【WordPress】初心者のうちに抑えておきたい7つの初期設定

1.表示言語を日本語にしよう

日本語版のWordPressをインストールしていれば、起動した段階から自動で日本語になっているはずです。

もしも英語で表示されているという場合は、[設定一般]と進み、[サイトの言語]を日本語に直しておきましょう。

2.一般設定を確認しよう

続いてブログの基本情報を設定していきましょう。の手順で一般設定へ進みます。

ここではサイトの「タイトル」「説明文」「URL」「メールアドレス」を設定・変更していきます。

サイトのタイトル

ここに入力している内容が、自分のWEBサイト(ブログ)の名前になります。

ここはWordPressをインストールした段階で、すでに選んだタイトルが適用されているかもしれません。

「サイト名を変えたいな」と思った時は、ここから変更できるので覚えておくと良いでしょう。

キャッチフレーズ

ここの内容は、Googleなどの検索エンジンでヒットした際に説明文として表示されます。

サイトアドレス

ここも指定したアドレスになっているかと思います。

もしもサイトアドレスに/wp/という文字列が入っていたら消しておきましょう。

管理者メールアドレス

コメントやリンクなど、ブログを通じた様々な通知を受け取るためのメールアドレスを登録します。

Gmailなどで、ブログ専用のメールアドレスを取得しておくと良いでしょう。

【2020年版】Gmailで新しいメールアドレスを作成する手順

3.ディスカッション設定を確認しよう

ここでは記事にコメントが付いた時や、他のブログに記事のリンクが貼られた時の通知設定をしていきます。

設定ディスカッション]と進みます。
デフォルトの投稿設定]では、リンクに関する設定が行えます。

上2つにチェックを入れる、「自分が誰かのブログ記事へのリンクを貼った際」「相手が自分の記事へリンクを貼った際」のそれぞれで通知が届くように設定できます。

他の運営者に自分のブログを知ってもらうことにも繋がるので、チェックを入れておくと良いでしょう。

他のコメント設定]では、コメントに関する設定が行えます。

スパムやいたずら防止目的のために、「メールアドレスと名前の入力を必須に」しておくと良いかと思います。

当ブログではすでにコメント欄は削除しています。「コメント欄いらないかなぁ」という人は削除してしまうのも良いでしょう。

4.画像サイズを変更しよう

画像サイズとは、記事に画像を挿入する際に使える「中」「大」などのサイズのことです。こちらのサイズは任意で設定することができます。

ブログを初めてすぐの頃は、どれくらいの画像サイズが良いかということはよく分かりませんよね。

「とりあえず、画像サイズの変更はここで行う」と頭の片隅に入れておくといつか役に立つはずです。

設定メディア]と進みます。
ここの数値を調整することで、挿入するサイズを自由に変更できます。

5.Classic Editorを導入しよう

WordPressでの記事を書くためのツールを「エディター」と言いますが、実はデフォルトのエディターが割と使いにくいです。

そのためまずは旧エディターと入れ替える作業を行っておきましょう。

ブログに慣れてきた時に見返して、「コードがグチャグチャじゃん…」と後悔する可能性もありますからね。ちなみにブロガーの方の大多数は、旧エディターを使って記事を書いているはずです。

WordPressのサイドメニューから[プラグイン]をクリック。そして新規追加のボタンをクリックします。
するとストア画面に移ります。画像では上段中央に[Classic Editor]がありますが、ない場合は検索バーを使って検索をかけましょう。

プラグインはほとんど無料で使えるものばかりなのでご安心ください。

見つかったら
今すぐインストール有効化とクリックしましょう。
プラグインの画面に、背景が薄青の状態で追加されていればOKです。

6.All in One SEO Packを導入しよう

ブログ運営で稼いで行きたいという人なら、こちらのプラグインも必須かもしれません。

こちらはGoogle検索で上位表示を狙うために必要な「SEO対策」に関する機能が揃ったプラグインです。

こちらの設定に関しては、の記事で非常に分かりやすく、要点を抑えて解説されています。

All in One SEO Pack の設定方法と使い方-バズ部

ただこちらのプラグイン、実は最近の有料テーマであればすでに実装されているものが多いです。有料テーマを購入した方は、テーマの公式サイトの方でチェックしてみてください。

7.パーマリンク設定をしよう

パーマリンクの設定は、ブログ運営において非常に重要となってきます。

たくさん記事を書いてから設定ミスに気付くと、SEOやブログ運営の面で大きな損害がでる可能性もあります

なのでここはよくチェックして進めてみてください。

サイドメニューから[設定パーマリンク設定]と進みます。
そうすると共通設定という項目にたくさん選択肢が表示されていると思います。当ブログで推奨するのは[投稿名]です。

パーマリンク設定は大事と言いましたが、始めの頃なら後で変更してもそこまで被害はありません。なのであまり構えず、気軽に決めてしまっても良いでしょう。

パーマリンク設定を選んだら、忘れずに変更を保存をクリックしておきましょう。

記事のパーマリンクを決めよう

パーマリンク設定でテンプレートスタイルを決めました。このまま各記事のパーマリンクの変更方法についても解説しておきます。

新規記事の作成画面でタイトルを打ち込むと、タイトルの下にURLが表示されます。編集をクリックすると、好きな文字列に変更することができます。

パーマリンクの文字列として推奨されているのは、記事を表すシンプルな英単語です。例えば「WordPressについて書いた記事」なら「wordpress」という具合ですね。複数の単語を使う場合は「-(ハイフン)」で繋ぎます。

まとめ

お疲れ様でした、これでブログのセットアップは完了です。それでは早速記事を書いていきましょう!