人気ゲームの有名なバグ20選!昔使った懐かしの技から怖い仕様まで

昔のゲームを遊んでいた人なら誰しもが一度は目にしたであろう『バグ』。たまたま自分で発見したり、友達伝いに聞いて成功した時のワクワク感はなんとも言えない魅力があります。

中には『スーパーマリオブラザーズ』や『ポケモン』など、検証や発見にゲーム本編以上の盛り上がりを見せる作品もあります。

この記事ではテクニック的なバグ技をはじめ、進行不能になるような致命的なバグなど、有名なゲームのバグを20個集めてみました。

ゲームの有名なバグ20個

1.スーパーマリオブラザーズ 256W

ファミコンのアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」におけるバグ面の総称。スーパーマリオブラザーズでは、バグを利用して隠されたステージに行く裏技があり、当時から『-1面』『256W』『アンダーカバー』など様々な名前で呼ばれています。

256Wを出現させる特に有名な方法は、ファミコンソフト『テニス』を使ったやり方。起動中の『スーパーマリオブラザーズ』のカセットを電源を切らずにそのまま抜き、そこに『テニス』のカセットを差し込み少しプレイ、再びスーパーマリオブラザーズのカセットに差し直すと、通常とは違った256Wのステージを遊べるようになります。

『ニンテンドークラシックミニ版』や『ニンテンドースイッチオンライン版』ではできず、基本的にファミコン実機でなければ体験できない貴重なバグでもあります。

moooh

ブランド:任天堂
¥649 (2022/09/28 04:43:14時点 Amazon調べ)

2.スーパーマリオブラザーズ -1面

『256W』の中でもソフトの抜き差しなどをせず、唯一通常の裏技で行ける特殊なステージが『-1面』と呼ばれています。ワールド1-2のコース終盤、地上へ続くドカンの上のブロックを右端だけ残して壊し、残ったブロックの横から体当たりを繰り返すといつしかマリオが壁にめり込んで、そのままワープゾーンの『WELCOME TO WARP ZONE!』が表示される前に左のドカンに入れば成功です。

-1面は通常の水中ステージに見えますが、最後のドカンに入るとスタート地点に戻されてしまう無限ループになっており、クリアすることは不可能です。

ブランド:任天堂
¥649 (2022/09/28 04:43:14時点 Amazon調べ)

3.スーパーマリオサンシャイン

ニンテンドーゲームキューブで発売された『スーパーマリオサンシャイン』。マリオシリーズの中でも屈指の人気を誇る本作では、多くのユーザーによってバグ技や裏技が検証・発見されてきました。

代表的な技の一つが「毒川すり抜けバグ」。本来は葉っぱに乗って毒の川を降りながら赤コインを集める非常に難しいステージですが、スタート地点の排水口から水底にジャンプすることで、毒の川をすり抜けて簡単にクリアすることができます。

ブランド:任天堂
¥5,252 (2022/09/27 15:25:44時点 Amazon調べ)

4.マリオカートWii バグショートカット

10年以上前のゲームでありながらも未だに衰えない人気を持つ『マリオカートWii』。そんな本作には、バグ(裏技)を利用した衝撃的なショーカットが数多く存在しています。

代表的なショートカットの1つが「キノコキャニオン崖登り」。開始直後のマップを取り囲む障害物である崖に対して、ジャンプアクションでマシンを衝突させることで崖登りが可能になり、あっという間にコースを周回できます。

ブランド:任天堂(Nintendo)
¥4,500 (2022/09/27 15:25:45時点 Amazon調べ)

5.ポケットモンスター ダイヤモンド・パール『なぞのばしょ』

『なぞのばしょ』は、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールに存在するバグマップ。ポケモンリーグの四天王の部屋から入り口扉へなみのりを使うと、そのまま通過して暗黒世界に行くことができるというものです。

このバグマップ上で特定の歩数の地点に行くことで、都市伝説とされていた「ダークライ」「シェイミ」といった伝説ポケモンに接触・捕獲することができ、当時ユーザーの間で爆発的な広まりを見せました。

当時ネットでは架空のポケモンに会える歩数が大量に公開(捏造)されており、いろいろな意味でワクワクするバグでしたね。

moooh

ブランド:任天堂
¥20,500 (2022/09/27 15:25:46時点 Amazon調べ)

6.ポケットモンスター ダイヤモンド・パール『アルセウス入手』

ポケットモンスター ダイヤモンド・パールに登場する幻のポケモン「アルセウス」を入手するバグ。現実世界での特定の行動+「なぞのばしょ」を駆使したバグ技で、アルセウスに接触することができます。

アルセウスは当時存在が都市伝説のように囁かれていたまさに幻のポケモンであり、「なぞのばしょ」バグなどを駆使して入手の裏技が盛んに考察されていましたが、結果見つかっていませんでした。それがなんと10年越しにゲット方法が見つかり、YouTube上で公開され話題を呼びました。

ネットニュースで見た時には本当に沸き立ちました…。これを見つけた人ヤバいですね。

moooh

ブランド:任天堂
¥20,500 (2022/09/27 15:25:46時点 Amazon調べ)

7.初代ポケットモンスター ミュウ捕獲バグ

初代ポケットモンスターにて、ゲーム中では入手できないとされた幻のポケモン「ミュウ」を捕獲できるバグ技。通称・『セレクトバグ』とも呼ばれており、ゲーム中の特定の場所で特定のコマンドを入力し、特定の行動を行うことでミュウに接触することできます。

ただしこのバグ技は初期ロット(初期ROMとも)でしか実行できず、後期ロットではバグ技のほとんどが使用不可能になっているようです。このことも関係して、ミュウを目撃できたプレイヤーとできないプレイヤーが生まれ、幻のポケモンの噂が広まる一因ともなりました。

ブランド:任天堂
¥740 (2022/09/27 15:25:47時点 Amazon調べ)

8.スーパードンキーコング2 クレムコイン75枚ゲット

SFCで発売された『スーパードンキーコング2』における有名なバグ技。このバグは隠しステージへ進むために必要なクレムコイン(ボーナスステージクリアでゲットできる)を75枚一気にゲットしてしまうという衝撃的な技です。

最初のステージ「パイレーツパニック」が始まってすぐ下にある部屋に入り、バルーンを取らずに外へ。バナナの束があるところまで進み、取って引き返します。そしてもう一度最初の部屋に入り、今度はバルーンを取ります。同じ事を繰り返して再度部屋に戻ると、クレムコインが75枚までもらえます。

ブランド:任天堂
¥11,517 (2022/09/27 15:25:47時点 Amazon調べ)

9.ぼくのなつやすみ 8月32日

PSで発売されたゲームソフト『ぼくのなつやすみ』における有名なバグ。通常8月31日までしかプレイすることができませんが、ゲームクリア後のクリアデータで特定の操作をすることで、もう書けないはずの絵日記を書くことができ、そのまま8月32日に突入できます。

本来はあり得ない「8月32日」では、主人公や登場人物達の姿がどんどんおかしくなったり、セリフの文字化けが起こったりと非常に不気味な世界になっており、本来の世界とのギャップからトラウマ級の怖さがあります。

現在でもプレイすることができますが、メモリーカードが破損する可能性もあるので行う際にはご注意ください。

moooh

ブランド:ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥18,000 (2022/09/28 08:36:09時点 Amazon調べ)

10.かまいたちの夜 2 金のしおりバグ

PS2の『かまいたちの夜 2』における有名なバグ。金のしおり(100%制覇の証)を獲得後、特定のシーン(浜辺で美樹本に声を掛けられる)にさしかかるとかなりの低確率&ランダムで発生するというものです。

成功すると画面がバグり支離滅裂な文字化けを起こす不気味な演出が発生。最終的に4つの選択肢を選ぶことができますが、いずれも不気味で、トラウマになりそうな恐ろしいものばかりです。

こちらも現在でもプレイすることができるため、気になった方は実際に検証してみてはいかがでしょうか。

moooh

ブランド:チュンソフト
¥9,000 (2022/09/28 08:36:10時点 Amazon調べ)

11.テイルズオブジアビス フィールド地形無視移動

通称「薔薇のディスト様抜き」バグ。フィールド上でディスクを抜いて移動すると、遠景の地形が表示されない状態で自由に移動可能になります。目的地に着いたらディスクを入れると読み込まれ地形が表示されます。

この裏技を使うことで、ストーリー中盤以降のダンジョンや街にも序盤から行くことができ、強い武器や購入したりレベルを上げたりといった 遊び方が可能になります。ただし海上等移動できない場所でディスクを入れたり、マップを開こうとしたりするとはまるので注意。

ブランド:ナムコ
¥7,266 (2022/09/27 15:25:48時点 Amazon調べ)

12.ファイナルファンタジー6 バニシュデス

SFCで発売された『ファイナルファンタジー6』における有名なバグ。透明化している対象にデスを使うと即死させることができるバグであり、そのためバニシュが効く敵であれば、ボスを含めたあらゆる敵キャラを瞬殺できるテクニックです。

バニシュが効かないモンスターもいますが、「はもん」を使って状態を入れ替えれば透明状態にすることが可能です。なおGBA・スマホ版・リマスター版では使えないようです。

ブランド:SQUARE ENIX CO., LTD.
¥2,200 (2022/09/27 15:25:49時点 Amazon調べ)

13.ファイナルファンタジー6 シドタイマー持ち込み

発売から23年目の2018年に発見され、Yahooニュースでも取り上げられた衝撃のバグ技。このバグ「シドタイマー持ち込み」では、すでに発見されていた「タイマー持ち込み」と呼ばれるバグを応用したもので、タイマーが0になるほんの一瞬を利用してゲーム中のイベントをスキップできるというもの。

ちなみに本バグの発見者は、FF6のバグ技で有名なエディ氏。このバグを使用できるのは、スーパーファミコン版のみとのことです。

ブランド:SQUARE ENIX CO., LTD.
¥2,200 (2022/09/27 15:25:49時点 Amazon調べ)

14.ファイナルファンタジー8 ALLアルテマジャンクション

『ファイナルファンタジー8』の有名なバグ技。本作ではキャラクターに魔法を装備してステータスを上げるジャンクションという機能があります。通常では魔法は1種類につき1箇所しかジャンクションできませんが、特殊な操作をすることで複数の箇所に同じ魔法をジャンクションすることが可能になります。

これを利用し、最強魔法のアルテマを全てのスロットに装備するのがALLアルテマジャンクション。通常では不可能なドーピングが可能になりますが、ラスボスの「魔法消去」という技の前では丸裸にされてしまうという致命的な弱点もあります。

ブランド:スクウェア・エニックス
¥12,486 (2022/09/27 15:25:49時点 Amazon調べ)

15.ファイナルファンタジー8 オメガウェポン

『ファイナルファンタジー8』の隠しボス「オメガウェポン」は、非常に強力な攻撃を多数使ってくる強敵なのですが、発売から18年経って衝撃の攻略法が発見されました。なんとポーションを与えるだけで「オメガウェポン」が行動しなくなるというのです。

やり方が簡単なだけに「バグというより仕様なのでは?」とも言われており、ニコニコ動画には「1人がオメガウェポンにポーションを与え続け他2人が通常攻撃をするだけ」という攻略方法がアップされています。

ブランド:スクウェア・エニックス
¥12,486 (2022/09/27 15:25:49時点 Amazon調べ)

16.ドラゴンクエスト3 リセットバグ

ファミコンで発売された『ドラゴンクエスト3』におけるバグ。ゲーム中で王様に会う際に「冒険の書」にゲームデータをセーブしてもらう際、電源ボタンをオフにしてリセットを行うと、データを意図的にバグらせて通常ではありえないステータスにする事ができるというものです。

このバグはなんと2020年に発見された新しいものであり、RTAの記録を大きく塗り替えるのでは?と話題にもなりました。なお後期のROMカートリッジではバグが発生しずらいようです。

ブランド:エニックス
¥750 (2022/09/27 15:25:50時点 Amazon調べ)

17.バイオハザード4 セミショバグ

『バイオハザード4』における有名なバグであり、レオンの移動速度や攻撃モーションを高速化することができるというもの。やり方は「ショットガン(セミオート)」を装備して、武器を構えるモーションが終わる前にアイテム画面から別のアイテムを装備するだけです。

ただしセミショバグはエリアチェンジやダメージを受けた場合など、一部のアクションを行うと解除されます。PS4版でも可能なようです。

ブランド:カプコン
¥2,373 (2022/09/28 10:42:16時点 Amazon調べ)

18.バイオハザード4 サラザール無視

先ほどのセミショバグを活用したバグ技。ゲーム中盤のボス・サラザール戦において、セミショバグ状態で壁抜けをするとサラザール戦をスルーすることができます。

ブランド:カプコン
¥2,373 (2022/09/28 10:42:16時点 Amazon調べ)

19.パワプロクンポケット12 クエスト全開放

ニンテンドーDSで発売された『パワプロクンポケット12』におけるバグ。裏サクセスの「秘密結社編」で、スタートorセレクトを押しながらクエスト画面を開くとすべてのクエストが選べるようになるというものです。恐らくは修正されずに残されたデバッグコマンド。

素材とお金がほぼ無限に採取できる他、キャラクターを全員仲間にすることも可能になります。ただしいきなりなんでもできるようになるため、ストーリーの破綻とゲームバランスの崩壊必至。

ブランド:コナミデジタルエンタテインメント
¥8,938 (2022/09/27 15:25:51時点 Amazon調べ)

20.ゆめにっき 遺跡バグ

RPGツクール2003で製作されたPC用フリーゲーム『ゆめにっき』に関するバグ。内容は夢の中を探索するというものなのですが、作中のとある遺跡の壁を調べると、空白のメッセージウインドウが表示され、調べ続けると壁や床のドットがどんどん崩れバグったような演出を見ることができます。

そのままBGMが消えて強制的に起床してしまうのですが、ゲームの内容とも相まってなかなか怖い映像になっています。

公式サイト

21.モンスターハンターポータブル3rd 端材バグ

『モンスターハンターポータブル3rd』における有名なバグ。オトモアイルーの装備品を作るのに必要な「端材」が無限に入手できてしまうというもので、やり方もオトモ武具屋へ行き特定の行動を行うだけと非常に簡単。

これにより端材自体を増やすことができ、高額な端材を売ることで、大量にお金を増やすことも可能です。

ブランド:カプコン
¥7,793 (2022/09/27 15:25:52時点 Amazon調べ)

22.おいでよ!どうぶつの森 手紙バグ

DSで発売された『おいでよ!どうぶつの森』の有名なバグ技。名前の通り「手紙」を利用したバグ技であり、手紙を書く際に適切な手順を踏むことで、約3億ベルを稼ぐことができるという衝撃のテクニックです。

やり方も簡単ですぐにお金を増やすことができるので、多くのユーザーが活用していたであろう技。ただし過度に行うとブラックアウトしてデータが全て消えるという情報もあるので注意。

ブランド:任天堂
¥5,851 (2022/09/27 15:25:52時点 Amazon調べ)

23.SIREN 高速移動バグ

PS2で発売された『SIREN(サイレン)』における有名なバグ。前方向以外への移動中にリストメニューを開閉すると、そのままベルトコンベアのようにキャラクターが高速移動していきます。

本作では戦闘という概念がなく敵に見つかるとすぐに殺されてしまうため、ギミックなどで陽動しつつルートを進んでいく必要があるのですが、このバグを利用すると敵の攻撃を受けずにすり抜けて移動でき、楽にクリアできてしまいます。

ブランド:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥19,196 (2022/09/27 15:25:53時点 Amazon調べ)

まとめ

ゲーム本編はもちろんのこと、特大ショートカットや都市伝説級の衝撃バグなど、ワクワクできる隠し要素が楽しめるのもレトロゲームの魅力ですね。

現在でも再現できるゲームは割と多いので、気になるものや持っているものがあればぜひトライしてみてください。