【リゾバ体験記】住み込みバイトのメリット・デメリットをまとめてご紹介!

勤務地に住み込みで働く『住み込みバイト』。この記事では、住み込みのお仕事の一つ「リゾートバイト」について、メリット・デメリットをまとめてご紹介していきます。

「リゾートバイトやってみたいけど、不安」
「良かったところ、悪かったところを知りたい」

リゾートバイトが初めての方の不安を少しでも無くせるよう、筆者の実体験を交えながらご紹介していきます。

大学時代に3回リゾバを行いました。皆さんのお役に立てるようなコンテンツになるよう頑張ります!

リゾートバイトとは?

全国のリゾート地にあるホテルや旅館、スキー場、テーマパークなどで住み込みで働くお仕事です。

普段の生活を離れて、特別な環境で住み込みでお仕事を行うリゾートバイト。そのメリット・デメリットをご紹介していきます。

住み込みバイトのメリット

1.生活費が抑えられる

勤務地にある住居を借りられるので、家賃や光熱費といった生活費が抑えられます。

また勤務地によっては生活費が無料の場所もあるので、稼いだお金がそのまま得られるというメリットがあります。

自分が大学時代に行った旅館の住み込みバイトでは、生活費は無料でしたね。

2.通勤時間が短い

住み込みのお仕事なので、基本的には職場の近くに住居が用意されているはずです。
そのため、通勤時間は歩いて1分!というケースもしばしば。

こちらも温泉旅館のバイトを例にあげると、そこは旅館内に寮があったので、通勤時間は30秒という具合でした。

3.休日に観光ができる

特に観光地や温泉旅館ですが、地域に住み込みで働いている分、休日には周囲の観光スポットに気軽にお出かけすることができます。

これはリゾートバイトならではですね。オフの日にお出かけしようという計画も立てながら、勤務地を選ぶのも楽しいですね。

4.ご飯付きの職場もある

場所にもよりますが、「夕食は併設されているレストランや食堂を無料でご利用いただけます。」という勤務地もあります。

出費を抑えながら、美味しいご飯を食べられるのも、住み込みバイトのメリットでしょう。

自分の行った温泉旅館も、館内の食堂が無料で利用できました。仲良くなった友達と集まってご飯を食べるのも、リゾートバイトならではでとっても楽しいんですよね。

5.友達ができる

住み込みバイトでは、同じ環境で同じ仕事をこなす職場仲間が大勢います。
愚痴や仕事中の談笑など、日々の生活を通して自然と仲も深まっていくことでしょう。

リゾバの醍醐味はここですね。特別な環境で出会い、一緒に過ごした友達との時間は、何年経っても色褪せない思い出になるんです。

6.恋愛もできる

特に夏休みなどを利用してリゾートバイトに来る大学生は、基本的に「楽しい思い出を作りたい」という思いがあるはず。

慣れない仕事や生活環境を共にすることで、男女問わず交流があるのもリゾートバイトの魅力です。

一緒に遊んだり、オフの日に観光に行ったり。リゾートバイトを通して、恋人同士になるということもあるでしょう。

自分の周りにも、リゾバきっかけで恋人になったという友人がいましたよ。また恋人とまでは行かなくても、連絡先を交換したりオフの時間に遊んだり、青春している友人も結構いました。

住み込みバイトのデメリット

1.部屋はピンキリ

アパートの綺麗な一室を借りて生活するというよりかは、最低限の環境が整った部屋で休憩するというイメージが正しいです。

そのため場所によっては、あまり良い部屋ではない勤務地もあります。

自分が実際に体験したところだと、泥壁で埃っぽく、あるのは冷蔵庫と布団だけという勤務地もありました。1週間くらいすれば慣れましたが、同じ職場の女性の方は、部屋を理由にリタイアする人も多かったです。

2.相部屋になることもある

勤務地によっては、ワンルームのほかに相部屋になるケースもあります。

知らない人と相部屋になるのは当然ストレスですが、友人と2人で来た場合でも、生活スタイルの違いや常に一緒にいるという状態からケンカになることもあります。

自分も仲の良い友人と一緒に行ったのですが、生活スタイルの違いから時々ケンカすることもありましたね。

とはいえ友達ができると、基本誰かの部屋に集まって遊ぶことが多くなったので、自分の部屋は寝るためだけという具合になっていきました。

3.仕事中心の生活

先ほどの部屋の話に加えて、通勤時間が短いことで、良くも悪くも常に仕事環境が側にある生活になります。

そのため必然的に、仕事中心の生活になるかと思います。

メインに仕事があって、その空き時間に休んでいるという感覚でしょうか。そのため仕事に対してネガティブになると、一気に辛くなってしまうかもしれません。

4.朝食・昼食は自費で

これは仲介業者にもよりますが、朝食や昼食は自分で用意するというケースもあります。

中にはいくらか食事手当てが出る場合もありますが、ない場合だとその分出費が出るのでやりくりが必要になってきます。

そのため、近くにコンビニがあるかは大きなポイントだと思います。食事の他に生活用品を揃える上でも、コンビニがあると便利ですからね。

5.慣れない環境に落ち込む

知らない土地で住み込みで働くというのは、精神的に不安になるものです。
加えてはじめの頃は仕事もうまくできず、落ち込むことが多くなるかもしれません。

自分の気持ちをポジティブに保つため、携帯ゲーム機やNetflixなどがあると良い気分転換になりますね。

まとめ

リゾートバイトのメリット・デメリットについてご紹介しました。

知らない土地や環境で生活する住み込みのお仕事は、初めての方にとって不安も大きいですよね。

実は自分も、はじめの方は「早く帰りたい」と思うことがありました。それでもいざ終わってみると、「やって良かったな」と心から思える経験でした。

動機はなんであれ、「リゾートバイトをやってみたい」という気持ちは、とっても素晴らしいものだと思います。

きっと掛け替えのない経験になります。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

リゾバのお申し込みはダイブがオススメ!

リゾバの申し込みを行うなら、Resort Baito Diveがオススメです。

ダイブはキャリア18年、登録者20万人の実績があります。
またエリアや給与、職種などから細かく検索をかけることができ、自分にあった勤務地が見つかります。

ダイブでの申し込みは電話一本で簡単!
ヒアリングや期間の交渉も丁寧なので、どこから申し込めば良いのか分からないという方はぜひ利用してみてください。

Diveへジャンプ!