【PS4】ファンの音がうるさい場合の対処法15選!原因とオススメ冷却アイテムも紹介

PS4で遊んでいる方の中には、「PS4の音がうるさ過ぎる!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ゲームによっては静かな時もあるけれど、ひどい時だとゲーム音をかき消すほどの騒音で唸りだすということもあります。

そこでこの記事では、そんなPS4の騒音の原因と対策方法についてまとめてご紹介していきます。今すぐできる対処法からオススメの周辺機器まで、たくさんの対策方法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PS4がうるさくなる原因は?

データの読み込みやグラフィックスの描画などの処理によってPS4内に熱が溜まると、熱を逃すために内蔵の冷却ファンが稼働します。

冷却ファンが稼働することで、PS4の外面に設置されている「吸気口」と「排気口」を利用して、PS4内部の空気を循環させ熱を冷ましていきます。

冷却ファンの稼働具合は、PS4内部の熱量や室温、「吸気口」と「排気口」のつまり具合や周囲環境などの要因によって異なってきます。この冷却ファンの稼働音が騒音の主な原因になります。

対策方法

PS4の騒音対策として有効なのは、PS4内部の熱を上手に冷ましてあげることです。PS4内部に熱が籠らなければ、冷却ファンがフル稼働することはなく、稼働時の音も比較的静かに抑えることができます。

1.PS4本体を横置きにする

PS4本体のフロント部分と両サイド部分(PS4 Proの場合はサイド部分のみ)には、「吸気口」が備え付けられています。

冷却ファンの稼働時には、「吸気口」から外部の冷たい空気を取り入れて内部に循環させ、背面にある「排気口」から熱い空気を逃します。空気の循環が妨げられると、ファンがフル稼働することになり、起動音も大きくなってしまうのです。

PS4本体を縦置きしてしまうと、側面の吸気口が床によって塞がれてしまい、吸気がしづらくなります。そのため、PS4本体を横置きにすることで、正常に吸気→排気が行われるようにして冷却しやすくすることができます。

2.縦置きなら冷却スタンドを利用する

収納スペースや環境上どうしても縦置きの方が良いという場合は、冷却機能付きの『縦置きスタンド』がオススメです。

縦置きスタンドを使用するとPS4と床との間に換気用の隙間を作ることができ、さらに冷却機能付きのスタンドであれば冷たい空気を取り入れることもできるので、PS4の熱を逃すことができます。

PS4スタンド 多機能縦置きスタンド RegeMoudal 1年保証 ブラック
RegeMoudal

とはいえ、横置きの方が空気の循環がしやすいの間違いないので、可能であれば横置きにする方が良いです。

3.本体の周りをスッキリさせる

PS4本体の周囲を物で囲んでいる状態だと、吸気口から空気が取り込みづらくなり、排気口からも逃しにくくしてしまいます。空気の循環を妨げないように、PS4本体の周りには物を置かないようにしましょう。

4.本体の設置場所を変える

と同じ理由で、換気にはPS4の周囲をスッキリさせておくのがベストです。そのため、テレビ台の中などに収納している場合は、熱が籠りやすくなってしまいます。

ケーブルの長さやモニターとの距離といった環境にもよりますが、PS4はなるべく開けた場所に置いておくのが良いでしょう。

5.エアコンで室内をしっかり冷やす

室温が高いとPS4本体も熱くなりやすくなってしまいます。特に夏場は室温も自然と高くなってしまうため、PS4の冷却ファンもフル稼働することになります。

PS4で遊ぶ際には、換気時に冷たい空気を送ることができるよう、エアコンなどを利用して室温を下げておくようにしましょう。

6.アルミスノコの上に置く

内部に熱が溜まってしまうと、PS4本体も熱くなります。床や机の上に置いている場合、設置面の熱が逃げにくくなり内部に溜まる原因となってしまいます。

そこでスノコの上にPS4を置くことで、下の隙間から設置面に対して風を送り、本体を冷ましやすくすることができます。

さらにアルミだと熱伝導率が高いので、アルミ製のスノコにすればスノコ本体がPS4の熱を吸収してさらに冷ましやすくなるというメリットもあります。

7.PS4の上に10円玉を置く

ネット上では、PS4の上に10円玉をたくさん置いて冷却するというユニークな方法も紹介されています。実際に試してはいませんが、銅は熱伝導率も高いため効果は期待できるかもしれません。

【朗報】10円玉くん、ワイのクソニーアチアチPS4ちゃんをヒエヒエにしてくれる

金属の熱伝導率の高さ

金属熱伝導率(W/m K)
420
398
320
アルミニウム236
90.9
ステンレス84
参考:銅加工.com

8.ヒートシンクを導入する

ヒートシンクは、放熱・吸熱を目的として機械の構造の一部をなす部品を指します。

amazonなどで販売されている外付けタイプのヒートシンクを利用すれば、PS4本体に貼り付けるだけで冷却効果が期待できます。

ブランド:zspowertech
¥999 (2021/07/30 19:34:46時点 Amazon調べ)

9.外付け冷却ファンを取り付ける

旧型のPS4では、背面部分に取り付けて利用するタイプの『外付け冷却ファン』も販売されています。

PS4本体内部にも冷却ファンは搭載されていますが、外付けの冷却ファンも導入することで冷却効果をアップさせることができます。

10.冷却パッドを利用する

『冷却パッド』は、主にノートパソコンなどを上に置いて利用する冷却アイテムです。

最近ではPS4に対応しているものも出てきており、ノートパソコンとPS4で併用できるので使い勝手も良いです。冷却パッドは本体を直接的に冷やすことができるので、「PS4本体が熱くて困る!」という方は導入してみてはいかがでしょうか。

11.吸気口と排気口を掃除する

本体側面の吸気口と背面の排気口は、剥き出しで設置されているため時間が経つにつれホコリも溜まってきます。ホコリが溜まると空気の通りも悪くなるので、定期的に掃除を行うようにすると良いでしょう。

掃除を行う際は、吸気口と排気口に掃除機を軽く押し当ててホコリを吸い出すか、もしくはクイックルハンディやピンセットなどでホコリを取り除きましょう。

特に夏場は冷却ファンが稼働しやすい時期なので、うるさい場合は一度掃除するのがオススメです。

12.ホコリ防止カバーの導入

折角掃除したのにまたすぐホコリが溜まってしまうのは考えもの。遊んでいない時にはカバーなどを被せておくことで、吸気口と排気口にホコリが溜まるのを防ぐことに繋がります。

またPS4Pro向けには、ホコリ防止用のカバーも販売されています。

ブランド:サイバーガジェット
¥1,350 (2021/07/30 19:34:47時点 Amazon調べ)

13.HDDの容量に空きを作る

HDDの容量をいっぱいに使用してしまうと、PS4の動きも遅くなり、処理が大きくなって熱も上がりやすくなります。そのためPS4のHDDの不要なデータに関しては、削除して空きを作っておくことをオススメします。

14.SSDに換装する

ゲーム機やPCなどの精密機械には、内蔵ストレージと呼ばれる保存領域が搭載されています。利用される内蔵ストレージには「HDD」と「SSD」の2種類が存在しており、PS4ではHDDが使われています。

項目HDDSSD
データ容量多い少ない
価格安い高い
耐衝撃弱い強い
消費電力大きい少ない
発熱
作動音

HDDには上記のようなデメリットがあり、PS4の騒音にはこのHDDの作動音も含まれていたり、HDD本体が発熱しやすいため、冷却ファンをさらに稼働させることにも繋がっていたりという問題もあります。

そこで内蔵HDDを「SSD(ソリッドステートドライブ)」に換装するのがオススメ。SSDには発熱もなく、作動音も小さいといったメリットがあり、騒音問題を大きく解決してくれます。PlayStation®4のHDDを交換する方法
ブランド:キオクシア(KIOXIA)
¥6,880 (2021/07/30 19:34:48時点 Amazon調べ)

新しいPS4のソフトウェアなら、アップデートされて外付けのSSDにも対応できるようになりました。外部ストレージとして利用することはできますが、外付けの場合はHDDの起動が変わらず必要になります。

SSDはデータの読み込み速度も早いため、外付けの場合でもゲーム起動時間やロード時間の短縮に繋がりますよ。

15.新しいものに買い換える

一般的にPS4の初期型モデルであるCUH-1000とCUH-1100は、消費電力も大きくファンの音もうるさいと言われています。

一方でPS4Proや現行型のスリムは消費電力も小さく、ファンの音も静かなモデル。特に初期型を使っている方は買い替えも検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにPS5が発売されましたが、PS4とのゲームの共有が可能であったり互換機能も搭載されていたりと、まだまだPS4の活躍の場は大きいです。騒音などで不満がある場合は、この機会に新しいPS4に買い換えるのも良い選択でしょう。

ブランド:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

保冷剤には注意

保冷剤をPS4の上に直置きするのは絶対にダメです。水滴が落ちて故障の原因になってしまいます。

また保冷剤をラップなどに包んでPS4の上に置くのも注意が必要です。保冷剤の温度はかなり低いため、PS4を急激に冷やすことになり、湿気の多い環境の場合は結露した水滴が内部に溜まってしまう可能性があります。

PS4は精密機械なので、基本的に冷却は冷風で行うのをオススメします。

PS4Proでも型番によってはうるさい

型番騒音レベル
CUH-7000
CUH-7100
CUH-7200

最新モデルであるPS4Proですが、型番によってはファンの音がうるさいものもあります。ユーザーの間では、初期型のCUH-7000モデルは、データサイズの大きいものや高いグラフィックスのものを遊ぶ際にかなり大きな音が出ると言われています。

ダウンロード版にしたらおさまる?

PS4ではゲームディスクをプレイ中に読み込む事はありません。すべて起動時に読み込まれるため、ゲームプレイ中の騒音はファンのフル稼働が原因になります。

そのため、ダウンロード版に変えたからと言って良くなることはないのでご注意ください。

対策しないとどうなる?

PS4内部の熱が上昇しうまく冷却が行われていないと、ゲーム機のパフォーマンスが下がってしまいます。画面にカクツキが出たり、アプリケーションエラーでシャットダウンしたりということも起こり得ます。

またPS4は熱に弱いため、熱が内部に溜まってしまうと最悪の場合故障の原因にも。「本体のフリーズが多い」「熱で本体が落ちる」「騒音がうるさすぎる」などの症状がある場合は、故障のサインかもしれません。

熱対策をしても改善されないなら、修理に出すことをオススメします。

まとめ

PS4の騒音に悩まされているという人は意外に多いのではないかと思います。特に最近のゲームはデータサイズも大きく、グラフィックのレベルもかなり高いため、PS4の処理にも大きく負担が掛かってきますからね。

PS4を出来るだけ静かにしたいという人はもちろん、故障を防ぐメンテナンス方法としても、ぜひ参考にしてみてくださいね。