リンク切れの確認に便利なプラグイン「Broken Link Checker」

この記事では、リンク切れのチェックに最適なプラグイン「Broken Link Checker」について解説しています。

Broken Link Checkerとは?

画像やテキストなど、記事内のリンクでリンク切れになっているものを発見・通知してくれるプラグインです。
設定したメールアドレスにメールで通知してくれるのですぐに確認することができます。

Broken Link Checkerをインストール

まずはWordPressのサイドメニューから、[プラグイン新規追加]と進み、「Broken Link Checker」で検索をかけていきましょう。

見つかったら今すぐインストール有効化とクリックします。

Broken Link Checkerの設定

プラグイン]の中の[Broken Link Checker]の設定をクリックします。
こちらのメニューから、リンクチェックに関する設定を行っていきます。

リンクエラーの確認

ステータス]の項目では、リンクエラーになっているリンクを確認できます。
エラーになっているのは、どの記事の何のリンクなのか、という部分も確認できます。

この画面から対象の記事にジャンプしたり、リンクエラーを無視したりすることもできます。またリンクエラーの編集も行えます。

各リンクをチェックするスケジュール設定

各リンクをチェック]に入力した時間に応じて、リンクチェックが定期的に実行されます。

メール通知を受け取る

上の項目にチェックを入れると、リンクエラーを検出した際にメールで通知してくれます。

メールアドレスは、リンクチェック用に新しく設定することもできます。

設定しない場合は[一般]で設定したメールアドレスに通知が届きます。

リンクの調整

リンクエラーに対して、打ち消し線などのデザインを自動で適用してくれる設定になります。
デフォルトだと、リンクに対して打ち消し線が入るようになります。

リンク解除を行った際に適用するデザインの設定や、検索エンジンにマイナスにならないように「nofollow属性」を設定するなどできます。よく分からないという人は、すべてチェックを入れてもOK。

ページの設定

含まれるリンクを探す]では、リンクチェックを行うページを設定できます。

ここはデフォルトでも良いかと思います。

リンクの種類

チェックするリンクの種類]では、チェックの対象にするリンクを種類を設定できます。

テキストリンクと画像と動画にチェックを入れておくと良いでしょう。

とはいえ最初から設定されているので、ここもデフォルトでも良いかと思います。

プロトコル&API

こちらはHTTPとYouTubeにチェックを入れておけば良いでしょう。

高度な設定

高度な設定]では、より詳細な設定が行えますが、デフォルトのままでも大丈夫かと思います。

まとめ

リンク切れを検出してくれるプラグイン「Broken Link Checker」について解説しました。

記事がたくさん溜まってくると、リンクの確認は非常に手間になりますよね。

「アドセンスやアフィリエイトのリンクがエラーになっていた」ということがないように、リンクチェッカーで確認を取っていくと良いでしょう。