【2021年版】「一度は見た方がいい!」本当に面白いおすすめ名作映画55選

爽快なアクションでスッキリしたり、ヒューマンドラマで暖かい感動を味わったり、はたまたコメディで大笑いしたり。毎日の生活にささやかな幸せを与えてくれるのが映画の魅力です。

最近ではプライムビデオなどのビデオ配信サービスを利用して手軽に楽しめるようになりましたが、とはいえ配信数も多く「オススメ映画を知りたい!」「心に残る名作を見たい!」という人も多いはず。

そこでこの記事では、アカデミー賞受賞作や映画ファンの間で評価が高いもの、自分が実際に見て面白かったものを厳選し、名作映画をジャンル別にまとめてご紹介していきます。

moooh

どの映画も自信を持ってオススメできるものばかりなので、ぜひ見てみてくださいね!

オールジャンルベスト10

1

ダークナイト

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ダークナイト
©Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画史に残る最凶の“悪”と、驚愕の映像世界は圧巻!

クリストファー・ノーラン監督が手掛けるバットマンシリーズ『ダークナイトトリロジー』の第2弾。バットマン最大の敵・ジョーカーが登場し、ゴッサムシティは再び恐怖に包まれることに。戦いを通し、バットマンは自身のヒーローとしてのあり方とも向き合っていくことになります。

本作はダークな作風とシリアスなストーリー展開で、多くの批評家も唸らせた傑作。ただのコミック映画として括れないほど、スリリングで見応えのある内容になっています。なんと言っても、亡きヒース・レジャー演じるジョーカーがとにかくカッコ良いのです。シリーズ未視聴でも充分楽しめますよ。

監督クリストファー・ノーラン
主演クリスチャン・ベール
ヒース・レジャー
公開日2008年
2

ショーシャンクの空に

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ショーシャンクの空に
©COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.

今なお多くの映画ファンの心を掴む傑作ヒューマンドラマ

優秀な銀行員アンディは、無実の罪でショーシャンク刑務所へ入れられることに。刑務所内の調達屋レッドとの出会いをきっかけに、徐々に他の面々とも親しくなっていきます。そんなある日、主任刑務官が遺産相続に頭を抱えているのを知ったアンディは、財務経理の知識を駆使し解決案を提案することになります。

最高の映画ですね。どんな自己啓発本を読むよりも、そしてどんな名言を見るよりも、人生に対して強い影響を与えてくれるはず。登場人物の心情を丁寧に描いたシナリオは見応えがあり、終盤の伏線回収も秀逸。おそらく視聴後、最も爽快で胸がスッとする映画ではないかと思います。

監督フランク・ダラボン
主演ティム・ロビンス
モーガン・フリーマン
公開日1994年
3

タイタニック

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
タイタニック
©20th Century Studios.

1998年アカデミー賞作品賞にも輝いた不朽のラブストーリー

1912年に起きた豪華客船タイタニック号の沈没事故を基にしたラブストーリー。貧困の青年・ジャックと上流階級の娘・ローズの一度きりの恋が描かれていきます。本作は、第70回アカデミー賞で歴代最多の14部門にノミネート、作品賞を含む歴代最多の11部門を受賞。世界興行収入は第3位(2021年時点)を記録しています。

個人的に一番好きなラブストーリー。豪華客船に偶然乗り合わせた2人の恋が、船沈没の悲劇によって引き裂かれてしまうのはなんとも胸が苦しい…。離れてもなおジャックを思い続けるローズの姿が切なく、そこへ最後の船内のシーン。画面が霞んで見えなくなるほど感動しました。人としてお互いに惹かれ合い、思い続ける恋に憧れてしまいます。

監督ジェームズ・キャメロン
主演レオナルド・ディカプリオ
ケイト・ウィンスレット
公開日1997年
4

HEAT

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
HEAT
©Warner Bros.

これが男のカッコよさ!映画史に残る傑作アクション

ロサンゼルスのある昼下がりに起こった強盗事件。捜査担当のハナ警部補は、事件の主犯格・ニールの手際の良さに感嘆し何か運命的なものを感じます。執拗に追い続けるハナと、巧みに足跡を逃れるニール。そんな中、ニール達の最後の強盗事件となる銀行襲撃が起こります。

この映画はとにかくかっこいい。主演の2人の演技もそうですが、刑事とワルのそれぞれの生き様もものすごくかっこよくて痺れるのですよね。安直ですが「こんな大人になりたいな」と…。そしてなんといっても市街地の銃撃戦シーン。今まで見てきた映画の中でも屈指の名シーンであり、手に汗握る緊迫感はこの作品でしか味わえないものがあります。

監督マイケル・マン
主演アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
公開日1995年
5

ロード・オブ・ザ・リング

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ロード・オブ・ザ・リング
©Warner Bros.

2003年アカデミー賞作品賞に輝いた、ファンタジー映画の金字塔

ホビット庄で暮らす少年・フロドは、ふとしたきっかけから、冥王サウロンによって作り出された恐ろしい魔力を秘めた指輪を手にします。魔法使い・ガンダルフから、指輪を破壊するよう命じられたフロドは、仲間達とともに滅びの山を目指して旅立つのでした。ファンタジー映画として史上唯一、アカデミー作品賞を受賞。

個人的に大好きなファンタジー映画。王道的なストーリーはもちろん、美しく幻想的な世界観、大迫力の戦闘シーンなど、挙げればキリがない程たくさんの魅力があるのですよね。3部作展開で、1作も3時間近くとかなり長めですが、その分見応えは抜群。ファンタジー好きな人には、心からオススメの一作です。

監督ピーター・ジャクソン
主演イライジャ・ウッド
イアン・マッケランイ
公開日2001年
6

エイリアン2

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
エイリアン2
©TWENTIETH CENTURY FOX

「史上最高の続編映画」で1位を獲得した、SFアクションの傑作

前作の宇宙探査によってテラフォーミングが進み、多くの入植者達が暮らす小惑星「LV-426」。そんなある日、LV-426からの通信が突然途絶え、入植者のほとんどが行方不明に。調査のために派遣された植民地海兵隊は、そこで予想だにしない恐ろしい事態に直面することとなります。

本作は前作と打って変わってアクション寄りに。大量に襲ってくるエイリアンや、女王であるマザーに対し、銃火器や爆薬を使って壮絶な戦いが繰り広げられていきます。SFアクションとしても面白いですが、やはり一体一体との戦いからも絶望感が伝わってきて、ホラー映画としての緊迫感もしっかり楽しめるのですよね。

監督ジェームズ・キャメロン
主演シガニー・ウィーバー
公開日1986年
7

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
©Paramount Pictures.

大人気スパイアクションシリーズの最高傑作

IMFよりクレムリンへの潜入・回収任務を命じられたイーサン。問題なく進む任務でしたが、目的の資料はすでに奪われた後であり、さらにクレムリンの爆破事件が発生。ロシア政府は爆破テロの首謀者としてイーサンに疑いをかけ、アメリカはIMFを解体する事態に。イーサンは、政府やIMFのバックアップ無しで任務遂行を命じられます。

スパイ映画では一番好きなシリーズ。スパイもののハラハラするストーリー、トムならではの体を張ったアクション、美しい映像など、見ていて面白いのですよね。特にこの4作目は、一層中身も濃く展開も早いため、グイグイ引き込まれました。ブルジュ・ハリーファでのスタントなどアクションシーンもド級です。

監督ブラッド・バード
主演トム・クルーズ
公開日2011年
8

ユージュアル・サスペクツ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ユージュアル・サスペクツ
©Gramercy Pictures

巧妙なストーリーと衝撃のラスト!アカデミー脚本賞も受賞した傑作ミステリ

ある銃器強奪事件の面通しのために集められた5人の容疑者。警察での取り調べで立件されず釈放となった5人でしたが、容疑者の1人・マクマナスは5人で宝石強奪の仕事をやらないかと持ちかけます。無事に成功したかに見えた宝石強奪事件でしたが、これをきっかけに彼らは恐ろしい陰謀に巻き込まれていきます。

ミステリー好きで色々な映画を見ましたが、個人的にはNO.1の作品。5人が巻き込まれる仕事は、どこかキナ臭くて不気味であり、見ていて何とも言えない不安感に襲われます。そして伏線を一気に回収し真相が明かされる終盤は、鳥肌が立ち、忘れられないほど強く印象に残りました。ぜひ一度、この作品の衝撃を味わってみてください。

監督ブライアン・シンガー
主演ガブリエル・バーン
ケヴィン・スペイシー
公開日1995年
9

オーロラの彼方へ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
オーロラの彼方へ
©New Line Cinema

「もう一度、逢いたい。話したい。」時を超えた感動のファンタジー

幼い頃、消防士である父を倉庫火災で亡くしたジョン。父を失って30年後のある日、ジョンは家の押し入れから父の遺品であるアマチュア無線機を発見します。懐かしい気持ちで電源を入れ、無線を試みるジョン。そんな彼が無線で繋がったのは、30年前の自分の父親で・・・。

声のタイムトラベルをテーマにした作品であり、父と母に迫る事故や殺人事件を回避しようと奮闘する展開は、先の読めない緊迫感がありワクワクが止まりませんでした。息子と父親で協力して事件に向き合いながら迎えるラストシーン、圧巻の演出に号泣してしまいました。ワクワクも感動も一級品の、見応えのある一作です。

監督グレゴリー・ホブリット
主演ジェームズ・カヴィーゼル
デニス・クエイド
公開日2000年
10

マイ・フレンド・フォーエバー

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
マイ・フレンド・フォーエバー
©Universal Pictures

HIVに感染した少年と隣人の友情を描いた感動のヒューマンドラマ

少年エリックの家の隣に越してきた同い年の少年デクスター。デクスターはHIVに感染しており、初めは警戒するエリックでしたが、次第に打ち解けあい一緒に遊ぶようになります。そんなある日「ニューオーリンズでエイズの特効薬が見つかった」というゴシップを目にした2人は、特効薬を求め旅に出かけます。

人生で一番感動した映画であり、視聴後は胸がいっぱいで涙が溢れました。HIVを気にしないピュアな関係性、特効薬を求めて旅に出る真っ直ぐな姿は、心温まるのと同時にハッとさせられます。小さい頃は当たり前だった、打算や下心のないただ一緒にいたいという付き合い方は、とても素敵で大切なことなのだと思います。

監督ピーター・ホルトン
主演ブラッド・レンフロ
ジョゼフ・マゼロ
公開日1995年

アクション6選

1

ワイルドスピード スカイミッション

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ワイルドスピード スカイミッション
©Universal Pictures

ファミリーの熱い絆が胸を打つ!人気カーアクションシリーズ最高傑作

大人気カーアクション『ワイルドスピード』シリーズの第7作目。世界最強の監視プログラム「ゴッド・アイ」の奪回を命じられ、ドミニク達ファミリーは民間軍事組織に捕えられたハッカー・ラムジーとプログラムの回収へ乗り出します。主演のポール・ウォーカーへ捧げた名曲「See You Again」は必聴。

ワイルドスピードは展開は熱く、登場人物の掛け合いは面白く、メリハリがあるので癖になるのですよね。シリーズ通して描かれるファミリーの熱い絆はグッときますが、本作では亡くなったポールに敬意を払った演出も施されており、ラストは涙が止まりませんでした。色々な意味で本作をシリーズ最高傑作と挙げるファンが多いはずです。

監督ジェームズ・ワン
主演ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
公開日2015年
2

キングスマン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
キングスマン
©TWENTIETH CENTURY FOX

『キック・アス』の監督が贈る、オシャレでスタイリッシュなスパイ映画

表向きは高級テーラーでありながら、実際はどの国にも属さない中立の諜報機関「キングスマン」。ロンドンで暮らす青年・エグジーは亡き父の跡を追い、キングスマンのエージェント試験を受けることに。不良として荒んだ生活を送っていた彼は、過酷な訓練に耐え抜き次第に成長していきます。

この作品はとにかくオシャレでカッコいい。表向きは高級テーラー、裏の顔はスパイというところはもちろん、戦闘シーンにアメコミ風の要素が混ざっており、それがまたユーモラスでオシャレなのですよね。「オシャレでカッコいい映画を見たい!」という人にはこの作品がとにかくオススメ。

監督マシュー・ヴォーン
主演タロン・エガートン
コリン・ファース
公開日2014年
3

スパイダーマン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
スパイダーマン
©COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.

史上空前のヒーロー誕生!世界中で大ヒットを放った名作アクション

幼い頃に両親を失くし、父方の伯父夫婦と暮らす青年・ピーター。高校生の見学授業で訪れた研究所で、彼は放射能を浴びた特殊なクモに刺されてしまい、壁に張り付くなどの超能力を得てしまいます。始めは戸惑うピーターでしたが、能力を利用して人助けできることに気付き、スーパーヒーローになることを決意するのでした。

説明不要のマーベル1の人気ヒーローですね。クモの能力を駆使し変幻自在のアクションで戦う姿は、スタイリッシュで爽快。一方でスーツを脱いだら普通の高校生であり、恋や友情に悩む姿は微笑ましかったりします。リブート作品にあたる『アメイジングスパイダーマン』もありますが、個人的には無印がオススメ。

監督サム・ライミ
主演トビー・マグワイア
公開日2002年
4

処刑人

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
処刑人
©Indican Pictures

法で裁けぬ悪人たちを制裁するダークヒーロー

敬虔なカトリック教徒である双子のマクマナス兄弟は、ある晩ロシアン・マフィア達と大喧嘩し、彼らを殺害してしまいます。FBIでの取り調べの結果正当防衛を認められた2人は、その夜拘置所で「悪人は殺しても構わない」という神の啓示を受けます。釈放された2人は、啓示に従い次々と悪人達を殺し始めます。

法で裁けない悪党を殺して回るマクマナス兄弟のダークヒーローっぷりがとにかく爽快でカッコイイ。デニムに黒のピーコートというスタイルもカッコよく、視聴後似たような黒のピーコートを購入したのは良い思い出。今なおカルト的人気を誇る、アクション映画の名作です。

監督トロイ・ダフィー
主演ショーン・パトリック・フラナリー
ノーマン・リーダス
公開日1999年
5

アルマゲドン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
アルマゲドン
©Walt Disney Studios Motion Pictures

地球を救うべく立ち上がった男達の活躍に胸が熱くなる

20世紀末、小惑星の接近が確認され、直撃のコース上にある地球は滅亡の危機に瀕します。事態を解決するためNASAは「小惑星に穴を掘り、内部で核爆弾を爆発させて軌道を変える」という作戦を提案します。前代未聞の作戦を遂行するために招集されたのは、「穴掘りのプロ」とされる石油採掘のスペシャリスト達でした。

パニック映画としての面白さはもちろんですが、加えて感動シーンが非常に印象的な作品なのですよね。ハリーの最後の通信、任務を終えて地球に帰還するシーン(人によってはズルく感じるかも)は本当に大好きです。科学的考証は二の次に、登場人物やストーリーを押し出したアクション作品なので、飽くまでエンタメ作品として楽しむのが良いでしょう。

監督マイケル・ベイ
主演ブルース・ウィリス
ベン・アフレック
公開日1998年
6

フェイス/オフ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
フェイス/オフ
©Paramount Pictures.

顔を取り替えた凶悪犯と捜査官の運命は…

FBI捜査官アーチャーのもとに、幼い息子の命を奪った因縁のテロリスト・キャスターが、ロサンゼルスに細菌爆弾を仕掛けたとの情報が入ります。キャスターを捕らえたアーチャーは、仲間から情報を聞き出すため、顔を移植してキャスターになりすまし潜入するよう指示されます。しかしそんな彼の前に、アーチャーの顔を移植したキャスターが姿を現し…。

顔を入れ替えたことで周囲から憎まれ、追われる立場になってしまったアーチャーがなんとも歯痒く、辛い。元に戻ろうと再びキャスターを追いかける姿は自然と応援してしまい、ラストシーンの演出では、それまでの内容から来るカタルシスが凄まじく号泣しました。「ストーリーが素晴らしいアクション映画」ならこの作品がオススメ。

監督ジョン・ウー
主演ニコラス・ケイジ
ジョン・トラヴォルタ
公開日1997年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • ダイ・ハード →ブルース・ウィリスといえばコレ!と言える作品ですね。ユーモアもあって迫力のアクションシーンもあって、個人的にも大好きな映画です。
  • ボーン・アイデンティティー →サスペンスとアクションが合わさった内容にはグイグイ引き込まれ、見始めるとシリーズ一気見したくなるほど止まらなくなりますよね。
  • 007 →ジェームズ・ボンドが主役の人気スパイ映画。スパイもののスリリングさと、ヨーロッパのオシャレさを楽しめるところも魅力。
  • ザ・ロック →アルカトラズ島で繰り広げられるアクションは圧巻。監督はマイケル・ベイ、主演はショーン・コネリーとニコラス・ケイジなので間違いないですよね。

SF6選

1

インセプション

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
インセプション
©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

夢の世界でアイデアを盗め!秀逸なラストに唸る名作SF映画

産業スパイのコブ達は、「エクストラクト」という特殊な技法を使って人の潜在意識の中に潜り込み情報を盗み出すスペシャリスト。そんな彼らに目を付けた日本人実業家・サイトーは、史上最難のミッション「インセプション」の仕事をやらないかと持ちかけます。

テーマと世界観が衝撃すぎて、グイグイ引き込まれ最後までワクワクしながら試聴しました。ミッション中は、潜在意識(夢)の世界と現実の世界が交互に描かれていくのですが、中盤からは「今どっちにいるの!?」となるくらい複雑に。そんな中で迎えるラストシーン…完璧です。考察系の映画が楽しみたい方には非常にオススメの一作。

監督クリストファー・ノーラン
主演レオナルド・ディカプリオ
公開日2010年
2

インターステラー

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
インターステラー
©Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

美しく壮大な宇宙の映像は圧巻!ノーラン監督によるSF大作

元宇宙飛行士のクーパーは、滅亡の危機に瀕した地球を救うべく打ち出された居住可能惑星探索プロジェクト「ラザロ計画」に参加します。地球に残した幼い我が子のため、クーパー率いる宇宙飛行士チームは無事任務を遂行することができるのか? 本作は第87回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しています。

今まで見てきた宇宙映画の中で、一番魅力的で、そして圧倒された作品でした。美しい宇宙の映像や秀逸な視覚効果に加え、制作には理論物理学者も参加しており、ブラックホールや相対性理論など、宇宙の神秘がかなり説得力を持って描写されているのです。「愛は観測可能」という哲学的なテーマも作品にマッチしていて非常に魅力的でした。

監督クリストファー・ノーラン
主演マシュー・マコノヒー
公開日2014年
3

2001年宇宙の旅

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
2001年宇宙の旅
©Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.

鬼才キューブリック監督が壮大な映像と音楽で描くSF大作

人類が文明を築く400万年前、地球上に突如謎の黒い石板「モノリス」が出現。それに触れた猿人たちは高度な知識を身に付け、様々な文明を築いていきます。そして時は進み、人類の月での居住が可能になった現在。月面基地・クラビウスで、再び黒い石板「モノリス」が発見されます。

この作品の魅力は映像美。1968年の映画なのにこのクオリティ!?と驚く出来栄え。宇宙船内の様子や宇宙の風景も、全くふるめかしさを感じないのですよね。特に後半の演出と美術品は圧巻でした。ただしストーリーが難解で長いので、人によっては退屈でウトウトするかもしれません。見終わったあとは「すごい映画だった」と思えた作品です。

監督スタンリー・キューブリック
主演キア・デュリア
公開日1968年
4

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2
©Universal Pictures

一世を風靡したタイムトラベルシリーズ第2弾!危機を回避すべく、今度は未来へ!

1985年に公開されたSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編。前作のタイムトラベルから帰還した主人公・マーティに、ドクは「未来でマーティの息子がトラブルを起こし、それをきっかけに未来のマクフライ家が破滅する」ことを打ち明けます。危機を回避するため、彼らは再びタイムトラベルへと出発するのでした。

言わずと知れたSF映画の傑作ですね。このシリーズはどれも面白いのですが、一番完成度が高いのはやはりPART2ですね。ストーリーも前作に劣らずワクワクする上、1の何気ないシーンが伏線となって回収されていく展開は見事。ギャグとシリアスの塩梅もちょうど良く、気軽に見れてしっかりと面白いSF映画です。

監督ロバート・ゼメキス
主演マイケル・J・フォックス
クリストファー・ロイド
公開日1989年
5

メン・イン・ブラック3

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
メン・イン・ブラック3
©Columbia Pictures Industries, Inc

エイリアンから地球を守る!人気SFシリーズの最高傑作

月面にある刑務所から脱獄に成功した凶悪エイリアン・ボリス。彼は自身を捉えたエージェントKに復讐するため、地球に降り立ちKの殺害へと乗り出します。ボリスを捕まえるべく奔走するエージェントJとKでしたが、ボリスの残した言葉をきっかけに、Kは姿を眩ませてしまいます。

都市伝説をパロディー化したり、登場人物がユーモラスでクセが強かったり、コメディ映画として楽しめるのが本シリーズの魅力。3ではそんな面白さに加え、あっと驚く展開や秀逸な伏線回収もあり、笑いあり涙ありで楽しめる映画に仕上がっています。娯楽映画としてはまさにうってつけの作品です。

監督バリー・ソネンフェルド
主演ウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ
公開日2012年
6

トランスフォーマー ダークサイドムーン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
トランスフォーマー ダークサイドムーン
©Paramount Pictures.

シリーズ第1部完結編!シカゴでの大迫力の最終決戦が見どころ

実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの第3作。悪の軍団・ディセプティコンとの戦いをくぐり抜けてきたサムとオートボット達。そんな彼らの前に、ディセプティコンのリーダー・メガトロンと結託した伝説の戦士センチネル・プライムが現れ、地球の滅亡をかけた壮絶な戦いが幕を開けます。

トランスフォーマーシリーズはアクションや映像迫力の面が特に素晴らしい作品ですが、中でも3作目はシリーズ屈指の大迫力。シカゴで展開される最終決戦には目が釘付けになりました。お馴染みのユーモアもたっぷりで、笑いあり、興奮あり、感動ありの3拍子揃った見応えのある作品です。

監督マイケル・ベイ
主演シャイア・ラブーフ
公開日2011年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • ガタカ →遺伝子操作をテーマにしたSF映画。近未来の建造物や哲学的なエッセンスを含んだストーリーは見応えあり。
  • スタートレック →宇宙を舞台に人類と異星人の戦いを描いた人気シリーズ。内容も充分魅力ですが、他作品に比べ親しみやすいのも大きなポイント。
  • スター・ウォーズ →説明不要の大人気スペースオペラですね。世界観や伏線を張ったストーリーなど非常に面白いのですが、古いし長いので挫折する人も多いようですね。
  • マトリックス →銃弾を避けるシーンが有名ですね。仮想世界を題材にしたストーリーも秀逸で、今見てもものすごく面白い作品です。

ヒューマンドラマ6選

1

フォレスト・ガンプ/一期一会

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
フォレスト・ガンプ
©PARAMOUNT PICTURES.

アカデミー賞を総なめにしたヒューマンファンタジーの金字塔

バス停のベンチに座る1人の男性・フォレスト。バスを待っている間、彼は隣に座る人々に対し自身の人生を回想しながら語り聞かせていきます。その内容は信じがたいような体験ばかりで…。1994年度アカデミー賞で作品賞をはじめ、主要6部門で受賞に輝いたヒューマンファンタジーの傑作。

知能指数が低いながらも純心で優しい心を持ったフォレストが、真っ直ぐな気持ちで色々な体験を繰り返していく様子は、コミカルでくすっとくるのと同時にとてもワクワクさせてくれます。自分が楽しいと思えることに素直に取り組むということは、やはりとても大切なことだと思いました。良い映画を見たな感が随一の作品。

監督ロバート・ゼメキス
主演トム・ハンクス
公開日1994年
2

ニュー・シネマ・パラダイス

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ニュー・シネマ・パラダイス
©CristaldiFilm

青春、郷愁、そして映画への愛情が描かれた珠玉の感動作

戦後間もないシチリアの小さな村で暮らす少年・トト。村唯一の娯楽施設である映画館・パラダイス座で映画に魅了された彼は、毎日のように映写室へ通い詰めるようになります。そんなトトに困り顔の映写技師・アルフレードでしたが、次第に2人の間には不思議な友情が芽生えていきます。

映画を通して成長していくトトの姿が感動的で、見ていて自然と心が暖かくなります。全体的にノスタルジックな雰囲気が漂っているのも魅力なのですよね。改めて映画っていいなぁと感じられた作品でした。なお約170分の完全オリジナル版もありますが、そちらは蛇足気味なので見るなら120分版がオススメ。

監督ジュゼッペ・トルナトーレ
主演フィリップ・ノワレ
ジャック・ペラン
公開日1988年
3

遠い空の向こうに

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
遠い空の向こうに
©Universal Pictures

元NASAのエンジニアの自伝を映画化した感動の青春ドラマ

ウエスト・ヴァージニアの小さな炭坑の町に住む高校生・ホーマー・ヒッカム。ソ連が打ち上げた人類初の人工衛星に感銘を受けた彼は、友人4人と共にロケット作りを始めます。そんな彼に対し、父は炭鉱夫として働くよう反対。時にぶつかり、時に励ましあいながら、夢に向かって努力する少年の姿が描かれます。

何度見ても感動する、大好きな作品。環境や境遇のせいにせず、夢を叶えようと必死に努力する姿には心揺さぶられます。表面上は反対しながらも陰で支えようとする父親、炭坑夫にはなりたくないと言いながら父を心から尊敬している息子。そんな2人の関係性も見ていて心にじわっときます。

監督ジョー・ジョンストン
主演ジェイク・ギレンホール
クリス・クーパー
公開日1999年
4

アメリカン・ビューティー

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
アメリカン・ビューティー
©DREAMWORKS LLC.

1999年度アカデミー賞5冠!アメリカ中年男のキレた人生譚

郊外の一軒家で妻と一人娘と共に暮らす普通のサラリーマン、レスター。そんなある日、会社からリストラを宣告され、娘の同級生に恋をしてしまったことから彼の生活は一変してしまいます。1999年のアカデミー賞では『シックス・センス』『グリーンマイル』などの名作を抑え、作品賞に輝いた作品。

平凡な家族が崩壊する過程を、時にコミカルに時に恐ろしく描いた内容は圧巻。ホラー映画のような精神的にゾクッとくる演出も秀逸で、サスペンス映画かと思うほど引き込まれました。そしてラストに流れる哲学的な深いセリフ。自分は理解できませんでしたが、きっと強く心に残るワンシーンになるはず。

監督サム・メンデス
主演ケヴィン・スペイシー
公開日1999年
5

ダンサー・イン・ザ・ダーク

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ダンサー・イン・ザ・ダーク
©New Line Cinema

映画史上もっとも後味が悪いと評される名作ドラマ

アメリカのある町で、息子ジーンと2人貧しく暮らす女性セルマ。先天性の病気から今年中に失明することを告知された彼女は、遺伝の影響を受けたジーンを治す手術費用を貯めるため、昼夜問わずさらに懸命に働き始めます。しかしそんな彼女の視力は徐々に低下し、やがて日常生活にも支障を来し始めます。

自分が今まで見た映画の中で、もっとも重く後味が悪かった作品。息子を救うために懸命に働きながらも、徐々に失明し思い通りに行かなくなるセルマ、何も悪いことをしていないのに不運な運命に巻き込まれていく残酷さ、ただただ胸が苦しく辛い内容でした。ただ、個人的には心に深く刺さり考えさせられる素晴らしい作品だと思います。

監督ラース・フォン・トリアー
主演ビョーク
公開日2000年
6

JOKER

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
JOKER
©Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

狂気に満ちた悪のカリスマ「ジョーカー」誕生の物語

財政難によって荒んだゴッサムシティで、母と貧しく暮らす男・アーサー。ある出来事をきっかけに仕事をクビになった彼は、その日偶然地下鉄で人を銃殺してしまいます。ジョーカーはどのようにして生まれたのか? 1人の人間が、悪のカリスマとして闇に染まるまでの半生が生々しく描かれていきます。

ジョーカーにはどんな過去があるのか? どうしてジョーカーが生まれたのか? そういった部分をしっかりと描いた作品。全体的にかなり陰鬱で、そして主人公・アーサーの生き様を深く深く描いていくので、ヒューマンドラマとして非常に見応えがあるのです。ファンはもちろん、それ以外の人でも楽しめる作品だと思います。

監督トッド・フィリップス
主演ホアキン・フェニックス
公開日2019年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • グッド・ウィル・ハンティング →天才的な頭脳を持った青年と心理学教授の心の交流を描いた作品。ロビン・ウィリアムズが演じる先生って、どの作品でも魅力的ですよね…。
  • レインマン →1988年度のアカデミー賞作品賞に輝いた名作ドラマ。兄弟愛、人間としての変化に胸を打たれる素晴らしい作品です。
  • ワンダー君は太陽 →病気が原因で顔の形が変形した少年・オギーと家族の愛を描いた作品。優しさとユーモアに溢れた家族の姿に感動しました。
  • セッション →その年のアカデミー賞で助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズの演技は圧巻。ラストの演奏シーンは目が釘付けになりました。

ミステリー・サスペンス6選

1

羊たちの沈黙

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
羊たちの沈黙
©Warner Bros.

サイコ・サスペンスの傑作!猟奇殺人事件の結末は…

若い女性が殺害され皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件がアメリカ各地で発生。FBI捜査官訓練生のクラリスは、事件解明のために、監禁中である元精神科医の凶悪殺人犯レクターのもとを訪れます。交換条件のもと、なんとかレクターから助言を貰うことに成功したクラリスのもとに、新たな事件の情報が入ります。

本作はアカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画であり、シナリオや演出などすべてが高水準で非常に見応えがあります。事件のおぞましさもさる事ながら、何よりもレクター博士の不気味さが恐ろしく、登場するたびに何度も鳥肌が立ちました。レクター博士を描いた続編も出ており、そちらも非常に良かったのでハマった方はぜひ見てみてください。

監督ジョナサン・デミ
主演ジョディ・フォスター
アンソニー・ホプキンス
公開日1991年
2

セブン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
セブン
©Warner Bros.

猟奇殺人事件の恐ろしい顛末を描いた傑作サスペンス

雨の降り続くとある大都会で、7つの大罪をモチーフにした惨たらしい連続猟奇殺人事件が発生。ベテラン刑事・サマセットと新人刑事・ミルズの2人は、事件の犯人を追い捜査を開始します。難航する犯人捜査と嘲笑うように次々と起こる殺人事件。やがて事件は、衝撃のクライマックスへと向かっていきます。

恐ろしい猟奇殺人事件と、シリアスでダークの作風が見事にマッチしており、ホラー映画としても楽しめる作品。惨たらしい殺害現場が出てくるので、サイコサスペンスな雰囲気を存分に味わえるのも魅力(苦手な人は注意)。この事件はあれで解決なのか、最後までみた人はぜひもう一度じっくり考察してみてください。

監督デヴィッド・フィンチャー
主演ブラッド・ピット
モーガン・フリーマン
公開日1995年
3

情婦

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
情婦
©United Artists Digital Studios.

どんでん返しに鳥肌!クリスティの小説が原作の法廷ミステリー

老弁護士・ウィルフリッドのもとに、未亡人殺しの容疑者・レナードの弁護依頼が舞い込みます。アリバイや証拠も不十分、夫人のクリスチーネは夫へ不信を抱くなど状況は極めて不利。決定打に欠ける中進む裁判は、評決を翌日に控えた日にかかってきた1本の電話によって、思いもよらない展開を見せます。

クリスティの小説『検察側の証人』を原作とするミステリー映画。クリスティか、と構えてみたのですが参りました…。法廷ミステリーとしての出来栄えでも素晴らしく、2転3転するシナリオはスリリングでとても面白かったです。全編モノクロですが、ミステリー好きの方はぜひ見てみてください。

監督ビリー・ワイルダー
主演タイロン・パワー
チャールズ・ロートン
公開日1957年
4

真実の行方

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
真実の行方
©Paramount Pictures.

殺人容疑者をめぐる衝撃事実とは!? 予期せぬ顛末を辿る法廷サスペンス

シカゴのカトリック教会の大司教が惨殺され、容疑者として聖歌隊所属の青年アーロンが逮捕されます。辣腕弁護士マーティンはこの事件の弁護を無償で買って出ることに。動機もなく内気でおとなしい性格のアーロンに無罪を確信するマーティンでしたが、彼の前にアーロンのもう一つの人格・ロイが姿を見せます。

ミステリーとしての衝撃度はもちろん、法廷モノとしての緊迫感も素晴らしく、脚本が抜群に面白い作品。徐々に真相に迫っていくストーリー運びに、夢中でラストまで見てしまいました。ラストに語られる真相には愕然としましたね。主演2人の演技も素晴らしく、そちらも見どころの作品です。

監督グレゴリー・ホブリット
主演リチャード・ギア
エドワード・ノートン
公開日1996年
5

ダ・ヴィンチ・コード

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ダ・ヴィンチ・コード
©COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.

世界中でベストセラーとなった人気小説が原作のミステリー映画

ルーヴル美術館で起こった、レオナルド・ダヴィンチの人体図を模した猟奇殺人事件。ハーヴァード大学の宗教象徴学教授・ラングドンは、事件解決に尽力してほしいと警察への同行を求められます。フランス警察の暗号解読官・ソフィーと協力し、彼は事件に隠された大きな謎に迫っていくのでした。

猟奇殺人事件にダヴィンチの絵画の謎を絡めて展開されるストーリーには、ワクワクが止まりませんでした。主人公が宗教象徴学の教授というところもユニークで、自分の知識だけで事件を紐解いていく様子がカッコいいのですよね。映画を見終わった頃には、きっと自分で調べ学習をしたくなるはず。

監督ロン・ハワード
主演トム・ハンクス
オドレイ・トトゥ
公開日2006年
6

マルホランド・ドライブ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
マルホランド・ドライブ
©Universal Pictures

奇才デヴィッド・リンチが描くカルト的人気を誇るミステリー映画

夜のマルホランド・ドライブ道路で起きた交通事故。現場から唯一生き延びた女性は、助けを求めハリウッドへ辿り着きます。偶然潜り込んだ家で、女優志望のベティに見つかった彼女は、自身が事故で記憶喪失になっていることを打ち明けます。ベティは彼女に協力し、失った記憶を取り戻す手助けをしていきます。

デヴィッド・リンチ監督といえば、『イレイザーヘッド』や『ツイン・ピークス』など、難解なシナリオを魅力とする作品が多いです。本作もそれに漏れず、非常に難解。現実・夢・回想・空想のどれもが、巧みに入り混じり、まるでグチャグチャの夢を見ているかのような不気味さがあります。考察系が好きな方にはイチ押し。

監督デヴィッド・リンチ
主演ナオミ・ワッツ
ローラ・ハリング
公開日2001年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • ファイトクラブ →デヴィッド・フィンチャー監督×ブラピにエドワード・ノートンと、間違いなく面白いメンツです。シナリオもどんでん返しも秀逸。
  • 氷の微笑 →2転3転するシナリオ展開からは目が離せず、最後の最後まで予想できない見応えのある内容でした。
  • 閉ざされた森 →騙された!感が随一の名作ミステリ。そのシナリオは、水曜プレシネのナレーターも務めていたLiLiCoさんが大絶賛するほど。
  • 裏窓 →ヒッチコック監督の代表作。ミステリーとしてのスリリングさも魅力ですが、何よりヒロインを演じたグレース・ケリーがすごく綺麗で…。

ホラー・パニック6選

1

死霊館

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
死霊館
©Warner Bros.

超常現象研究家・ウォーレン夫妻が遭遇した恐ろしい事件

若い夫婦と5人の娘で暮らすペロン一家は、ロードアイランド州の田舎にある古い屋敷のような一軒家を購入します。念願のマイホームに喜ぶペロン一家でしたが、翌日から不気味で恐ろしい現象に悩まされるようになります。命の危険を感じ始めた一家は、アメリカの超常現象研究家・ウォーレン夫妻に助けを求めるのでした。

超常現象研究家であるウォーレン夫妻が体験した事件を、題材として扱ったホラー映画です。演出やストーリーはホラー映画としても一級品なのですが、何よりもこれが実話であるというのにゾッとします。やはり悪魔や魔女の儀式系の話は怖いですね…。オカルト好きな人は、ドキュメンタリーとして楽しむのもオススメ。

監督ジェームズ・ワン
主演ヴェラ・ファーミガ
パトリック・ウィルソン
公開日2013年
2

ヘレディタリー/継承

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ヘレディタリー/継承
©Hereditary Film Productions, LLC

「21世紀最高のホラー映画」と評された名作サイコホラー

母と父と兄を重度の精神疾患で失ったアニー。自身も長い間夢遊病に悩まされていた彼女は、この遺伝による精神疾患がいずれは自分の息子達にまで及ぶのではないかと心配し始めます。そんな矢先に起こった娘の死亡事故をきっかけに、アニー一家の周囲で恐ろしい現象が起き始めます。

個人的にホラー映画は好きで、名作・面白いと言われる作品はかなり見てきましたが、中でもこの作品はものすごく怖かったです。物語終盤まで核心に迫らず不穏な空気がただ流れる、という内容なのにどこか不安な気持ちにさせられ、終盤で明かされる真実に一気に鳥肌が立ちました。シナリオまでしっかり面白いホラー映画をお探しならこの作品がオススメ。

監督アリ・アスター
主演トニ・コレット
公開日2018年
3

マーターズ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
マーターズ
©kingrecords

トラウマ級のグロさ!カルト的人気を誇る名作スプラッター

少女・リュシーは、ある日何者かによって誘拐され、長期間に及ぶ監禁・拷問・虐待を受けます。自力でなんとか脱出し療養のため施設に預けられたリュシーでしたが、心にトラウマを植え付けられ幻覚に悩まされるように。15年後、誘拐犯の所在を突き止めたリュシーは、復讐のために大虐殺を行います。

とにかくグロい…。他のスプラッター映画でもまず見られないような、かなりのゴア表現(自分の首を切る、皮膚を剥ぐetc)があります。しかしそれだけではなく、シナリオも他のホラーとは一線を画していて見応えあるのもポイント。考察の余地を残した内容に、今なお多くのファンの間で結末に対する議論が繰り広げられています。

監督パスカル・ロジェ
主演モルジャーナ・アラウィ
ミレーヌ・ジャンパノイ
公開日2008年
4

ミスト

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ミスト
©Broadmedia Corporation.

街を包む霧の正体とは?スティーヴン・キング原作の名作SFホラー

激しい嵐に見舞われた翌日、デヴィッドと息子のビリー、近所に住むノートンの3人は、車でスーパーマーケットへ買い出しに向かうことに。しかし買い物の最中に街は大規模な霧に包み込まれ、流血した男性が「霧の中に何かがいる」と訴えながら店内へ逃げ込んできます。不安に駆られたデヴィッド達の前に、謎の触手が姿を現し・・・。

SFホラーとしても充分面白いですが、人々の心理を丁寧に描いたストーリーも秀逸。生き残るために衝突し、カルト集団まで出来上がってしまう集団心理には苦々しい気分になりました。心の中でカルト集団をバカにしつつ、見進めた先に起こる結末には愕然。ホラー映画の枠に留めるのはもったいない、非常に見応えのある作品です。

監督フランク・ダラボン
主演トーマス・ジェーン
公開日2007年
5

永遠のこどもたち

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
永遠のこどもたち
©シネカノン

閉鎖された孤児院に隠された真実とは…

海辺にある孤児院で育ったラウラは、そこを障害を持つ子供達の施設にするために買い取り、夫のカルロスと7歳の息子シモンと共に移り住むことに。引っ越しや開園準備が順調に進む一方で、シモンが空想上の友達と遊ぶ姿に不安を感じ始めます。そして数日後の開園パーティーの日、シモンが忽然と姿を消してしまいます。

ホラー映画ではありますが、悲しく切ないストーリーが見どころの作品。時折出てくるホラーな演出もゾワっときて良いですが、孤児院に隠された真実に迫っていくストーリー展開に見事に引き込まれました。最後まで見て真実を知った時には、とても切なくて涙したのを覚えています。批判的な見方もできますが、個人的にはとても感動できる良い作品。

監督J・A・バヨナ
主演ベレン・ルエダ
公開日2007年
6

ディープ・ブルー

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ディープ・ブルー
©Warner Bros.

死亡フラグをへし折る展開が笑撃な名作パニックホラー

太平洋上に浮かぶ医学研究施設「アクアティカ」。サメを利用したアルツハイマー病の治療薬の開発が行われていた本施設から、ある日第一世代のサメ一頭が脱走。サメに襲撃されシステムダウンに陥った施設で、研究員達の決死の脱出劇が描かれます。

個人的に、パニックもののB級映画のなかでイチ推しの作品。本作の一番の魅力は、他の映画でお約束となる死亡フラグをことごとく無視して進むところです。「いつもこのタイプの人は死ぬよね」という人が生き残ったり、「絶対サメ来てるよ…?」というシーンでサメが来なかったり。友人達とワイワイしながら楽しむのにはオススメの一作です。

監督レニー・ハーリン
主演サフロン・バロウズ
トーマス・ジェーン
公開日1999年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • ミザリー →スティーヴン・キングの小説が原作。中年女性アニーの狂気っぷりが怖過ぎて、一時期トラウマになったほどでした。
  • シャイニング →こちらもスティーヴン・キングの小説が原作。幽霊やポルターガイスト系も怖いですが、やはり人怖系が一番スリルがありますよね。
  • エスター →美少女エスターが家族を崩壊させていく様子が怖過ぎて…。最後の最後で分かる真相もゾッとして鳥肌が立ちました。
  • エンゼル・ハート →ホラーとオカルトを融合させた内容は恐ろしいさもありワクワク感もあり、見ていて非常に引き込まれました。

コメディ6選

1

きっと、うまくいく

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
きっと、うまくいく
©Vidhu Vinod Chopra Production

インドアカデミー賞で史上最多16部門を受賞した傑作ドラマ

インドの超難関理系大学・ICEに入学し、ルームメイトとして出会ったランチョー、ファラン、ラージューの3人。世間の常識に疑問を感じていた彼らは意気投合し、毎日のようにバカ騒ぎを繰り返していました。卒業から10年後、突然ランチョーが行方不明になったと聞かされたファランとラージューは、彼を捜す旅に出るのですが…。

チープな表現かもしれませんが「神映画」です。コミカルで笑える一方教育問題や現代の生き方に対しても描かれており、見ていて心が震えます。人生で壁にぶつかった時や悩みを抱えている時に見ると、きっとスカッとさせてくれるはず。世界中で高い評価を受けているのも納得の傑作ヒューマンドラマです。

監督ラージクマール・ヒラーニ
主演アーミル・カーン
R・マドハヴァン
シャルマン・ジョーシー
公開日2009年
2

プラダを着た悪魔

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
プラダを着た悪魔
©TWENTIETH CENTURY FOX

やりたい仕事と向き合う勇気をくれる、感動のサクセスストーリー

ジャーナリストを目指し就職活動を行う主人公・アンドレアは、幸運にも全女性が憧れとするファッション雑誌『ランウェイ』の編集長・ミランダのアシスタント係として働くことに。しかしミランダから任せられるのは、悪魔的とも言える厳しい仕事内容ばかりで・・・。

最悪の上司の下で前向きに頑張る姿は、コミカルな反面見ていてとても元気が貰えます。「厳しい上司の元でも懸命に働けば成功できる」という内容ではなく、仕事を通して自分の本当にやりたいことと向き合っていくという内容なのが、この作品の魅力。自分自身の仕事観に刺激を与えてくれる映画ではないかと思います。

監督デヴィッド・フランケル
主演メリル・ストリープ
アン・ハサウェイ
公開日2006年
3

オーシャンズ11

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
オーシャンズ11
©Warner Bros.

カッコよさとユーモアが癖になる名作ケイパー映画

ダニー・オーシャン率いる11人の犯罪集団・オーシャンズは、ラスベガス三大カジノの金庫室にある1億6000万ドル以上の大金を盗み出す計画を立てます。高度なセキュリティに守られ、未だかつて誰にも侵入されたことのない難攻不落の巨大金庫。果たして彼らは、無事に計画を遂行することができるのか?

頭を空っぽにして、笑えて楽しめる映画といえばコレ。銀行強盗のワクワク感はもちろん、登場人物みんな個性的で掛け合いにもユーモアがあって、見ているだけで楽しい気分になれる映画だと思います。ダニーがお金だけでなく、元奥さんを取り戻そうとする辺りも好き。

監督スティーブン・ソダーバーグ
主演ジョージ・クルーニー
ブラッド・ピット
公開日2001年
4

イエスマン “YES”は人生のパスワード

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
イエスマン “YES”は人生のパスワード
©Warner Bros.

何事にも「YES」と答えることにした男の痛快コメディ!

プライベートも仕事も、すべての誘いを「NO」と断る銀行員のカール。そんなある日、友人であるニックから「“イエスマン”になって人生が変わった。」と謎のセミナーの冊子を渡されます。見学のつもりでセミナーを訪れたカールでしたが、周囲の雰囲気に押され「イエスの誓い」を立てることに。

すべての誘いに「YES!(嫌々)」と答え続けるカールの姿が痛快で笑える反面、「なんだか楽しそう」と少し魅力的にも映ります。これが、ダニーウォレスさんの実体験を基にしているというのだから驚き。さすがにすべてというのはやりすぎですが、プライベートの誘いはすべてYESと決めてしまうのも、案外人生を豊にするきっかけになるかもしれませんね。

監督ペイトン・リード
主演ジム・キャリー
公開日2008年
5

スティング

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
スティング
©Universal Pictures

どんでん返しに衝撃!アカデミー賞作品賞も受賞した名作コメディ

若き詐欺師のフッカーは、ある日ギャングの手下から詐欺で大金を盗み取ります。大儲けに成功したフッカーでしたが、その大金は大物ギャング・ロネガンに渡るはずのものであり、激怒したロネガンによってフッカーの師匠であるルーサーが殺害されてしまいます。ロネガンへの復讐に燃えるフッカーは、ルーサーの旧友・ゴンドーフのもとを訪ねます。

どんでん返し系の作品では、必ず名前が挙がる作品ですね。少し昔の映画ですが、詐欺師達の華麗な騙し合い、2転3転するシナリオなど、見ていてグイグイ引き込まれ全く目が離せませんでした。復讐劇のラストも痛快で、視聴後は晴れやかな気分になるはず。「騙された!」感を味わいたい人は、ぜひ一度ご覧ください。

監督ジョージ・ロイ・ヒル
主演ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード
公開日1973年
6

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
©DreamWorks Pictures

天才詐欺師の痛快な半生を描く、実話を元にしたドラマ

仲の良い両親と幸せに暮らす16歳の青年フランク。しかしそんな日々は、父親の事業倒産によって終わりを迎えます。困窮した生活、離婚してしまう両親、耐えきれなくなった彼は単身マンハッタンへと移り住むことに。金に強い執着を見せる彼は、確固たるステータスを持つパイロットに成りすまそうと画策します。

パイロットになりすまし、偽造小切手で豪遊し、司法試験にも合格してしまうという天才詐欺師の生き様が痛快。何もない自分を優秀に見せ、相手を騙していく姿は最高にかっこいいですね。詐欺師と言えど単純なワルではなく、父親を尊敬していたり、必死に勉強していたりと、人間味豊かに描かれているのも魅力です。

監督スティーヴン・スピルバーグ
主演レオナルド・ディカプリオ
トム・ハンクス
公開日2002年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • 最強の2人 →育ちも人種も違う2人の男性が、次第に心を通わせ友人となっていく姿には心が暖かくなります。
  • 最高の人生の見つけ方 →余命宣告を受け、おじいちゃん2人が人生を謳歌しようと遊びまわる姿は痛快。病気は嫌ですが、自分もこんな毎日を過ごしたいなと思わされました。
  • ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い →最高にバカで下品なコメディ映画。親友4人が集まって、盛大にバカなことをやっている姿がおかしくて最高に笑えます。
  • ラストベガス →おじいちゃん4人がベガスで暴れまわる姿は痛快。歳をとってもこうしてバカな遊びをやれる友人がいるのは、とても嬉しいことですね。

ラブストーリー・ラブコメディ6選

1

ゴースト ニューヨークの幻

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ゴースト ニューヨークの幻
©Paramount Pictures.

死んでも君を守る…。ラストは号泣必至の名作ラブファンタジー

銀行員のサムは最愛の恋人とのデートの帰り道、突然暴漢に襲われ命を落としてしまいます。しかしサムは、なぜかゴーストとなってこの世界に存在し続けることに。迫りくる危険から恋人・モリーを守るため、サムはあの手この手で彼女に知らせようと奔走します。

愛する恋人の姿は見えるのに触れられない、そんな歯痒さが切なく、それでも恋人のために奮闘する姿には胸を打たれます。ラストシーンは何度見ても、自然と涙が溢れてしまいますね…。この作品のヒットを受けて、多くの亜流作品も制作されていますが、個人的にはやはりこの映画が一番好きです。

監督ジェリー・ザッカー
主演パトリック・スウェイジ
デミ・ムーア
公開日1990年
2

LEON

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
LEON
©COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.

無垢で優しい殺し屋と幼い少女が育む凶暴で優しい純愛

最強の殺し屋・レオンは、麻薬密売組織によって家族を殺されてしまった隣人の少女・マチルダをかくまうことに。敵討ちのために殺しの相棒となったレオンとマチルダでしたが、いつしか2人の関係は愛を持った特別なものへと変化していきます。

アクションシーンも良いですが、個人的にはレオンとマチルダの純愛が見どころだと思います。レオンとマチルダのどちらも無垢で純粋で、2人で過ごす何気ないシーンがとても幸せそうで暖かい気持ちにさせられます。マチルダを助けるために、必死で戦うレオンの姿が印象的。

監督リュック・ベッソン
主演ジャン・レノ
ナタリー・ポートマン
公開日1994年
3

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
©Universal Pictures

毎日の愛おしさを痛感させられるロマンティックコメディ

タイムトラベルができる主人公の恋を描いたラブストーリー。青年ティムは、ある日バーでメアリーと出会います。タイムトラベルを繰り返し、ついにメアリーと恋人になったティム。恋愛や日常生活におけるさまざまな失敗をタイムトラベルで修正して過ごす中で、ティムは人生における日々の愛おしさに気付いていきます。

タイムトラベルを扱っていますがシリアス系ではなく、全体的に優しい雰囲気で見ていてとても心地の良い作品。「毎日の些細な時間は、自分の気持ちや態度一つで変わる」そんな当たり前のことにハッとさせられました。視聴した日には「明日も頑張るぞ!」と元気がもらえるはずです。

監督リチャード・カーティス
主演ドーナル・グリーソン
レイチェル・マクアダムス
公開日2013年
4

50回目のファースト・キス

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
50回目のファースト・キス
©COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.

前向きさが痛快!見ると元気を貰えるロマンスコメディ。

水族館で獣医師として働くヘンリーは、ある日カフェで出会った女性ルーシーと恋に落ちます。しかし彼女は、交通事故の後遺症により事故以後の記憶が全て一晩でリセットされてしまう短期記憶喪失障害だったのです。ヘンリーは毎日彼女と出会い、愛を告白し続ける中で、彼女の人生を取り戻す努力をしようと決意します。

一見するとシリアスそうなストーリーですが、ヘンリーが明るく前向きでユーモアのある男なので、思わず吹き出してしまうシーンが多々。彼女と幸せになるために色々と奮闘する姿はコミカルで笑えるのですが、同時に関心し元気ももらえるのですよね。笑いアリ涙アリで、とても見やすいロマンス映画です。

監督ピーター・シーガル
主演アダム・サンドラー
ドリュー・バリモア
公開日2004年
5

マディソン郡の橋

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
マディソン郡の橋
©Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

生涯にたった一度の確かな愛。90年代を代表する大人のラブストーリー

アイオワ州マディソン郡で、夫と子供達2人の4人で暮らす主婦・フランチェスカ。子牛の品評会に出かける家族3人を見送り留守番をする彼女のもとへ、写真家ロバートが道を訪ねにやってきます。道案内を買って出たフランチェスカは、長らく感じていなかった胸の高鳴りを覚えるのでした。

不倫の恋を扱った内容ですが、背徳的なドキドキ感はあまりなく、互いに思い愛し合う姿にただただ胸を打たれました。そんな2人が離れ離れにならなければならない現実は切なく、信号待ちのシーンで葛藤するフランチェスカの姿には、胸が締め付けられる思いでした。純粋な恋愛映画として、素晴らしい作品ではないかと思います。

監督クリント・イーストウッド
主演クリント・イーストウッド
メリル・ストリープ
公開日1992年
6

きみに読む物語

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
きみに読む物語
©NEW LINE PRODUCTIONS,INC.

恋の高揚感が詰まった、涙なしには見られない恋愛映画の傑作

認知症を患い過去を思い出せずにいるアルツハイマー症の老女と共に、療養施設へ入寮しているデューク。彼は毎日、ノートに書かれた物語を彼女へ読み聞かせます。物語は、1940年のアメリカ南部シーブルックが舞台。青年ノアと別荘にやってきた17歳のアリーの、心ときめくような恋のお話でした。

言わずと知れた名作ラブストーリーですね。ノアとアリーの恋に真っ直ぐな姿は見ていて微笑ましく、一方辛い運命に苛まれる様子には胸が苦しくなります。そしてそんな恋の物語を聴き終えたラストシーン。とても印象的で自然と涙が出ました。恋愛映画をあまり見ないという人にも、ぜひオススメしたい作品です

監督ニック・カサヴェテス
主演ライアン・ゴズリング
レイチェル・マクアダムス
公開日2004年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • ノッティングヒルの恋人 →冴えない書店主とハリウッド女優の恋というまさに映画といえる1本。人気俳優陣とコミカルで親しみやすいストーリーから、今なお人気の高い作品です。
  • ムーラン・ルージュ →豪華絢爛な映像と有名曲を使ったミュージカル的演出が秀逸。どちらかというと、別世界のおとぎ話を見ているような印象があります。
  • アデライン 100年目の恋 →ラブストーリーとファンタジーが上手く合わさった良作。恋人のお父さんの姿がとても印象的で胸を打たれました。
  • ロミオとジュリエット →名作古典の映画化。主演を務めるレオナルド・ディカプリオの王子様感が凄過ぎて、それも見どころの作品です。

ファンタジー・アドベンチャー6選

1

ヒックとドラゴン

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ヒックとドラゴン
©DreamWorks Animation LLC.

飛翔シーンは圧巻!『リロ・アンド・スティッチ』の監督が贈るファンタジーアドベンチャー

海に浮かぶ孤島・バーク島。そこで暮らすバイキング一族は、長きにわたってドラゴンと争い続けていました。ひ弱な少年・ヒックは、ドラゴンの襲来を受けたある夜、偶然にも伝説のドラゴン「ナイト・フューリー」の捕獲に成功します。森の中で傷を負ったフューリーを見つけたヒックは、しかし彼を殺すことができず…。

ドリームワークスの作品でまさかこんなにハマるとは。内容は少年とドラゴンの友情という王道的なモノですが、とにかく演出と音楽がすばらしく、1シーン1シーンがとても胸を打つのですよね。特に飛翔シーンは圧巻で、まるで遊園地のライドに乗っているかのような浮遊体験。子供はもちろん、大人でもワクワクしながら楽しめる名作ファンタジーです。

監督ディーン・デュボア
主演ジェラルド・バトラー
ジェイ・バルチェル
公開日2010年
2

ビッグフィッシュ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ビッグフィッシュ
©Sony Pictures Digital Productions Inc.

父の語る「ホラ話」が紡ぐ感動のヒューマンファンタジー

エドワードは彼が語るお伽話で有名になった人物。未来を予見する魔女のこと、一緒に旅をした巨人のこと。誰もが楽しく幸せな気分になった中、1人息子のウィルはそんな父が嫌いでした。そんなある日患っていたエドワードの容態が悪化し、実家に戻ったウィルは残された時間があとわずかだと告げられ…。

ティム・バートン作品の傑作です。回想のファンタジー世界も親子の和解を描いたストーリーも素晴らしく、ラストの演出も見事で感動的。見ていてとても心温まる作品でした。エドワードの姿を見ていると、話の「誇張」は体験した喜びや感動を人々と分かち合うためにも使うものなのだと思わされますね。

監督ティム・バートン
主演ユアン・マクレガー
アルバート・フィニー
公開日2003年
3

グリーンマイル

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
グリーンマイル
©Warner Bros.

死刑囚と看守の交流を描いた感動のヒューマンファンタジー

1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、大男コーフィが送られて来ます。彼はその風貌や罪状に似合わないほど、繊細で純粋な心を持っていました。ある日、彼がポールの重い感染症を不思議な力で治してしまったことを受け、ポールは彼が罪を犯していないのではと考え始めます。

死刑囚と看守の交流には心が暖まり、ラストでは自然と涙が流れました。俳優陣の演技がまた良いのですよね…。刑務所を舞台にしたヒューマンドラマはいくつもありますが、本作ではファンタジー要素が上手く合わさりより胸を打つ内容になっています。シリアスな場面もありますが、全体的に優しい雰囲気で非常に見やすい作品です。

監督フランク・ダラボン
主演トム・ハンクス
公開日1999年
4

パンズ・ラビリンス

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
パンズ・ラビリンス
©Picturehouse

アカデミー賞3部門受賞!幻想的な世界に魅了されるダークファンタジー

内戦によって父を亡くし、母の再婚相手であるビダル大尉が指揮する、森の中の軍の砦に移り住んだ少女・オフェリア。孤独で重苦しい日々を過ごす彼女は、次第に本の中の世界へ引き込まれていきます。ある夜、突然現れた妖精に導かれた先の迷宮で、彼女は「あなたこそは地底の王国の姫君だ」と告げられます。

本作の魅力は特に映像・美術面であり、デル・トロ監督の表現するダークな世界観は他では味わえない美しさがあります。ファンタジーでありながら、世界観や妖精はどこか不気味で怪しげ、現実世界では辛い仕打ちばかり。ダークでシリアスで、見ていて胸が苦しくなりますが、そんな重苦しい雰囲気がなんとも魅力的なのですよね。

監督ギレルモ・デル・トロ
主演イバナ・バケーロ
公開日2006年
5

シックスセンス

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
シックスセンス
©Walt Disney Studios Motion Pictures

「この映画にはある秘密があります。まだ見ていない人には、決して話さないで下さい」

小児精神科医のマルコムは、ある日心を塞ぎ込んでしまった少年コールと出会います。彼は第六感により死者が見えてしまうという自身の能力に悩まされており、その言葉を信じたマルコムは死者がコールの前に現れる理由を一緒に探り始めます。

どんでん返し系のミステリー映画として見ても面白いですが、コールとマルコムの心温まる交流も見どころだと思います。互いに心に大きな傷や悩みを抱えている2人が出会い、お互いを励まし支え合う姿に胸が暖かくなり、見終わった後は感動して涙してしまいました。ネタバレを読んでしまったという人でも、きっと楽しめるはずですよ。

監督M・ナイト・シャマラン
主演ブルース・ウィリス
ハーレイ・ジョエル・オスメント
公開日1999年
6

LIFE!

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
LIFE!
©TWENTIETH CENTURY FOX

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」

フォトグラフ雑誌『LIFE』の編集部で働くウォルターは、ある日突然ライフ社の事業再編と『LIFE』誌の廃刊を知らされます。最終号の制作に取り掛かるウォルターでしたが、表紙を飾る予定のフィルムが無いことが発覚。フィルムを撮影したカメラマン・ショーンに会うため、ウォルターは冒険の旅に出ることとなります。

オフィスを飛び出し、世界中を旅して回る姿が爽快で、見ているだけでワクワクしてきます。オフィスのデスクワークに縛られた人生と比べ、世界中を旅して回るライフスタイルってとても自由で憧れますよね…。見終わると気分が晴れやかになり、そして無性に旅に出かけたくなる映画です。

監督ベン・スティラー
主演ベン・スティラー
公開日2013年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • シザーハンズ →ティム・バートン×ジョニー・デップのファンタジー映画。腕がハサミになっているシザーハンズが、ヒロインを抱きしめようとする姿が印象的。
  • ナルニア国物語 →同名小説の映画化。美しい世界と、そこに迷い込んだ兄妹が戦士となって戦うストーリーなど、ファンタジーのワクワクが詰まった作品。
  • ホビット 思いがけない冒険 →ロードオブザリングの前日譚にあたる作品。圧巻の映像美と世界観は健在で、一度見ると時間を忘れるほど引き込まれますね。
  • ハリー・ポッター →説明不要の人気作ですね。美しい魔法世界と壮大なストーリー、魅力的な登場人物たちは今見ても色あせることのない魅力があります。

ドキュメンタリー・歴史6選

1

シンドラーのリスト

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
シンドラーのリスト
©Universal Pictures

1994年アカデミー賞作品賞に輝いた傑作ドラマ

第二次世界大戦下のドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)に対し、多くのユダヤ人の命を救った男・シンドラーの実話を元にした作品。当時の過酷さが生々しく描かれているので、かなり辛いシーンも出てきます。ホロコーストについて理解を深めたい場合、この作品以上にピッタリのものはないでしょう。

強烈に記憶に残っているのは、ドイツ軍の偉い人が、遊びとしてスナイパーで収容所のユダヤ人を狙撃するシーン。たったこれだけで命を失った人がいるのか、と絶句しました。自分が生まれる少し前、戦地ではこんなことが行われていたのかと、強い衝撃と同時に大きな学びも得られる作品です。

監督スティーヴン・スピルバーグ
主演リーアム・ニーソン
公開日1993年
2

グラディエーター

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
グラディエーター
©Universal Pictures

復讐に燃えるローマ剣闘士の戦いを描いた、傑作歴史スペクタクル

帝政ローマ時代中期、ローマ軍の将軍・マクシムスは皇帝と皇太子の確執によって家族を失い、自身も奴隷へと追放されてしまいます。皇太子への復讐に燃えるマクシムスは、見世物として開催される闘技会で、剣闘士(グラディエーター)として名を上げていきます。本作は第73回アカデミー賞で作品賞を受賞。

個人的に一番好きな歴史映画。当時のローマを再現したかのような美しい映像は圧巻で、剣闘士達の戦闘シーンは見ていて自然と手に汗握ってしまいます。終始勇敢で強い剣闘士として描かれるマクシムスがまたカッコよくて、ラストシーンではそれまでの勇敢な姿に感動的な演出が相まって思わず涙してしまいました。

監督リドリー・スコット
主演ラッセル・クロウ
ホアキン・フェニックス
公開日2000年
3

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
©STUDIOCANAL

ナチスの暗号機に挑む天才数学者の秘密とは?

第87回アカデミー賞・作品賞にノミネート作品。第二次世界大戦時、解読不能と言われたドイツの最強暗号機「エニグマ」の解読に挑んだ、若き天才数学者・アラン・チューリングの活躍を描いたヒューマンドラマ。戦争の裏で行われた高度な戦いと、その先で彼が迎える数奇な運命とはー?

最強の暗号機に挑む天才数学者達の壮絶な戦いと苦悩の様子は、見ていて「かっこいい…」と感動してしまいました。前知識なしで見ても問題なく、映画を通して歴史への理解が深められ、色々と学びのある作品です。主演のカンバーバッチの演技が凄すぎて、自分の中でのアラン・チューリングのイメージが完全に固定されてしまいました。

監督モルテン・ティルドゥム
主演ベネディクト・カンバーバッチ
公開日2014年
4

ライフ・イズ・ビューティフル

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ライフ・イズ・ビューティフル
©Miramax

過酷な状況でも子を思う父の姿に感動

1939年、叔父を頼りに北イタリアの田舎町へやってきたグイドは、小学校の教師ドーラに一目惚れして結婚し、息子ジョズエを授かります。やがて第二次世界大戦のユダヤ人迫害を受け、3人は強制収容所に送られることに。不安がるジョズエに対し、グイドは楽しいゲームだと嘘をつき、希望を与え続けます。

過酷な環境に置かれてもなお、我が子への愛情とユーモアに溢れ、最後の最後まで不安にさせないように振る舞うグイドの姿に胸を打たれます。安直ですが、優しさとユーモアに溢れる大人になりたいなと思わされました。ホロコーストを題材にした映画ですが、他と比べて見やすい内容になっています。

監督ロベルト・ベニーニ
主演ロベルト・ベニーニ
ニコレッタ・ブラスキ
公開日1997年
5

ホテル・ムンバイ

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
ホテル・ムンバイ
©GAGA

2008年ムンバイ同時多発テロからの奇跡の脱出劇を映画化

インドの大都市・ムンバイにある5ツ星ホテル「タージマハル・ホテル」。豪華絢爛なそのホテルは、2008年に起きたムンバイ同時多発テロの日、武装したテロリスト集団によって占拠されてしまいます。警察の到着が望めない絶望的な状況の中、ホテルマン達は宿泊客と従業員を守るため決死の脱出へと踏み切ります。

最初から最後まで手に汗握る緊迫感。終始アクション映画とは全く違う、命をかけたリアルな脱出劇が描かれ、「見つからないでくれ」と祈るように見てしまいました。映画としても非常に見応えありますが、これが実話なのだから衝撃。見終わった後は、安直ですが平和に生きられるってありがたいことなんだなと感じました。

監督アンソニー・マラス
主演デーヴ・パテール
公開日2018年
6

127時間

  • ワクワク:
  •  感動 :
  • ハマる度:
  • amazon
127時間
©TWENTIETH CENTURY FOX

絶体絶命の状況から生還した登山家のドキュメンタリー映画

アメリカの登山家であるアーロン・ラルストンは、スロット・キャニオンでキャニオニングを楽しんでいた最中、岩と共に滑落してしまい、岩と壁に腕を挟まれ身動きが取れない状態に陥ります。岩を動かすこともできず、助けも呼べず、危機的状況の中、ついに食料と水が底を尽きてしまい…。

本作は登山家のアーロン・リー・ラルストンさんの自伝が原作となる実話。絶体絶命の状況に置かれてもなお生きようともがく姿に、大きな感銘を受けました。途中衝撃的なシーン(映画祭では気絶者が出た)もありますが、それも込みでぜひ一度は試聴してみて欲しい作品です。

監督ダニー・ボイル
主演ジェームズ・フランコ
公開日2010年

最後に、上記の6作品以外にも同ジャンルのおすすめ作品をいくつかご紹介してきます。今回はピックアップに選出しませんでしたが、どの作品も見応えのあるものばかりなのでぜひ視聴してみてください。

その他のおすすめ作品
  • グリーンブック →2018年度アカデミー賞作品賞に輝いた映画。人種の違う2人の男性が心を通わせていく姿に胸を打たれます。
  • グレイテスト・ショーマン →主題歌の「THIS IS ME」を始め名曲揃いの演出は見どころ。個人的にフィリップとアンのシーンが一番好き。
  • スポットライト 世紀のスクープ →2015年度アカデミー賞作品賞に輝いた映画。被害者を守るため、カトリック教会の腐敗を暴こうと動いた記者たちの姿に胸が熱くなりました。
  • アルゴ →2012年度アカデミー賞作品賞に輝いた映画。緊迫の脱出劇の様子は手に汗握ります。これが実話というのだから衝撃ですね。

無料で映画を見るには?

「できれば無料で見たい…」そんな方のために、無料体験を利用できる動画配信サービスを一覧でまとめてみました。期間中は映画やアニメ、海外ドラマを見放題で楽しむことができます。どのサービスもクレジットカードさえあればすぐに登録が可能。もちろん無料体験中に解約すれば、料金は一切かかりません

サービス無料体験月額
Netflix終了880円
hulu2週間1,026円
Prime Video30日間500円
TSUTAYA TV 30日間2,417円(※)
dアニメストア31日間400円
U-NEXT31日間1,990円

※:料金は「動画見放題 &定額レンタル8」プランになります。

ネットフリックスのように、無料体験が終了してしまう場合もあります。まだ利用していないという方は、無料でアニメや映画を見られるので利用しないともったいないですよ!

まとめ

作品を通じて様々な体験を味わえるのが映画の醍醐味だと思います。この記事で紹介した作品は、そういった意味でも本当にオススメのものばかり。

また学生や社会人といったライフステージ、時間のある長期休みなど、タイミングによっても映画を見た時の感想も変わってくると思います。

まだ見たことがない作品はもちろん、一度見た作品でもまた時間を置いてぜひ楽しんでみてくださいね。