shutterstockの使い方まとめ:shutterstock editorの使い方も解説

この記事では、shutterstockの使い方について解説していきます。

『検索』『ダウンロード』『editor』の3つを解説していくので、目次からそれぞれに飛んでいただくと便利かと思います。

shutterstockの使い方

shutterstockを利用するにあたっては、「検索方法」「ダウンロード」「editorでの編集」を抑えておくと便利です。

早速ひとつひとつ順番に見ていきましょう。

shutterstockの検索方法

shutterstockの検索バーは、TOP画面を開いて一番上に大きく出てきます。

なので画像の検索はとくに迷うことなくできますね。

画像の種類で検索

検索バーの左側をクリックすると、検索する画像の種類を指定することができます。種類を指定してとくにワードを入れずに検索すると、その種類の画像を一覧で表示してくれます。

ベクター画像って?

ベクター画像は普通の画像と違って、拡大しても色や線がボケたりしない画像のことです。のような画像をイメージしておくと良いでしょう。

画像で検索

検索バーの右側には[]のボタンがあります。

ここをクリックして、自分が持っている画像をドラッグ&ドロップすると、似たような画像を検索して表示してくれます。

あまり複雑な画像だとうまく検索できないこともありますが、なかなか便利だったりします。

カテゴリーで検索

検索をクリックするとキーワードに近い画像がたくさん表示されます。

この状態では、検索バーの左側に「フィルター」の機能が出てきます。

ここを開いて「カテゴリー」の項目をクリックすると、インテリアやビジネスといったカテゴリーを指定して検索することができます。

カテゴリーの指定を外したい場合は、検索バーのカテゴリー名横の「」をクリックすると外すことができます。

画像のダウンロード

画像のダウンロードはとても簡単です。欲しい画像が見つかったら、画像右側の「ダウンロード」をクリックし「ダウンロードを確認」を選択すると、ダウンロードができます。

shutterstockのプランはダウンロードできる枚数が決まっていますが、ダウンロードする時に残りのダウンロード枚数も表示してくれます。

画像のサイズの変更

画像右メニューで画像のサイズを変更することができます。Customをクリックすると、shutterstock editorで好みのサイズにリサイズすることができます。

違うサイズが欲しい場合は有料?

違うサイズが欲しい場合の再ダウンロードは無料で行えます。

ダウンロードできる枚数が減ってしまうことはないので、必要なサイズごとに何度でもダウンロードすることができます。

shutterstock editor proの使い方

shutterstockには、画像を編集するためのソフトも用意されています。shutterstock editorは、有料プランを契約していなくても無料で利用することができます。

有料プランのユーザーになると、editor proを利用することができるようになります。

左サイドメニュー

1.プリセット

YouTubeや各種SNS向けに、サイズの設定値が用意されています。ダウンロードする際は、枠内を切り抜いてダウンロードするようになります。

2.テンプレート

使われている画像を変更すれば、簡単にデザインすることができます。また画像一枚分使うことで、テンプレートをそのままダウンロードすることもできます。

3.テキストの挿入

こちらもすでにレイアウトが組んであり、タイトルや文章を変えるだけで簡単に使うことができます。フォントの変更もできますが、日本語のフォントはありません。もちろん日本語でのテキスト入力はできますが、フォントの効果は適用されません。

4.図形・アイコンの挿入

図形・アイコン・絵文字といった素材を、画像に挿入することができます。ただし図形とアイコンの種類はあまり多くありません。

5.画像をアップロード

自分の画像をアップロードして編集することもできます。ダウンロードはもちろん無料で行えます。

右サイドメニュー

1.配置・色の編集

画像に挿入した図形やテキストなどの素材の位置、上下左右の反転、色の調整を行うことができます。色は単色とグラデーションの2種類があり、グラデーションは色の組み合わせや向きを自由に決めることができます。

2.ドロップシャドウの調整

不透明度
低いほど薄く、高いほど濃い影がつきます。全体的に影が薄く感じる場合は、ドロップシャドウ下の「不透明度」を調整してみましょう。

ぼかし
低くするとよりハッキリした影が、高くするとボケた淡い影がつきます。

X・Yオフセット
Xの値を調整すると、影が左右に動きます。Yの値を調整すると、上下に動きます。直感的で分かりやすく、難しい影の配置も楽に行えます。

3.サイズの変更・保存

キャンバスサイズの「」をクリックすれば、ここでもプリセットサイズの変更ができます。「元のサイズ」を選択すると、変更を元に戻すことができます。

幅×高さ
画像の幅と高さを入力して、好きなサイズに調整することもできます。真ん中の「」をクリックして解除すれば、幅と高さどちらか片方だけ調整することができます。

プリセットとして保存
調整したサイズを、プリセットとして保存することもできます。

4.フィルターの変更・調整

14種類のフィルター機能が用意されています。「」をクリックすると、隠れているフィルターを表示できます。また下のバーを調節することで、フィルターのかかり具合を変更することができます。

5.エフェクトの調節

画像全体にかかる効果を調整できます。明るさ、彩度、コントラスト、ぼかしを調節すると、画像に一段と変化を加えることができるかと思います。

まとめ

shutterstockではたくさんの画像やアイコンなどが取り扱われていますが、shutterstock editorで少し編集するだけでも個性が出せるので非常に便利ですね。

ブログのアイキャッチや挿絵はもちろん、WEBサイトのデザインで利用しても目を惹く良いものができそうです。