ファミリー共有とは?登録方法や機能をまとめて解説

Appleのサービスであるファミリー共有について、使い方やメリットなど、まとめて解説していきます。

ファミリー共有とは?

App Storeで購入したアプリや音楽、映画や本など、その他さまざまなサービスを最大6人の家族で共有することができる機能です。

Apple Musicなどでファミリープランを契約する場合は、ファミリー共有の登録が必要になります。

アプリの購入について

ファミリー共有では、管理者として登録している人のお支払い方法が共有されます。

iTunesやApp Storeでメンバーが何か購入する場合は、それらの請求をすべて管理者が請け負うことになります。

ファミリー共有の設定方法

この記事では、iPhone・iPadでの設定方法を解説していきます。

ファミリー共有はiOS8以降のデバイスから利用できるので、利用の際はiOSの確認とアップデートを行っておきましょう。

iPhone/iPadで設定する

「設定」「ユーザー名」「ファミリー共有を設定」と進み、「今すぐ始める」をタップして設定していきます。
ファミリーで共有したいアプリを選択します。ここでは一つしか選べませんが、あとで自由に追加・変更することができます。
管理者として使うアカウントを選択します。ファミリー共有ではすでに購入したものも共有されるので、アカウントを変えたい場合は「他のアカウントを使用する」を選びましょう。
ファミリーで共有するお支払い方法を設定します。お支払い方法を変更する場合は、下の「他のお支払い方法を使用」を選択します。
最後に招待したいファミリーメンバーを追加します。すでに決まっている場合は「ファミリーメンバーを招待」を、そうでない場合は「今はしない」を選択しましょう。「今はしない」を選択しても、ファミリー共有は開始できます。

ファミリー共有設定の確認・変更

「設定」「ユーザー名」「ファミリー共有」と進めば、メンバーの追加や共有機能のオン/オフの設定が行えます。

ファミリーメンバーの追加

ファミリーメンバーの追加は、管理者のみ行えます。ファミリーメンバーの追加方法は、

  1. iMessageで登録
  2. 直接会って登録
  3. お子様用アカウントを登録

の3つから選択できます。

iMessageで登録する

メールアドレスから登録依頼を送ることができます。連絡先に登録してあるアドレスを使うか、無い場合はアドレスを打ち込んで送ります。

直接会って登録

追加したいユーザーにApple IDを直接打ち込んでもらって登録することもできます。非常に簡単ですが、Apple IDには個人情報が多く含まれているので、「ちょっとApple ID教えて?」とやり取りするのはやめましょう。

「Apple IDが分かりません」「Apple IDって何さ?」という人は、こちらでまとめているので参考にしてみてください。

Apple IDとは?作成方法から削除までまとめて解説

お子様用アカウントを登録

13歳未満のお子様用のApple IDを作成できます。途中の「承認と購入のリクエスト」は有効にしておきましょう。App Storeなどで購入する際に、すべて親からの承認が必要になります。

承認と購入のリクエストを解除したい場合

[設定][ユーザー名][ファミリー共有]と進み、お子様用アカウントを選択します。

「承認と購入のリクエスト」をオフにすると、承認なしで購入できるようになります。

登録したかどうかの確認は?

ファミリーメンバーが登録したかどうかは、ファミリー共有の画面で相手の名前の下に表示されます。

購入アイテムの共有

App Store、iTunes Store、Apple Booksで購入したものを、ファミリーメンバーで共有することができます。

App Store・Apple Booksの場合は、画面右上の/プロフィール画像から「購入済み」へと進みます。メンバーの名前をタップするとその人が購入したものが表示されるので、をタップしてダウンロードします。

購入したものを非表示にする

購入済みに表示されたくないアプリは、非表示にすることができます。

非表示にすればメンバーからそのアプリを見られたり、ダウンロードされたりすることはありません。

「購入済み」から自分の名前をタップし、非表示にしたいアプリを左にスワイプします。非表示のボタンが出てくるので、タップして完了です。
非表示にしたアプリを確認したい場合は、App Storeからもしくはプロフィール画像をタップして、「ユーザ名」「非表示の購入済みアイテム」で確認できます。

非表示にしたアプリは再表示できる?

iPhone・iPadなどで非表示にしたアプリは、再表示する事はできません。

MACだとダウンロードして非表示にしたアプリは、再表示することができます。

iCloudストレージを共有する

200GB・2TBのiCloudストレージプランも、ファミリーで共有することができます。誰がどれだけ容量を使っているかも確認でき、足りなくなりそうならプランを最大2TBまでアップグレードすることができます。

個人でプランを契約しているメンバーはどうなる?

個人で契約しているメンバーは、ファミリープランに切り替えるか、そのまま個人で契約したプランを使うか選ぶことができます。

同時にどちらも利用することはできません。ファミリープランに切り替えた場合は、残った日数分の料金を払い戻してもらえます。

位置情報を共有する

ファミリー共有に参加していれば、「探す」Appを使って自分の居場所をメンバーに伝えたり、メンバーの居場所を把握することができます。

人を探す

自分の居場所を知られたくない場合は、「自分」「自分の位置情報を共有」をオフにします。

デバイスを探す

無くしてしまったデバイスも、ファミリー共有に参加していれば、探すAppを使って簡単に探すことができます。

スクリーンタイム

スクリーンタイムを使えば、ファミリー共有に参加しているお子様に対して、iPhoneやiPadなどをどのくらい使っているかレポートを作ってくれたり、時間の制限を設けることができます。

サブスクリプションを共有

ファミリー共有に参加しているメンバーなら、Apple MusicのファミリープランやApple Arcadeなどのサブスクリプションを、最大6人で楽しむことができます。

Apple Music

Apple Musicカタログや楽曲を、すべて家族全員で利用することができます。Apple Musicのファミリープランは、2人以上なら個人で契約するよりお得になるのでオススメです。
Apple Musicとは?料金プランや解約方法などをまとめて解説

Apple Arcade

メンバーの誰か1人がサブスクリプションを契約している場合は、ファミリー全員が利用できるようになります。

Apple Arcadeは100以上のオリジナルゲームが、月額600円で遊び放題になるサービスです。オフラインでも楽しめ、PS4やXBOXのコントローラーも使えて操作性もバッチリ。1ヶ月間の無料体験も用意されています。
Apple Arcadeを無料体験

Apple TV+

月額600円で、Apple TV+オリジナルのドラマや映画が見放題で楽しめるサービスです。iPhone・iPad・MACどのデバイスでも楽しむことができます。7日間の無料体験も用意されています。
Apple TV+を無料体験

ファミリー共有から抜ける

ファミリー共有を抜けるとどうなる?

ファミリー共有から抜けてしまうと、ファミリー共有で利用していたサービスにアクセスできなくなります。

アプリやサービスをもう一度利用したい場合は、個人で契約する必要があります。

またメンバーが購入したアプリ、本や映画といったコンテンツも利用できなくなります。メンバーの購入履歴からアプリをダウンロードし、その中で課金していた場合は、アプリを再度ダウンロード/購入する必要があります。

ファミリー共有を抜ける

「設定」「ユーザー名」「ファミリー共有」と進み、自分のユーザー名をタップして、「ファミリー共有への登録を解除」を選択します。

ファミリー共有からメンバーを削除する

[設定][ユーザー名][ファミリー共有]と進み、削除したいメンバーの名前をタップして、「削除」を選択します。

ファミリー共有を解散する

自分が管理者の場合は、「ファミリー共有」で自分の名前をタップして「ファミリー共有を停止」を選択すると、メンバーを一斉に削除することができます。