遊んだことがないものはぜひチェックしてみてくださいね。なお値段は2021年7月15日時点でのamazon最安値になります。

1

夕闇通り探検隊

ベッドタウンとして発展した街『陽見(ひるみ)市』。街にある陽見台中学校では、人面ガラスの噂が囁かれていました。ある日男子中学生のナオと女子中学生のクルミ、偶然を装いついてきたサンゴの3人は、学校裏の森の中にある烏塚に向かうことに。そこで彼らは人面ガラスから不吉な予言を聞かされます。

1999年に『スパイク』より発売されたホラーアドベンチャーゲーム。『トワイライトシンドローム』シリーズの開発スタッフが手掛けた作品であり、人間関係や心の闇といったリアルな恐怖が、発売後数年経過して再評価されました。プレミアゲームと言えば真っ先に名前が上がる1本。

対応機種PlayStation
発売日1999年10月7日
価格24,000円
2

serial experiments lain

1998年に発売されたグラフィック+テキスト形式のアドベンチャーゲーム。高度に発展した未来のネットワーク社会を舞台に、コンピュータネットワークによる仮想世界「Wired(ワイヤード)」と現実世界が融合していくサイコホラーなストーリーが描かれていきます。

元々の販売数が少ないことに加え、アニメ版がカルト的な評価を得て人気を誇っていることから高額のプレミア価格となっている本作。攻略本もプレミア化してしまっており、関連グッズもかなりのコレクションアイテムとなっています。なお、ゲームアーカイブ化は開発会社が断ったため配信予定はありません。

対応機種PlayStation
発売日1998年11月26日
価格56,000円
3

RULE of ROSE

1930年、イギリス。少女ジェニファーは、ある夜に出会った謎の少年から絵本を手渡され、森の中へと誘われます。少年の後を追ったジェニファーは、森の中に佇むローズガーデン孤児院へとたどり着きます。敵意を持った少女達からの災難に遭いながら、彼女は孤児院に隠された真実へと迫っていきます。

2006年に発売されたサイコミステリー・アドベンチャーであり、陰鬱な世界観や猟奇的な描写などサイコホラーの側面も持った作品。生産本数が少ないことに加え、世界観や謎の多いシナリオといったダークな雰囲気に魅了されるユーザーも多く、現在でも高額なコレクションアイテムとなっています。

対応機種PlayStation2
発売日2006年1月19日
価格22,000円
4

怒首領蜂 大往生

2002年稼働開始のアーケードゲームのPS2移植版。弾幕系縦スクロールシューティングであり、「弾幕シューティングの最高難度作品」とも評されるほど難易度の高さは随一。特に2周目のラスボスに当たる「緋蜂」は、現在でもシューティングゲーム史上の最高難度ボスの一つと言われています。

PS2版で実装されたボスラッシュモード「デスレーベル」の2周目の難易度は、ユーザーから「人間にはクリア不可能」と言われるほど高く、PS2版の発売から7年5ヶ月経った2010年9月18日に初めてクリア者が出たほど。単縦な面白さとそうした高難度な背景から、今なお多くのゲームファンがプレイを求める1本です。

対応機種PlayStation2
発売日2003年4月10日
価格5,000円
5

エスプガルーダ

2003年稼働開始のアーケードゲームのPS2移植版。弾幕系縦スクロールシューティングであり、『怒首領蜂大往生』や『ケツイ』などでお馴染みのケイブが製作を担当していますが、本作は比較的低難易度でありビギナーでも手を出しやすい内容になっています。

弾幕シューティングは高難度ゆえに、プレイするユーザー側はなかなか手を出しにくいところが。そんな中本作は、弾幕系としての難しさは抑えながらも、独自システムによって敵弾を避けやすくしたりと、同ジャンルの初心者の方にまずオススメしたい作品に仕上がっています。

対応機種PlayStation2
発売日2004年6月17日
価格8,000円
6

悪魔城ドラキュラ ギャラリー オブ ラビリンス

第二次世界大戦中のヨーロッパに、突如として甦った悪魔城。悪魔城の討伐を急務とした教会は、ヴァンパイアハンターであるジョナサンと魔法使いのシャーロットを派遣します。城を訪れた2人でしたが、やがて城主が魔王ドラキュラではない別のヴァンパイアであることを知ります。

ゴシックホラーアクション『悪魔城ドラキュラシリーズ』の1作。お馴染みの2D横スクロール型の探索型アクションRPGに加え、本作では2人の主人公を切り替えて操作できるパートナーシステムも実装。難易度も比較的低く、システム面もプレイしやすいとあって悪魔城シリーズ入門にもオススメの1本です。

対応機種Nintendo DS
発売日2006年11月16日
価格10,000円
7

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印

最強のヴァイパイアハンターであるベルモンド一族が消息を絶った、19世紀初頭。ドラキュラ復活を恐れた人々は、長年の研究の末に特殊な印術「グリフ」へと辿り着きます。究極のグリフ「ドミナス」の担い手に選ばれた女戦士シャノアでしたが、儀式の当日、グリフが同僚・アルバスに奪われてしまい…。

ゴシックホラーアクション『悪魔城ドラキュラシリーズ』の7作目にあたり、2D探索型シリーズの事実上の最終作。悪魔城らしい全体的にシリアスな雰囲気へと回帰しており、良質なBGMとシリーズ屈指の名シナリオも相まって、ファンからも高い評価を受けている作品。

対応機種Nintendo DS
発売日2008年10月23日
価格14,000円
8

FATAL FRAME 零 SPECIAL EDITION

作家・高峰準星の弟子である雛咲真冬は、消息を経った師の行方を追い、曰く付きの廃屋敷「氷室邸」にたどり着きます。しかしそれを最後に、彼もまた行方不明に…。その一週間後、妹の深紅もまた、兄の消息を追って氷室邸にたどり着きます。そこで彼女は、想像を超えた恐怖に直面するのでした。

ホラーアクションアドベンチャー『零』シリーズの第1作目のリメイク。和の雰囲気を前面に押し出した雰囲気や、優れた演出からホラーゲームとして高く評価されている名作であり、リメイク版ではグラフィックの向上やエンディングの追加などのバージョンアップが行われています。出荷本数が非常に少ないためプレミア価格に。

対応機種Xbox
発売日2003年2月6日
価格13,000円
9

FATAL FRAME2 Crimson Butterfly

故郷の村へとやってきた双子の姉妹・天倉澪と繭。懐かしさから回想に耽っていた澪は、ふと姉の姿が見えないことに気付きます。紅い蝶に導かれていく姉のあとを追い、自身も森の中へと踏み込んでいった彼女は、そこで地図から消えたはずの霧に包まれた薄暗い村の姿を目にするのでした。

『零』シリーズの第2作目『零 紅い蝶』のリメイク。儚く美しいシナリオはシリーズ最高といわれるほど評価が高く、本作をシリーズ最高傑作とする人も多いとか。和製ホラー好きならぜひ遊んでおきたい逸品です。なお、追加要素がさらに加わったリメイク版にあたる『零 ~眞紅の蝶~』がWiiで発売されています。

対応機種Xbox
発売日2004年11月11日
価格16,000円
10

斑鳩

2001年にアーケード版として稼動した縦スクロールシューティングの傑作。白と黒の属性を切り替えるゲームシステムが特徴的であり、同じ属性の敵弾に当たることで吸収できるため、敵を倒しながら属性を切り替えて敵弾に当たりに行くという、かなり操作が難しい作品に仕上がっています。

シューティングとしての出来栄えはもちろん、演出やグラフィック、BGMといった要素も高く評価されている本作。PS4およびスイッチ向けの限定パッケージ版は2020年に発売されましたが、Pikii公式サイトでのみ、期間限定かつ、1日の数量に制限を設けて販売されたため、終了後すぐにプレミア価格まで上がりました。

対応機種Xbox
発売日2004年11月11日
価格16,000円

プレミア化する理由は?

  • 生産本数が少ない
  • 発売当初の人気・知名度が低い
  • ハード自体の人気が低い
  • 徐々に評判が上がり価格が高騰
  • 一部でカルト的人気が出る

プレミア化する理由には上記のようなものが挙げられますが、古いゲームの場合はそもそも生産終了が終了しており、需要に対して供給が一向に増えないという状況になっていることが一番大きいです。

プレミアソフトは売るべき?

moon』や『マリオサンシャイン』のように、現在になって移植版が出たりゲームアーカイブスで復活したりして、手ごろな価格で入手できるようになるケースもあります。

とはいえ一方で、『lain』や『斑鳩』のように、アーカイブス化が行われなかったり移植後のソフトも高額化して長い間入手が困難になるケースもあります。

個人的には、コレクションとして大切に保管しておくのも良し、プレミア化している時点で売ってしまうも良しだと思います。

まとめ

今回ご紹介したプレミアソフトはゲームとしての評判も一級品。手が出しづらい高値となっていますが、ゲーム好きなら一度は遊んでおきたい名作ソフトと言えます。気になった作品があれば、ぜひ購入して遊んでみてくださいね。