iCloudとは? バックアップの設定方法や容量について解説

iCloudとは?

Appleが提供している、写真やメールなどのバックアップデータを自動でインターネット上に保存してくれるサービスです。

iCloud.comにアクセスしてApple IDとパスワードを入力すれば、保存されているデータを確認することができます。

iCloudの設定方法(iPhone版)

アプリのバックアップの設定

「設定」一番上の「ユーザー名」と進み、「iCloud」をタップします。

iCloudはiPhoneやiPadなどにApple IDでサインインしていれば、すでに有効になっていると思います。

ここではiCloudで使用しているデータの容量や、アプリの種類を確認することができます。バックアップをとりたいアプリを増やしたい場合は、ここでオン/オフを切り替えられます。

どれを保存すればいいの?

基本的にどのアプリもオンにしておきましょう。写真以外はそんなに容量をとらないので、すべて選んで良いと思います。

iCloud 写真の設定

「写真」をタップすると、iPhoneに残る写真や動画のデータ設定を変更することができます。

iCloud 写真はなかなかややこしいので、iPhoneの容量に余裕がある方は「オリジナルをダウンロード」にチェックを。iPhoneの容量に余裕がない方は「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを入れておくと良いかと思います。

バックアップをとる手順

バックアップをとる方法は、毎日行う自動バックアップと、機種変更や好きなタイミングで行う手動バックアップの2つがあります。

自動バックアップ

「設定」「ユーザー名」「iCloud」と進み、「iCloudバックアップ」をオンにします。これで毎日バックアップをとるように設定できました。

手動バックアップ

「iCloudバックアップ」をタップし、下の「今すぐバックアップを作成」を選択します。これで最新の状態のバックアップが作成できました。バックアップの作成が終わったら、その下の「最後に作成されたバックアップ」の日時も確認しておきましょう。

バックアップをとる環境は?

バックアップをとるには、電源をつけてwi-fiに接続されている必要があります。またバッテリーもある程度残っている必要があります。

iCloudの容量が足りない場合

iCloudの容量がいっぱいになってくると、バックアップの際に「iCloudストレージに十分な空き容量がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」という表示が出るようになります。

その場合は、以下の手順でストレージに空きを作っておきましょう。

容量を確認する

「iCloud」「ストレージを管理」と進むと、データや各アプリが占めている容量を確認することができます。

アプリのデータを削除する

「iCloud」「ストレージを管理」「バックアップ」と進み、デバイス名をタップします。
そうすると、iCloudにデータをバックアップするアプリが一覧で出てきます。
アプリ右のボタンをタップして、「オフにして削除」を選択します。これでアプリのバックアップをオフにし、iCloudのバックアップデータも削除することができます。

もう一度オンにすれば、次回バックアップ時にiCloudへデータを保存することができます。

写真を削除する

写真Appから写真を削除すれば、iCloud上に保存された写真も同じように削除されるので、iCloudの容量を増やすことができます。

写真Appを開き、削除したい写真をタップします。右下の「」をタップして、「写真を削除」を選択すれば、iCloud上からも削除されます。

iCloud 写真をオフにする

「iCloud」「ストレージを管理」と進み、「写真」をタップします。「無効化して削除」を選択すると写真や動画の自動保存がオフになり、30日後にiCloud上からすべての写真・動画が削除されます。30日内であれば、削除の取り消しを行うことができます。

iPhoneの写真や動画も削除される?

場合によっては削除されることがあります。

iPhoneに残す写真や動画の設定を「iPhoneのストレージを最適化」にしていると、iPhoneの写真や動画も削除されてしまいます。

この場合は、「オリジナルをダウンロード」に設定しておくと削除されなくなります。

iCloudの容量を増やす

iCloudを設定すると、無料で5GBの容量だけ利用できるようになります。

とはいえ写真や動画をたくさん撮っていると、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。そういった場合に、iCloudには使える容量を増やすアップグレードプランが用意されています。

料金プラン

50GB〜2TBまでの3種類のプランがあります。200GBと2TBではファミリー共有機能を使って、ひとつのプランを家族と一緒に利用することができます。ファミリー共有については以下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

ファミリー共有とは?登録方法や機能をまとめて解説

プランを変更する手順

「iCloud」「ストレージを管理」と進み、「ストレージプランを変更」をタップします。購入手続きが済むと、契約している間はその容量を利用することができます。

容量をダウングレードしたい

「ストレージプランを変更」の項目から、いつでもプランをダウングレードすることができます。

ただし注意点として、プランが変更になるのは「今契約しているプランの期間(月間/年間)が終了したタイミングから」になります。

容量が不足している場合は?

プランをダウングレードした/解約した際に利用可能な容量を上回ってしまった場合は、一部のデータがiCloudに保存されなくなります。

保存するアプリを減らすか、いらない写真や動画を削除して容量を増やすといった工夫をしましょう。