iCloud写真とは? バックアップや削除の手順までまとめて解説

この記事ではiCloudの機能のひとつ、「iCloud写真」について解説しています。

iCloud 写真とは

iPhoneやiPadで撮影した写真や動画を、iCloudへ自動保存してくれる機能です。「設定」からオンにすることで、iCloud上にデータのバックアップが作られるようになります。

iCloudにサインインすれば、iPhoneで撮った写真や動画をiPadやMACでも見られるようになります。

iCloud 写真を設定する

まずは[設定]を開き、画面一番上の[Apple IDiCloud]と進みます。

写真を開き、[iCloud写真]をタップしてオンにします。

これで、写真や動画のバックアップを自動で作成するよう設定できました。

とはいっても、ここはiCloudを設定した際に自動でオンにされます。iCloudの設定はデバイスにApple IDでサインインした際に行うので、ほとんどの人がiCloud写真はオンになっているかと思います。

iPhoneのストレージを最適化

タップしてチェックを入れることで、iPhoneに保存される写真や動画のサイズを、圧縮して小さくしてくれます。

初めてみた時に「どういうこと?」となったので、これについて少し解説をしておきますね。

私たちが普段iPhoneに写真や動画を保存する際、実は2種類の方法があるのです。

1つは、撮影した写真をそのままiPhoneに保存する方法。
もう一つは、軽量化した写真のコピーを作成し、それをiPhoneに保存する方法。この場合、高画質のオリジナルはiCloudに保存されます。

高画質で大きいデータサイズの写真を保存していると、iPhoneの容量がすぐにいっぱいになってしまいます。コピーを作成して保存することで、iPhoneの容量を出来るだけ節約することができるのですね。

オリジナルをダウンロード

の通り、写真をいっぱい撮る人や容量がいっぱいになりそうな人は、[iPhoneのストレージを最適化]にチェックを入れておくのが良いでしょう。

どうしてもオリジナルの高画質(あまり変わりませんが…)が欲しいという方は、こちらにチェックを入れることで「iCloudからダウンロード」+「オリジナルをそのまま保存」に変更できます。

チェックを入れると、すぐにiCloudからiPhoneへ写真のダウンロードが開始されます。

そのためwi-fi環境の整った場所で行いましょう。枚数によってはダウンロードに少し時間がかかるかもしれません。

ダウンロードの残り枚数の確認は、[写真App]の[写真]の一番下で確認できます。

バックアップ写真を確認する

iCloud.comにアクセスし、「Apple ID」と「パスワード」を入力してサインインをすれば写真を確認することができます。

画面の見方・使い方

左サイドメニューでは、アルバムやライブラリといった項目から写真をチェックできます。
右上メニューでは、写真管理のための5つの機能が利用できます。

①アップロード

MACやiPhoneに保存されている写真を、iCloudへアップロードすることができます。

②アルバムに追加

選択した写真をアルバムに追加することができます。また新規のアルバムを作成することもできます。

③共有

写真のリンクをメールやSNSで送って、相手と共有することができます。

④ダウンロード

写真をデバイス側にダウンロードして保存することができます。特に、バックアップを取りたい時に利用します。

⑤削除

選択した写真を削除する時に使います。削除した写真は、30日間「最近削除した項目」に保管され、自由に復元することができます。

写真を削除する

ここからはiCloud写真から写真を削除する方法を解説していきますが、その前の準備についてまずは触れておきます。

削除する前に

iCloud写真の削除をする前に、オリジナルデータのダウンロードを行っておきます。

「iPhoneへのダウンロード」と「PCへのダウンロード」の2つの方法がありますが、iPhoneへのダウンロードは先ほど触れているので、PCにダウンロードする方法を解説していきます。

MACでの手順

まずはMACでiCloud 写真をオンにします。写真Appを開いて画面上のメニューから、[写真環境設定]と進みます。

iCloudを開き、iCloud写真にチェックを入れます。バックアップを取りたいので、[オリジナルをこのMACにダウンロード]を選択しておきましょう。

ダウンロードが完了したら、今度は写真AppからMAC本体へ写真をコピーしていきます。

まずは写真Appを開いて、コピーしたい写真を選択します。

複数選びたい場合は、Shiftキーを押したままクリックするか、写真の外側をクリックしたままドラッグで選択できます。

画面上のメニューから、「ファイル」「書き出す」「◯枚の写真を書き出す」「書き出す」と選択していきます。
最後に保存先のフォルダを選択します。新規フォルダを作成したい場合は、左下の「新規フォルダ」「作成」で作れます。

保存先のフォルダが決まったら、「書き出す」を押して完了です。

Windowsでの手順

まずはWindows用のiCloudをダウンロードします。

アプリのダウンロードが完了したら、画面左下の[スタートすべてのアプリ]と進み、[Windows用iCloud]を開きます。

iCloudを利用しているApple IDを入力してサインインしましょう。

写真]にチェックを入れ、横にある[オプション]をクリックします。

バックアップを取りたいので、ダウンロードの項目にはチェックを入れておきましょう。設定が終わったら「終了」をクリックします。これでダウンロードが行われるようになりました。

ダウンロードされた写真は、「iCloudフォト」の中の「ダウンロード」に収納されています。

フォルダを探す場合は、デスクトップ画面から「エクスプローラー」をクリックし、右上の検索バーで「iCloudフォト」と検索すると、簡単に見つけることができます。

写真Appから削除する

iCloud 写真に保存された写真を削除するには、3つ方法があります。それでは順番に見ていきましょう。まずは写真Appから削除する方法です。

写真Appから削除したい写真をタップします。右下の「」から「写真を削除」を選択します。または写真を長押しして「削除」を選択してもOKです。
そうするとiCloud 写真上からも、その写真がすぐに削除されます。

削除した写真を復元する

写真Appの「アルバム」の下の方にある「最近削除した項目」をタップします。元に戻したい写真を選択して、「写真を復元」をタップします。
そうするとiCloud 写真上にも写真を復元することができます。

バックアップなので当然といえばそうなのですが、iPhoneの写真Appからでも、簡単にiCloud写真の管理が行えるというわけですね。

iCloud 写真から直接削除する

iCloud 写真から削除したい写真を選択して、右上の「」をクリックします。ポップアップが出るので、「削除」を選択します。

写真Appの時と同様に、iCloud 写真から直接削除した場合も写真Appで同じように写真が削除されます

削除した写真を復元する

左メニューの[最近削除した項目]から戻したい写真を選んで、右上の[復元する]をクリックします。削除した画像は、30日以内であれば復元することができます。

無効化して削除する

設定ユーザー名iCloudストレージ管理]と進み、[写真]をタップします。

無効化して削除」をタップし「写真とビデオを削除」を選択します。

これでiCloud上のすべての写真・動画データが30日後に削除されます。また、すぐにiCloud 写真もオフになります。

iPhoneの写真は削除される?

iPhoneの設定でiPhoneのストレージを最適化を選択していた場合は、iPhone上のコピーも削除されてしまいます。

「オリジナルをダウンロード」に変更するか、PCにしっかりとバックアップをとっておきましょう。

削除を取り消すことはできる?

30日以内であれば可能です。

キャンセルしたい場合は、同じように[iCloudストレージ管理写真]と進み、「無効化して削除を取り消す」をタップします。

iCloud写真をオフにする

設定で「iPhoneのストレージを最適化」にしていた場合は、ポップアップが表示されます。この場合は「写真とビデオをダウンロード」を選択して、iCloudにあるオリジナルの写真をすべて、iPhone側にダウンロードする必要があります。

iPhoneの容量が足りない場合

「写真とビデオをダウンロード」を選択しても、容量が足りないとオリジナルデータをダウンロードすることはできません。

そうなると「iPhoneから削除」を選択することになるのですが、この場合iPhoneにあるコピーはすべて削除されてしまいます。

PCでバックアップをとる

iPhoneの容量が足りない場合は、PCにダウンロードすることで解決できます。

ダウンロードについては「削除する前に」を確認してみてください。

「iPhoneから削除」をしてしまったけど、元に戻せる?

iCloud 写真を「無効化して削除」にして30日が経っていなければ、オリジナルの画像データはiCloudに保存されています。

もう一度iCloud 写真をオンにするか、欲しい画像をiCloudからダウンロードすれば復元することができます。