2chまとめで読める名作スレッド30選!感動系からホラーまでオススメの読み物を厳選

この記事では、インターネット上の掲示板2chに投稿された読み物の中から、名作や心に残るもの、実際に読んで面白かったものを厳選して28作品ご紹介していきます。感動系から怖い話、創作やSS(ショートショート)まで幅広く取り上げています。

サクッと読める短編のものから、じっくり楽しめる長編ものまで幅広く集めてみました。どれも本当に面白いので、気になる作品が見つかったらぜひ読んでみてくださいね。

殿堂入り10作品

多くの読者やまとめサイトが太鼓判を押す、本当に怖くて面白い殿堂入りの名作を10作品ご紹介します。洒落怖を読んだことがない方も、すでにハマっている方もぜひ一度ご覧ください。

1

忘れられない夏がある

猿夢

俺の高校は、夏になると決まって勉強合宿があった。都内にある高校を離れて、山奥にある民宿に籠ってクラスみんなで勉強するんだ。期間は一週間なんだけど、一日10時間は絶対勉強しなくちゃいけないから、確かにしんどい。だけど、それ以上に楽しみな行事でもあった。

続きを読む

山奥の民宿を舞台に起こる、高校時代の一夏の思い出

高校3年の夏、毎年恒例の学校行事である勉強合宿で山奥の民宿にやってきた投稿主。友人たちと過ごす勉強合宿の合間、買い出しを頼まれ出かけることに。買い出しの帰りに立ち寄った神社で、彼はギターを手にした1人の少女と出会います。

夏になると読みたくなる一作。合宿で訪れた田舎を舞台にした爽やかなボーイミーツガールであり、読んでいて面白いのはもちろん、どこか懐かしい気持ちにもさせられます。学生時代に親しい人と過ごした夏って、本当に最高の思い出ですよね…。

2

夢を捨てた俺に忘れない夏が来た

俺は高校時代、バレー少年だった。昔から背だけは高くて、中学の時に何の気なしに始めたバレーボールだった。これが本当に面白くて、俺はたちまち虜になった。仲間と協力して連携プレーを決めた時。捕れない!と思ったボールに滑りこんで指先で上げた時の快感。何より、相手のブロックを打ち抜いてスパイクを決めた時の歓声。俺はその全てに魅せられ、バレーボールに夢中になった。

続きを読む

バレーを諦めた青年の人生を変えた夏

腰の怪我によりバレーを辞め、大学受験にも失敗し2浪目の夏を迎えた投稿主。バレーへの思いから勉強に身が入らない彼に、義父は夏の間親戚のいる田舎で暮らすことを勧めます。訪れた親戚の家で暮らす女子高生・奈央との交流をきっかけに、彼は自分が目指す夢を見つめ直していくのでした。

奈央と出会い、バレー部の顧問をすることになった投稿主が、次第に自分の夢を見つけ前を向いていく様子には胸を打たれます。何よりも夏の描写が非常に巧く、グイグイ引き込まれ、まるで一冊の青春小説を読み終えたような満足感がありました。一度読むと忘れられない作品です。

3

ゲーセンで出会った不思議な子の話

俺:大学生、さえない男 たまの休みや講義の空きにゲーセンに行って格ゲーをやるのが好きだった。そこであった話を、ちょっと書かせて欲しい。俺はといえば、大のゲーセン好きだった。格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやってた。というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。

続きを読む

ゲーセン好きの大学生が出会った一生に一度の恋

ゲーセン好きの大学生・富澤は、ある日いつものゲーセンで一人の女の子と出会います。天然なのか変なの人なのか、少し不思議な言動をする彼女に彼は一瞬で恋に落ちます。なんとか距離を縮めようと頑張る富澤でしたが、彼女には誰にも言えない秘密が隠されていて…。

2chに上がっている感動系の中ではおそらく一番有名で、一番魅力的な作品ではないかと思います。序盤の焦ったさは思わず応援してしまい、一転中盤からの切なさには思わず涙してしまいました。個人的に今でもたびたび読み返す大好きな作品。

4

クズな俺でも夢を持った【ニート卒業物語】

大学時代、就活に失敗。そのまま卒業し公務員になろうと考えたが上手くいくはずもなく、一年以上にわたり引きこもり生活を続けてた。そんな俺の話だが暇つぶしにでも聞いてくれ。毎日午後4時くらいに起床。起きてまず電気ケトルでお湯をわかしテキトーにカップ麺を食べる、そんでもって薄暗い部屋でパソコンに向かうだけ。

続きを読む

ふと出かけた一人旅をきっかけに人生が大きく変わった話

大学を卒業後、就職活動に失敗し引きこもりとなっていた投稿主。なんとなくで計画した一人旅で、とある旅館に宿泊します。旅館の親父さんや女将さんの暖かさに触れ、今までの人生を変えようと彼はパートとして働くことを決意するのでした。

今を変えようと行動し、ひたむきに仕事に打ち込んでいく投稿主の様子には励まされ、勇気を貰えますね。大学を卒業後に就活に失敗、そういう境遇から挫折し引きこもってしまう人は意外と多いのではないでしょうか。今の自分を変えたい、そう思っている人にぜひ読んでみて欲しい一作です。

5

30歳からの青春を謳歌した話

俺は現在社会人、まあもうオッサンだ。都内の片隅に住んでる。特に無趣味でただひたすら働いてきた。仕事はイベント事業なんかをやってる。最初は辛かったが慣れればそうでもなく、特に面白くもつまらなくもなく、続けてきた。毎日毎日、特に刺激もなくて淡々とこなすような日々を送ってたな。

続きを読む

囲碁好きのおじいさんとの出会いをきっかけに始まる大人の青春

無趣味でただひたすらに仕事をして過ごしてきた投稿主。ある休日に出かけた多摩川で、彼は一人の老人と出会います。大学時代に囲碁を齧っていた投稿主は、老人に誘われ碁会所を訪れることに。この日を境に、彼の人生は輝きを取り戻していきます。

投稿主の語る内容が本当に楽しそうで、大人になって味わえる青春もあるのだなと思わされました。社会人になったらなおのこと、夢中で打ち込めたり、心から楽しいと思える何かが必要なのだと思います。そういったモノを見つけるのは、意外と些細な出会いがきっかけになるのかもしれませんね。

6

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

職業はプログラマ。この職業、マジでやばすぎる。入社日での出来事。パソコンを渡される→指示された通り、色々なものをインストール→設計書を渡される。「これでおっけーと。んじゃ作れ」「え?」「いや作れって」「あ、え?は、はい」「みんな忙しいから、出来る限り自分で解決しろよ」そう言って去っていくチームリーダー。

続きを読む

過酷なブラック会社の内情が語られる伝説的スレ

元ニートの投稿主は、就職活動の結果プログラマとしてブラック企業で働くことに。機材は古い、仕事の管理はできない、罵倒が飛び交う、そんな環境の中でなんとか仕事をこなしていく日々の様子が語られていきます。

かなり有名な作品で、ブラック企業での就業の様子をリアルに体験することができます。さすがにここまではないと思いますが、新人への指導不足や無茶な仕事の割り振りなどは多くの会社で起こっているはずです。大学生の内などに読んでおくと、人生の大きな糧になるはず。

7

去年のGWでの一人旅のお話

世間的にはGWになってしまい、この時期になるとなんだか思い出してしまったので語りたくなった。去年のGWに一人旅をした時に発生したとっても素敵な出来事を語っていくよ。ある程度フェイクは入れてるけど、大まかな出来事は書き溜めしてるから適当に眺めていってくれ。

続きを読む

小さな偶然が重なって、大きな幸せが転がり込んできたお話

GW(ゴールデンウィーク)に東北へ一人旅に出かけた投稿主。訪れた観光地や旅先での様々な出会いについて語られていきます。「一人旅って良いなぁ」と思わせられる良スレ。

旅行先での偶然の出会いというのがドラマチックで素敵。一人旅もゆったりしていて良いですが、旅先で出会った人と一緒に旅行するという体験も楽しそうでなんだか憧れますね。個人的に旅行は電車と宿泊施設を使う派なのですが、このスレを読むと車中泊もやってみたくなります。

8

妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?

うちのじいちゃんの小さい頃の話なんだけど、戦争で空襲のため、小さい子供とか女とかは田舎に疎開されてたじゃん?俺の爺さんその時は12歳か13歳くらいで、疎開のために、じいちゃんの父方のばあちゃんの家に疎開した。じいちゃんはどっちかというと結構ガキ大将気質があって・・・

続きを読む

妖怪退治の世界を覗ける、ワクワク必死の名作スレ

妖怪退治を生業とする投稿主が、実際の仕事内容や妖怪について語ってくれるスレッド。現在はその7までまとめられており、未だ完結はしていません。

妖怪に関する情報や対処法など、かなり詳細に語られていて説得力があり、オカルト系が好きな人にとってはたまらないスレだと思います。かなり長いですが、ぜひ一度読んで楽しんでみてください。

9

旅に出たら人生が変わった

2002年夏 自分は三年連続となる自転車の旅の準備をしていた。今回の目的地は無く、期間も1週間から20日くらいと言う大雑把な感じ。テーマは【風の吹くまま気の向くまま】今日は昼過ぎ迄寝ていた。出発の初日からグダグダだが、前期試験が直後なので少し位だらけていても良いだろうと早速適当だった。

続きを読む

フィンランド人の女性と巡った北海道旅行の思い出

夏休みを利用して、北海道を自転車の旅で巡ることにした投稿主。出発してすぐに、自転車がパンクして困っているフィンランド人の女性と出会います。旅慣れていない彼女を不安に思った投稿主は、一緒に北海道を巡ろうと提案するのでした。

誰かの旅の思い出話というのは、読んでいるだけで心踊りますね。偶然出会った外国人の女性と結ばれたところもドラマチックで素敵です。読んでいると無性に旅に出かけたくなる作品。

10

憧れの1人暮らしで隣人に恋した

3年前の春。超が付くほどの4流大学を卒業した俺は就職のために1人暮らしを始めた。ずっと憧れていた1人暮らし。物件選びのため不動産屋に行くのすらワクワクする。何件かの不動産屋を廻りやっと家賃と自分の希望に見合った部屋を見つけた。間取りは1DKで居住空間は10帖。まずまずの広さだ。

続きを読む

仕事に恋に友情、新社会人の二宮が過ごした忘れられない1年間

就職をきっかけに一人暮らしを始めた投稿主は、同じアパートで暮らす女子大生・まりあと恋に落ちます。仕事に友情に恋、新天地での生活に希望を抱く投稿主を待っていたのは、決して忘れることのできない過酷で濃密な一年間でした。

新社会人としてのリアルな過酷さと、プライベートの恋愛の切なさが上手くまとめられた読み応えのある一作。投稿主の境遇には、読んでいると胸が苦しくなりますが、同時に仕事に対するひたむきさも伝わってきて、自分も頑張ろうと元気をもらえるのです。ぜひ一度は読んで欲しい名作。

11

引っ越してきた二つ年下の子

もうすぐ小三になる春休み。団地住まいだった俺は、いつものように団地の真ん中にあるちょっとした公園で、近所の友達と遊んでいた。春は引越しのシーズンで、その日もあちらこちに引越しのトラックが停まっていて、忙しく荷物を運び出している。団地では、毎年の風景でもあった。

続きを読む

傷付けてしまった幼馴染ともう一度会うために

小学生だった投稿主は、同じ団地に引っ越してきた少女・香子と仲良くなります。しかし年齢が上がるにつれ、恥ずかしさから彼女に対して冷たい態度をとるように。中学、高校と進学し、投稿主は彼女に対する自身の気持ちに気付いていくのですが…。

なかなか素直になれずにすれ違ってしまうところが、切なくもあり青春っぽくもあり。離れ離れになりそうになっても、もう一度会うために努力する投稿主の姿勢には心打たれますね。ハッピーエンドで感動をくれる読みやすい作品です。

12

「あは。いっぱいします?」

学生の時、アパートの隣に住んでたのが、八畳一間に病気で寝たきりに近いお母さんと高齢のお婆さんと、中学生の娘さんという一家。とにかくちっちゃくて痩せてて、ちゃんと食べてるのかなって感じの女の子。けど明るくて、元気に挨拶とかしてくれて。なんとなく仲良くなった。

続きを読む

生活保護を受ける少女と専門学生の心温まる恋

医療系専門学校に通う投稿主は、同じアパートに住む生活保護を受ける家族と親しくなり、一人娘である中学生の女の子とは家を行き来する間柄に。何気ない日常や時に起こる辛い出来事を経ながら、2人の関係は恋人に近いものへと発展していきます。

個人的に今まで読んだスレッドの中で一番お気に入りの作品。2人の関係性、人柄、全てが微笑ましくて幸せそうで…。投稿主の特徴的な文体も相まって、読んでいてじわっと心が温かくなり感動してしまいます。「良いものを読んだ」感は随一なので、ぜひ一度読んでみてください。

13

俺が異世界に行った話をする

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。そのマンションが 回=回=回= ←こんな形をしたマンションなんだ。真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでる。=のところも部屋があってマンションは6階建て。右側にマンションの玄関があり、そこからしか出入りはできない。中庭といっても地面も壁もコンクリートで使い道は全くない。

続きを読む

異世界に迷い込んだ投稿主が語る不可思議な話

日本によく似た、謎の異世界に迷い込んだ経験を語り始める投稿主。同じ人間でありながら、言語はおかしく会話も通じない。そのまま警察に保護されてしまった投稿主は、謎の施設に運び込まれ検査や実験に巻き込まれていきます。

異世界系の話では最も有名な作品だと思います。世界観や不可解な感じが秀逸で、怖いSF小説を読んでいるかのようなワクワク感があるのですよね。日常生活からふらっと異世界に迷い込んでしまうところもゾッとします。真偽はどうあれ、読んでいて非常に面白い作品。

14

コトリバコ

コトリバコ

この話は、霊感の強い友達の話。その友達は中学生の時からの付き合いで、30手前になった今でもけっこう頻繁に遊んだり、飲みに行くような間柄。そいつん家は俺らの住んでるところでもけっこう大きめの神社の神主さんの仕事を代々やってて・・・

続きを読む

友人の1人が持ってきたキューブ上の物体は…

投稿主とその友人達4人は、ある日みんなで集まってお酒を飲むことに。楽しいはずの会合は、1人の女性が持ってきた謎の木箱によって恐ろしい悪夢へと変貌してしまいます。呪物『コトリバコ』に隠された恐ろしい真実とは…?

こちらもかなり有名な作品ですね。『コトリバコ』と呼ばれるとんでもない呪物に遭遇した、投稿主とその友人たちのお話です。オカルティックでものすごく面白いのですが、中には読後体調不良を訴える人もいたとか…。覚悟の上でお読みください。

怖い話については、洒落にならない怖い話40選でも紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

15

【うひゃひゃ】この謎解けるかな? 一日限定

東京に5万を隠した・・・・・・その釣りスレを見て俺は憤慨した。こんな事で住民を騙す奴の神経が知れない。なので、俺はきっかり5万をある場所に隠し、これを最初に発見した。VIPPERに譲る事にした。ただし、本当に隠してきたので期限は今日一日だけ、明日の0時には回収する。

続きを読む

1日限りの謎解きには恐ろしい思惑が…

「都内のどこかに5万円の入った封筒を隠した」と宣言し、謎解きを投稿する投稿主。初めは釣りかと思ったスレ住民達は、投稿主の真剣さに次第に本気の捜索へと乗り出していきます。しかし捜索が進むにつれ、投稿主の様子にどこか違和感を感じ始め…。

投稿主とスレ住民による謎解き対決かと思いきや、段々と見せ始める投稿主の狂気っぷりには鳥肌が立ちました。時間帯が深夜というのもまた怖い。スレ自体も盛り上がりを見せていただけに、実際に捜索に行っていたらと思うとゾッとしますね。

16

会社クビになった。・・けど、人間って温かいな~

二年前になる。アレは猛暑の年の7月13日、オレは会社をクビになった。持ってるものは時間と30万の貯金。そして車「キューブ」。。。時間はあるし前から憧れていた北海道に行こうと弾丸旅行を決めた。金もそんなにないし、すべてキャンプか車で寝泊まりと考えていた。

続きを読む

会社を辞めて出かけた弾丸旅行の話

会社をクビになった投稿主は、それを機会にずっと行きたかった北海道へ行くことに。観光スポットや料理、同じように北海道を旅するライダー達との交流といった思い出が語られていきます。

「会社を辞めて弾丸旅行!」というのは憧れますね。時間やお金を気にせず、自分の好きなように自由に回る旅の様子は、聞いているだけでワクワクしてきます。今までとは違う新しい自分が見つけられるような旅を一度はしてみたい。

17

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。

「自分の人生には、何円くらいの価値があるか?」そんな質問をされたことがあったな。確か、小学四年生の道徳の授業だったか。大半の生徒は、きょろきょろ周りを見ながら、最終的には、数千万から数億という結論を出してさ。「お金では買えない」って考えを譲らない生徒もいたね。

続きを読む

ネット上で絶大な人気を誇る、書籍化もされた名作SS

げんふうけい氏によるSS。寿命の買い取りを行っている店に足を踏み入れた主人公は、3ヶ月間だけ残し自らの寿命を30万円で買い取ってもらうことに。手にした大金を使い、彼は残り少ない余生をどのように過ごしていくのか…。本作は2014年に文庫化もされています。

ウェブ上で無料で読めるものとは思えないほどクオリティが高く、最後にはしっかり感動させられる読み応えのある作品。寿命を買い取ってもらうという設定も新鮮で、初めて読んだ時には「この人の作品もっと読みたい」と思いました。短めながらしっかり楽しめる作品なのでオススメ。

18

十年巻き戻って、十歳からやり直した感想

    これは多分、君が想像してるのとは、正反対の話になるんだと思う。だって、二十歳の記憶を持ったまま、十歳の時点に戻ってやり直せるとしたら、普通、その記憶を利用して色々するだろう?一周目の反省や教訓を活かして、もっと優れた二周目を目指すはずだ。

    続きを読む

    些細な選択によって人生は大きく変わる

    こちらもげんふうけい氏によるSS。記憶を持ったまま10年前にタイムリープした主人公は、以前の満ち足りた人生を歩むために、2周目の人生も1周目と同じように生きようとします。しかし些細な違いな積み重ねで、彼の人生は大きく変わっていってしまうのでした。

    1周目と同じように生きようとする主人公が新鮮で面白い。現実は人生1度きりですが、「あの時の選択」が違うだけで今の自分とは全く別の人生を歩んでいたかもしれませんね。文章・構成が非常に巧いので読みやすく、物語を通した著者のメッセージもビシッと心に響きました。

    19

    俺のクラスでシャーペンの芯が通貨になった話

    中1の二学期あたりからの話 俺の通っていた中学はトランプまでなら持ち込みOKでよく休み時間、昼休みに大富豪なんかで遊んでいたんだ。そんなある日、大分普通の大富豪も飽きてきて何か新しい刺激がほしいとみんな考えていた。そこでシャーペンの芯を賭けるということになった

    続きを読む

    中学生の間で広まった高度なギャンブルゲーム

    投稿主の通う中学校で流行ったのは、シャーペンの芯を賭けたトランプ。ギャンブルによく似たこの遊びは盛り上がりを見せ、次第に様々なルールや制度が導入されていくようになります。

    中学生らしいバカな遊びかと思いきや、中身はかなりハイレベル。投稿主が銀行となって融資を始めたあたりは、「本当に中学生?」と疑ってしまうほどでした。自分の中学生時代にも、こういうちょっと知的な遊びをしたかったと思わせられる体験談です。

    20

    高校のクラス全員で悪霊と戦った話させてくれ

    まずおれたちの通っていた学校についてだが、そこそこ田舎の頭がよくも悪くもない。なんというか普通の高校だった。俺たちのいたクラスは全員で36人のクラス。夏休み前に学校祭で一致団結していたのでイジメもなくそれなりに仲のいいクラスだった。ことの発端は夏休みが明けて1週間くらいの時。

    続きを読む

    クラスメイト全員を巻き込んだ恐ろしい事件

    リア充グループがこっそり行った謎の儀式をきっかけに、投稿主の通う学校で恐ろしい事件が起き始めます。儀式による呪いではないかという意見がで始めるなか、投稿主とその友人は異形の姿をした女の幽霊と遭遇してしまいます。

    内容のユニークさに加え投稿主の文才もあり、読み物として非常に面白い作品。クラス全員が巻き込まれてしまうところは恐ろしい反面ワクワク感もありました。ここまでの大事件は嫌ですが、クラス全員で協力して何かに挑むのは憧れますね。

    21

    奇妙なプチ予言『タイムリープに成功したけど質問ある?』

    やり方は「人生やり直したいやつ俺がタイムリープしたときのこと教えるから来い」でggってくれ。うわぁまじで怖い。俺のいるこの世界はいったい何なんだよこええ。とりあえず聞いてくれ。俺さ10月の6日に寝たんよ。そこで妙な夢見て。起きたら今日10月2日やった。どういうことなん・・・・

    続きを読む

    タイムリープに成功?投稿主の予言の内容に鳥肌

    以前2ch上に投稿されたタイムリープの方法を実践し、4日間のタイムリープに成功したという投稿主。半信半疑の中、証拠として語られる予言が驚くべき結果を見せます。

    スレで語られる予言の的中率には、驚きを超えて薄寒いものを感じました。真偽の怪しいタイムリープや異世界系は多くあれど、ここまでグッと説得力のあるモノはないような気がします。タイムリープの可能性を示唆するような、非常にワクワクするスレッドです。

    22

    「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話

    オカ板に書こうか迷ったが、一気に書きたいのでこちらにした。もし需要なければ書かない。1人でも聞きたい人いれば書こうと思う。一応、書き溜めしといたぜ。ま、話は単純だぞ。小学校4年生の夏休みのあたりから、19歳まで10月までの記憶が2つあるって話だ。

    続きを読む

    ヴォイニッチ手稿の秘密に迫る、オカルト板住民達の考察にワクワク!

    「記憶が2つある」と自称し、自身と同じような記憶を持つ人を探しているという投稿主。別世界で暮らしていたという記憶が語られる中、彼が投稿した文字列に対し、「100年以上も未解読である古書『ヴォイニッチ手稿』と似ている」という指摘が入ります。

    初めて読んだときはものすごくワクワクしたのを覚えています。未解読の古書と関係してくるというところももちろんですが、特にオカルト板の住民の間で展開される様々な考察や推論が読んでいて非常に面白いのですよね。

    23

    俺天才じゃねwww絶対マンガ家になれるだろwww

    そして10年前の俺は会社をやめた。そして俺はマンガを描き始めた。親には1ヶ月あればなんとかなるといって1ヶ月ニートをやる事にした。最初のマンガは魔法使いのマンガだ! 盗賊団を倒す魔法使いの話を描く事にした。とりあえずマンガの描き方的な本を買ってネームを描き始めた。

    続きを読む

    漫画家を目指し一念発起した男の軌跡

    ブラック会社に勤める投稿主は、ある日会社を辞め漫画家を目指すことを決意します。専門学校にも通わず、漫画の勉強もしてこなかった素人の投稿主。我流で絵を描き続け、賞を目指して努力した10年間の軌跡が語られていきます。

    思い切って会社を辞め、自分のやりたいことに取り組んだ生の人生経験が聴けるのが2chの良いところ。投稿主から溢れる自信と良い漫画を書くために直向きに努力する姿には、読んでいて自然と勇気づけられます。やはり何か行動を起こした人の人生は、聞いていてワクワクしますね。

    24

    本当に危ないところを見つけてしまった・・・

    私は岡山に住んでる 22歳の不真面目なOLなんですが昨日、友達6人と飲みまくった挙句肝試しに行きました。が、もう大体のスポットは行った事があったので飽きてしまいカー○○○の名所に行って見ようという事になりました。そのスポットには何度も行った事があるんですが、今回始めてあんな建物を発見しました。

    続きを読む

    オカ板史上最高の盛り上がりを見せた傑作スレ

    22歳のOLである投稿主は、ある日倉敷の某所で行った肝試しの途中、地面にある蓋のような扉を発見します。近くに住むスレ住民を中心にその「蓋」を探しに行くことになるのですが…。多くのスレ住民たちが参加・実況し、盛り上がりを見せた大規模なスレッド。本編は非常に長いため、読むのには丸一日以上かかるはず。

    多く調査員による謎の蓋の調査・実況報告、それをベースに蓋の解明を試みようとするスレ内のやり取りなど、上質なミステリーホラーを読んでいるかのような面白さがあります。住民たちによる考察にもワクワクさせられ、読み進める手が止まりませんでした。

    25

    親友だと思ってた奴に告白された

    昨日、独り暮らししてる友達んとこに遊びに行ったんだよ。うち今家庭内で問題が起りまくりで何もかもが嫌になって愚痴りたくてさ。友達が少ない俺の唯一のよりどころがそいつだったんだ。最初は普通に学校の話とか共通の友達の話とかしてて、それから本題に入った。

    続きを読む

    投稿主(♂)が親友(♂)に告白され…

    普段から仲の良い投稿主(男)とその親友(男)と親友の幼馴染(女)の3人。そんなある日、投稿主は親友からの告白を受けます。投稿主は幼馴染に、幼馴染は親友に想いを寄せる三角関係の状態を前に、投稿主はスレを建てへ助けを求めます。

    三角関係に追い込まれた投稿主が不憫すぎて、胸が痛くなりました。その上投稿主と親友がどちらも優しい良い奴な分、バッドエンドしかない状態なのは読んでいて切ない…。ネタのようなタイトルですが、中身は割とシリアスで読み応えのある一作です。

    26

    従姉に恋をした。

    5年前、母が再婚した。嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先のお姑さんが亡くなった。その葬式の最中、彼女と初めて出会った。彼女は母の再婚相手の姪っ子。歳は俺よりも2つ上。しかし小さな風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあったため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭になく・・・

    続きを読む

    遠回りを繰り返して辿り着いた恋の行方に涙

    母親の再婚をきっかけに、再婚相手の旦那側の親戚と交流を持つようになった投稿主。そんな中、彼は従姉の女性に恋をしてしまいます。いとこ同士の結婚は法的にはセーフ。しかし自身の家族状況が足枷となり、交際への一歩を踏み出せずにいます。そんな彼の恋の行方は…?

    好きなんだけど交際してはいけないと葛藤する様子は、切なくもあり焦ったくもあり、読んでいて自然と応援してしまいます。真剣に向き合おうと決意した終盤は涙が止まりませんでした。色々悩まず、思い切って一歩を踏み出すことも時には大切なのでしょうね。ぜひ一度読んでみて欲しいスレッドです。

    27

    幽霊だけど何か質問ある?

    7: ID:+S+vaz9VO
    普段、なにしてんの?
    8: ID:4qWzxhwP0
    もしかして怖がり幽霊さんの友達?
    10: スレ主
    >>7 浮いてる

    続きを読む

    幽霊からの書き込み? 2chを騒がせた不思議な物語

    2007年に立てられたとあるスレッド。幽霊を自称する投稿主が質問に答えるという内容だったのですが、「ホストがない」「IPアドレスしか表示されない」「pingに応答がない」といった事実から、次第に本物の幽霊なのではないか? と盛り上がりを見せていきます。

    「本当に幽霊なのではないか?」と判明していく流れはもちろん、その上で投稿主から語られる死後の世界や幽霊という存在についてのレスポンスは、読んでいて非常にワクワクします。真偽はどうあれ、幽霊との交信を閲覧できるなかなかユニークなスレッドではないでしょうか。

    28

    「>>5が自分の人生語るってよ」

    俺は中学が大好きだ。友達も、先生も、風土も、全てが大好きだった。今で言ういじめとかとは到底無縁。思い出補正ってやつかもしれないな、でも好きだった。中学の頃は「優等生」として扱われていたから、教師の信頼も厚かったし、友達からも頼りにされてた。

    続きを読む

    落ちこぼれ3人が過ごしたかけがえのない青春

    県で一番の進学校である高校に入学した投稿主。しかし思い描いていた高校生活とのギャップに絶望し、勉強を諦め次第に落ちこぼれの道へ。そんなある日、同じく落ちこぼれである若林と出会ったことで、彼の学校生活は180度変わっていきます。

    落ちこぼれ3人の学校生活がなんとも楽しそうで、ベタですが青春だなぁと心が暖かくなりました。ケンカしたり、恋の相談をしたり、夢を語り合ったり…。「高校の友達は一生もの」とよく言いますが、この作品を読んでいると当時の思い出がたくさん蘇ってきました。

    29

    軽いネトゲ廃人だった俺の昔話

    初めてそのネトゲをやったのは中3の時だった。ネトゲの名は廃人育成ゲームと悪名高い彼のFF11。元々自他共に認めるゲオタだった俺は親に頼み込んで機器を買ってもらい、発売日から1日遅れではあったが華々しくネトゲデビューした。当初こそ「すげー!すげー!」と楽しんでいたが・・・

    続きを読む

    ネトゲ廃人として過ごした学生時代の話

    FF11にのめり込んだ投稿主は、だんだんと学校を休みがちに、昼夜逆転のゲーム廃人生活を送り始めます。そんな中、ギルドメンバーの1人であるリコさんと仲良くなった投稿主は、だんだんと彼女に好意を抱いていきます。

    ゲーム廃人としての生き様がリアルに語られており、笑える反面「そうだよね」と頷ける部分もありました。ネットやオンラインゲームにハマってひたすらやり込んだ思い出って、後々思い返してもただただ楽しかったなと思えるのですよね。個人的にはゲームをやり込むというのも、ある種の才能であり素晴らしいことなのではないかと思います。

    30

    彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた

    俺、この間彼女にプロポーズしたんだよ。大学時代に付き合い始めて5年くらい付き合った。彼女はオッケーしてくれて、めでたく結婚する流れになった。んで、まだ貯金とかないから、結婚式はいずれ上げようってことで、まずは籍だけ入れようって話になった。

    続きを読む

    大学時代から付き合う彼女が、いつの間にか別人に…

    大学時代から付き合う彼女にプロポーズし、めでたくOKをもらった投稿主。入籍だけ済まそうと婚姻届だけ提出することにした投稿主でしたが、彼女から返ってきた書類の名前の欄には、見たことの無い女性の名前が記載されていて・・・。

    ネタみたいなタイトルですが、読み進めていくうちに投稿主が体験している出来事の不気味さが伝わってきてゾワっとしました。実際にこういった症状に陥るカプグラ症候群という精神疾患もあるようで、自分の身に起こったらと思うと怖いですね。

    31

    親切な行いしたら女の子と知り合えた

    昨日の夜のことなんだけど、俺の住んでる街にものすごいスコールが降ったんだ。俺は買い物帰りで駅からチャリで自宅に戻る途中だったんだけど、降るとは思ってなかったので雨具もなにもなく、とにかくダッシュで家まで向かった。

    続きを読む

    ふとした善行から始まる恋愛物語

    とある雨の晩、道に迷った視覚障害のおじさんを助けた投稿主は、そのまま自宅へお邪魔することに。家族から手厚い歓迎を受ける中、そこで出会った女子大生の長女に一目惚れしてしまいます。彼女と仲良くなるためにスレッドを立てた彼は、スレ住民達からアドバイスを貰いつつ距離を縮めていきます。

    付き合うまでの、お互い探り合うようななんとも言えない緊張感がひしひしと伝わってきて、ドキドキしながら読み進めていました。アドバイスを参考に徐々に距離を縮めていく投稿主の様子には、自然と顔が綻び応援したくなります。人の恋愛を覗き見しながら応援できるのも、2chの楽しいところです。

    名作が読めるまとめサイトは?

    名作スレッドが読めるまとめサイト

    上記の3サイトは現在も精力的に運営されており、毎日新しいスレッドをピックアップして紹介してくれています。今回紹介したもの以外にたくさんのスレッドがまとめられているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

    まとめ

    2chに投稿されるお話には、小説や映画などでは味わえないリアルな人生経験や創作エピソードを楽しめるのが魅力です。この記事では個人的に良かったものを中心に厳選して紹介していますが、まだまだたくさんの作品が投稿されています。気になる方やハマった方は、ぜひ探して読んでみてくださいね。