社会的比較理論

人間が持つ、自分の意見や能力を他者と比較しようとする衝動のこと。

社会的比較の方法

自分より優れている集団と比較することで、さらにレベルアップしようと奮い立つ比較方法です。

自分より不幸な・優れていないと感じる集団と比較して、安心感や優越感を得ようとする比較方法です。

社会的比較理論について

下方比較は心理的にも心地よいものですが、これを続けてばかりいると自分の成長をストップさせることにも繋がります。反対に上方比較であまりにも上の人と比較すると、今度は自信を失ってしまうことにもなりかねません。「こういう比較をしてるんだな」と知っておき、バランスを取っていくことが大切だと言えるでしょう。

自分より実力や成果を出している人を見て刺激を受けるのも、自身のレベルアップには大きな効果があります。「あんな風になりたい」と上方比較でモチベーションを高められる人は、自信を成長させ目標を達成する可能性が高くなるはずです。
例えばブログなどを運営している場合、有名なブロガーやWEBメディアを見て上方比較するのも良いですが、「このサイトはデザインは大したことないかも?」と、自分が追い越せるような分野を見つけるのもモチベーションや自信に繋がるように思います。
商品の人気ランキングや、人気No.1のポップを使った商品販売は社会的比較理論を利用した良い例です。消費者や購入者に対して比較対象を提示することで、安心感を与える効果があります。
「今までにない体験が得られますよ」「この良さは実際に使ってみないと分かりません」というキャッチコピーは、人の社会的比較の欲求を強く刺激します。本当かな?と思う反面、自分の知っている良いものと比較してみたくなるのです。

まとめ

社会的比較は人間関係では常に付き纏う欲求ですが、商品を選ぶ際や自分の選択に対しても比較をしたくなる面もあります。理想的なのは、上方比較と下方比較のバランスが取れた人間なのです。