iPhoneの「スクリーンタイム」の設定方法と使い方まとめ

この記事では、Appleデバイスの機能のひとつである「スクリーンタイム」について解説しています。

YouTubeやアプリの使用時間を制限したり、お子様の使用を管理したりできる便利な機能なので、ぜひ活用してみて下さい。

この記事ではiPhoneでの設定方法や使い方を解説していますが、iPadで設定する場合もほとんど変わりませんのでご安心ください。

スクリーンタイムとは?

iPhoneやiPadなどでのアプリの利用時間について、レポートを作成してくれたり時間を制限したりできる機能です。

その日に自分がどのアプリを何時間起動したか、どのサイトをどのくらい見ていたかといったデータを確認できるので非常に便利です。

スクリーンタイムの設定方法

設定からスクリーンタイムをタップして、オンにするを選択しましょう。

このあとデバイスが自分のものかお子様用のものか聞かれるので、適当な方を選択します。

これでスクリーンタイムの設定は完了です。

解除できないようにパスコードを設定

お子様のデバイスを管理する場合は、パスコードの設定もしておきましょう。

パスコードを設定していないと、スクリーンタイムを無視できたり、最悪解除することも可能なのでほとんど意味がなくなってしまいます。

スクリーンタイムを開いて最初の画面を下にスクロールすると、スクリーンタイム・パスコードを使用の項目があります。ここからパスコードの登録が行えます。

スクリーンタイムを複数のデバイスで共有

デバイス間で共有をオンにしておくと、同じApple IDでログインしている他のデバイスの利用データも、まとめてレポートしてくれるようになります。またアプリの利用制限に関しても共有できます。

「スマホでアプリが使えなくなったから、iPadでアプリ使お!」ということができなくなるわけですね。

スクリーンタイムの使い方

スクリーンタイムをオンにした時点から、自動で毎日レポートが作成されるようになります。

その他アプリの使用時間を制限できる設定もあるので、ここからは便利なものをご紹介しておきます。

1.レポートでアプリの利用時間を確認しよう

レポートは一日どのくらいスマホを開いているかのデイリーレポート、1週間でのトータルと一日あたりの平均を教えてくれるウィークリーレポートの2つを確認できます。

デイリーレポート
デイリーレポート
  • スマホを開いている時間その日にスマホを使っていた合計の時間が確認できます。
  • 時間帯別の利用時間下のグラフでは、どの時間帯にどれだけスマホを使っていたか確認できます。
ウィークリーレポート
ウィークリーレポート
  • 一日あたりの平均時間週間の合計時間から割り出した平均時間が確認できます。
  • カテゴリ別の合計時間どのカテゴリのアプリにどれだけの時間を費やしているかも確認できます。

ただし、これらのレポートはスクリーンタイムをオンにしてから取られ始めます。そのためオンにする前のデータは確認できません。

2.アプリ別の利用時間も確認できる

デイリー・ウィークリーのレポート画面を下にスクロールしていくと、アプリケーション別の利用時間も確認することができます。
タップすればそのアプリの時間帯別の利用時間もチェックすることができます。

普段からスマホでアプリやYouTubeを利用している人なら、初めてスクリーンタイムのレポートを見たときには驚愕するかもしれません…。

3.アプリの利用時間を制限する

スクリーンタイムでは、特定のアプリやWEBサイトに対して利用できる時間に制限をかけることができます。

制限をかけたアプリやWEBサイトは、一日決められた時間までしか利用できなくなります。

やり方が2種類あるので、以下どちらも解説していきます。

方法1.レポート画面から行う

スクリーンタイムを開いて、すべてのアクティビティを確認するをタップし、レポート画面を表示します。

下にスクロールすると、よく使うアプリケーションが一覧で表示されています。ここから制限したいアプリケーションをタップしましょう。
制限を追加から分刻みで時間を設定できます。例えば「一日1時間まで!」という場合は、「1時間0分」を設定します。

方法2.まとめて制限をかける

設定からスクリーンタイムを開いてすぐの画面を下にスクロールすると、App使用時間の制限の項目があるのでタップ。次のページで制限を追加をタップします。
そうすると、アプリがカテゴリー別でまとめられたページにたどり着きます。このカテゴリーをタップすると、それぞれでまとめられたアプリが一覧で表示されます。
このスマホだと、例えばエンターテインメントにはこれらのアプリケーションがまとめられています。そして、この画面で複数のアプリケーションをタップしてから、画面右上の[次へ]を押すと…
このようにまとめて制限をかけることができます。特にゲームなんかは、この方法でまとめて制限をかけておくのが楽かもしれませんね。

スクリーンタイムを使えば、アプリに制限をかけるのは意外と簡単で、しかもまとめてかけることもできるので非常に便利ですね。

ちなみに時間制限の5分前になると、自動で通知が届くようになっています。

また時間いっぱい遊ぶとこちらの画面が表示され、今日はもうそのアプリを利用できなくなってしまいます。

でも触れましたが、パスコードの設定をしていないとこの画面になっても制限を無視できたりするので、しっかりと管理したい場合はパスコードを設定しておきましょう。

4.曜日別に制限をかける

アプリに制限をかける時に、曜日別で時間を設定することもできます。

アプリに時間制限をかける際に、曜日別に設定をタップします。そうすると各曜日それぞれで時間を設定することができます。

お子様のスマホを管理する場合、例えば「塾のある月曜日は、ゲームは1時間」「休みの日はちょっと多めに」といった具合に柔軟に設定することができます。

スクリーンタイムをオフにする

スクリーンタイムを開いて最初の画面を一番下にスクロールすると、スクリーンタイムをオフにするの項目があるのでタップします。

まとめ

スクリーンタイムは、スマホのアプリ利用を管理できる非常に便利な機能です。

ついついアプリをし過ぎてしまう、YouTubeを見すぎてしまうという人は、一度利用してみると良いでしょう。