Apple IDとは?作成方法から削除までまとめて解説

この記事では、Apple IDの作成方法から変更方法、メリット・デメリットなどまとめて解説していきます。

Apple IDとは?

App storeやiCloudといった、Appleのサービスやアプリを利用するための個人アカウントです。

Appleのデバイスを利用したことがある人なら、最初に必ず設定することになっています。

Apple IDのメリット

アプリやサービスごとにアカウントを作成する必要がなく、メールアドレスやパスワード、お支払い情報などをまとめて管理することができます。

サインインや購入もスムーズに行えるので、非常に便利です。

Apple IDのデメリット

Apple IDはメールアドレスやパスワードなどの情報をまとめて管理してくれて便利なのですが、逆に他人にIDを使われると全てのコンテンツにアクセス可能になるというデメリットもあります。

アカウントの一時停止や2ファクタ認証など、セキュリティ面の機能もあるのでチェックしておきましょう。

IDは複数のデバイスで分けるべき?

1つのIDでまとめて管理しましょう。

iPhoneからでもMACからでも、すぐにアプリやサービスにアクセスできるようになるからです。

Apple IDは複数作れる?

IDを複数作ることはできます。

ただ別のIDでサービスを利用するには、そのIDとデバイスを紐付けしなければなりません。

この紐付けには、一度行うと90日間変更できなくなるペナルティがあるので、実際のところApple IDは簡単に変更することができないのです。

Apple IDの作成方法

公式サイトから作成する

Apple公式サイトでは、Apple IDの管理・作成が行えます。ページ右上の「Apple IDを作成」をクリックします。
ここで入力したメールアドレスが、新しいApple IDになります。セキュリティ質問が3つありますが、使うことがあるのでメモしておくといいかと思います。

「続ける」をクリックするとApple IDが作成できます。

13歳未満でApple IDを作るには?

Apple IDは13歳未満だと、個人で作成できないようになっています。

その場合は保護者の方がファミリー共有機能を利用して、お子様用アカウントを作成してあげましょう。

Apple IDの管理・確認

公式サイトのページ中央部分にApple IDとパスワードを入力すると、登録した情報の管理・確認ができるアカウントページにアクセスできます。

Apple IDの変更やパスワードの管理、決済方法の変更もここで行えます。

Apple IDを変更する

Apple IDとして登録しているメールアドレス、または電話番号を変更する手順を解説します。

サインアウトをしておこう

IDを変更する前に、今使っているIDでサインインしているサービスやデバイスからサインアウトしておきましょう。

そうしないと変更後に改めてサインインする時に、変更前のIDの入力を求められややこしくなります。

iPhoneからサインアウトする

iPhoneから行う際には、「設定」から全て行うことができます。

iTunes Store/App Store

iTunes Store/App Storeからサインアウトするには、「設定」「iTunes StoreとApp Store」と進み、「Apple ID」をタップして「サインアウト」を選択します。

iCloud

iCloudからサインアウトするには、「設定」「アカウントとパスワード」と進み、「iCloud」をタップして一番下にある「サインアウト」を選択します。

FaceTime

FaceTimeからサインアウトするには、「設定」「FaceTime」と進み、「Apple ID」をタップしてサインアウトします。

iMessage

iMessageからサインアウトするには、「設定」「メッセージ」「送受信」と進み、「Apple ID」をタップしてサインアウトします。

iPhoneを探す

iPhoneを探すもオフにしておきましょう。「設定」「アカウントとパスワード」「探す」と進み、「iPhoneを探す」をオフにします。

IDを変更する

アカウントページにアクセスし、「アカウント」の「編集」をクリックします。

「Apple IDの変更」をクリックして、新しいメールアドレスを入力し、「続ける」をクリックすると変更できます。

Apple IDを停止する

万が一に備え、アカウント停止の方法も覚えておくと安心です。

停止する前に

サインアウトをしておく

利用している全てのデバイスのアプリケーションやサービスから、サインアウトをしておきます。

バックアップをとっておく

iCloudなどに保管しているデータのバックアップを、Apple IDを使わずにアクセスできるサービスでとっておきます。

アカウントを停止する

アカウントページにアクセスし、下の方にある「データとプライバシーの管理」をクリックします。
IDとパスワードを入力して進み、データの管理から「アカウントを一時的に無効にする」を選択します。

アカウントの再利用は?

無効化を申請したときに、Appleからアクセスコードが届きます。これを入力してアカウントを有効化することができます。

Apple IDを削除する

アカウントページ下の「データとプライバシーの管理」にアクセスし、Apple IDとパスワードを入力して進みます。

このページの一番下にある「アカウントを削除」から手続きを行います。

アカウントの復旧はできる?

アカウントが完全に削除されたあとだと、アカウントの復旧はできません。

削除申請から完全削除まで時間がかかるようなので、その間の申請キャンセルについては可能です。

また削除されたIDで再登録することもできなくなるので注意しましょう。