amazonのkindleアプリの使い方を総まとめ【スマホ版】

この記事では、PCやスマホ・タブレットで利用できる電子書籍リーダー『Kindleアプリ』について、iOS版の機能や使い方をまとめて解説していきます。

Kindleアプリとは?

『Kindleアプリ』は、amazonで購入したKindle本をスマホで読むための電子書籍リーダーです。

アカウントを紐づけておけば、購入したKindle本は自動で同期され手軽に読むことができます。

アプリにはPC版もありますが、今回はスマホ版に絞って解説していきます。とはいえPC版もほとんど変わりません。

複数アカウントの登録はできる?

同じKindleアプリへ、複数のアカウントを登録するということはできません

アカウントを切り替えたい場合は、一度アプリと紐づいているアカウントを削除する必要があります。
その場合ダウンロードした本のデータはアプリ上から削除されますが、クラウド上には残っているのでご安心下さい。

PCとスマホで別々のアカウントを登録するということは可能です。

本を読む

スマホ版Kindleアプリはこのような画面で立ち上がります。[ライブラリから]に購入した本がまとめてあり、起動後ワンタップで本を読むことができます。

本をダウンロードする

Kindle本は購入後はじめて読む際に、自動で端末へのダウンロードが行われます。

ダウンロードが完了した本には、[]がつきます。

これでオフライン環境でも、気にせず読書が楽しめるようになります。

Kindleは機内モードでも読めるの?

Kindleアプリは機内モードにしても本を読むことができます。

本を閉じる

をタップすると、読書を終了します。

本を続きから読む

現在読んでいる途中の本は、画面下部の中央に画像で表示されています。

アプリを終了して再度起動した場合でも、こちらをタップすればすぐに続きから読むことができます。

また他の本に関しても、次に読む時には前回の続きのページから読むことができます。

あなたへのオススメをチェック

ホーム画面を下にスクロールしていくと、おすすめの本がズラッと出てきます。

Kindleアプリでは、視聴履歴や購入した本のジャンルから、あなたへのオススメ本も紹介してくれるのです。
また自分と似たユーザーが買った本や、その中からベストセラーのものをセレクトして表示してくれたりもします。

「あ、これ良いな。」と思う本をオススメしてくれるので、ついつい購入してしまうのですよね。しかもアタリ本が多いのです。

購入したすべての本を確認する

メニューから[ライブラリ]をタップすれば、今まで購入した本やサンプルがまとめられています。

[すべて]にはすべての本が、[ダウンロード済み]にはダウンロードが完了している本がまとめられています。

複数の本をまとめてダウンロードしたい場合は、ホームで行うよりもこちらで行う方が速いです。

Kindleストアの本をチェックする

メニューから[カタログ]をタップすれば、Kindleストアから本を探すことができます。

作品名から検索

画面上の検索バーに作品名を打ち込めば、Kindleストア内にあるかどうか検索することができます。

本屋さんなんかで「この本Kindleにあるのかな?」と調べる時に使っていますね。ただ、iOS版のKindleアプリは値段が出ないのが残念です。

また最近発売した作品の中から、特に人気のものをまとめている項目もあるので便利です。

Kindleアプリからの購入はできる?

Android版のアプリでは購入できるようですが、iOS版のアプリからは購入することはできません。

Kindle本は、ブラウザでamazonへアクセスして購入する必要があります。

Kindle Unlimitedの本を購入する

Kindle Unlimitedを契約している方は、こちらで新着タイトルや人気タイトル、ジャンル別など作品を簡単に探すことができます。

Kindle Unlimitedの作品に関しては、このカタログ画面から購入できます。

Prime Readingの本を購入する

Prime Readingも同様に、こちらで新着タイトルや人気タイトル、ジャンル別など作品を簡単に探すことができます。

Prime Readingの作品に関してもこのカタログ画面から購入ができます。

背景を黒にする

メニューの[その他]からは、各種設定が変更できます。

[テーマ色変更]で、アプリの背景色を白にするか黒にするか選択できます。

Kindleアプリの背景色には適用されますが、読書中の背景色を変えるにはまた別の設定が必要になるので注意しましょう。そちらについては後ほど解説します。

読書中のメニューを呼び出す

読んでいる画面を一度タップすると、メニューを呼び出すことができます。

このメニューですが、すべての本で使えるというわけではなく、中には対応していない作品もあるのでご注意ください。

文章をハイライトする

気に入った文章や覚えておきたい一文には、画面を長押ししてスライドすることでハイライトを付けることができます。
ハイライトのメニューでは色を変えられるほか、メモを残すこともできます。
またをタップすれば、ハイライトの部分を[GOOGLE]や[WIKIPEDIA]で調べることもできます。

ハイライトのメニューが出ないのですが?

ハイライトメニューは、デフォルトでは線を引いたテキストをもう一度タップしないと、表示されないようになっています。

変更したい場合は、メニューの[Aaその他]と進み、[ハイライトメニュー]をオンにすればOKです。

ページをブックマークする

]をタップすると、開いているページをブックマークしておくことができます。

マイノートをチェックする

]をタップすると、マイノートを確認することができます。
マイノートには、ハイライトをつけた箇所やブックマークしたページが一覧でまとめられています。またここからメモを残すこともできます。

フォントを変更する

Aa]では、フォントや背景色などのレイアウトを調整できます。
メニューから[フォント]をタップすると、フォントの切り替えと文字サイズの調整が行えます。

画面の明るさを変更する

メニューから[Aa]をタップします。
画面の一番下にあるボタンをスライドさせることで、画面の明るさを調整することができます。

読書中の背景色を変更する

[Aa][レイアウト]と進むと、背景色の切り替えができます。

行間を調整する

行間の調整も、このページで行えます。

設定済みのテーマを利用する

[Aa][テーマ]と進むと、『文字サイズ大』『コンパクト』『弱視』など、デフォルトで用意された設定を利用することができます。

フォントやレイアウトをいちいち調整するのが面倒な場合、非常に便利です。もちろん自分でカスタマイズした設定を登録することもでき、次回からタップ一つで呼び出せるようにもなります。

読書中に時刻を表示する

[Aa][その他]の中から、[時計を表示する]をオンにすると、読書中の画面にうっすらと時刻を表示することができます。

キーワードで検索する

をタップすると、読んでいる本に対してキーワードで検索をかけることができます。

本の目次を表示する

では本の目次を表示することができ、目次をタップするとそのページへパッと移動することができます。

まとめ

Kindle本は、購入後1秒で読めてしまうのが魅力です。

「普段は紙の本を購入して読むよ」という人も、こちらのアプリを使えばスマホですぐに電子書籍を読むことができるので、ぜひ試してみてくださいね。